sakura-blossom

福岡&遠隔で音叉ヒーリングをやっています☆

ツインフィボナッチ

最近、2回のツインフィボナッチ(クライアントさんお1人に対して施術者2人で両側から音叉をあてていく、特別なフィボナッチ音叉ヒーリング)をさせていただく機会に恵まれました。

 

先々週はふみぃさんと東京で、先週ひとみさんと長崎で。

 

長崎のひとみさんが記事にしてくださっています。

音叉ヒーリング@長崎カトリックセンター

 

どちらも、本当に素晴らしい時間でした。

 

普通のフィボナッチと、物理的には同じ事を2人でやるっていうだけなのですが、これがまた全然ベツモノになるのですね〜。

 

やらせていただくたびに、神聖な風に包まれるような感じというか、、、


ツインフィボナッチをやった後って、「私がセッションをやりました」感がまったく!ないのですよね。本当に、ただただ、神聖な儀式(そう!ツインでやると、フィボナッチって儀式なんだ〜と思います)に参加させていただき、ありがとうございます、という感謝の念がわいてきます。

 

たぶん、1人でフィボナッチをさせていただく場合は、クライアントさんと施術者という一対一の関係の中で、ひとつひとつ、自分が動いて、自分で進めていくので、「個」の部分が少し必要なんですが(これは私の場合です。ベテランの方なら違うかも)、ツインフィボナッチは、自然に個を超えるのですね。3人全員で共有している場に、謙虚に、ただ参加させていただきます、という心持ちになります。

 

この神聖さ、、、体験してみないと分からないかもしれません(って、私もまだ受ける側は未体験なんですけどね、ツイン。いつか受けてみたい♡)。

 

次回、詳しい日程は未定ですが、11月19日〜21日あたりに、また長崎でさせていただく予定です(興味がある方はひとみさんまで)。他の地域でのリクエストもありましたら教えてくださいね。

 

mypicts

2016年5月、長崎湧き水カフェ・風水庵でのツインフィボナッチ(記事はこちら)。

comments: comments(0)

ハザマの世界

前回のブログを書いた後は、怒濤の日々でした。

 

今はぽかーん( ゜Д゜)としています。

 

あの後すぐ、用があって東京に行きました。3年前、わたしが目に見えないチカラを使いはじめた頃に一緒に喜びを分かち合ってくれ、その後、目に見えない世界を初めて怖いと思ってブルブル震えていたときに手を差し伸べてくれた友人達に再会することができました。再会は、祝福そのものでした><

 

ひとつの段階が終わったのだな、これで卒業だ!と思いました。

 

そして同時に、首の痛みが発生。1回目と2回目は東京にいたときで、ピキッと痛みがきてすぐ治ったのですが、3回目は福岡に帰ってからで、これがなかなか治らない。

 

(その間、いくつかセッションも受けましたが、それについてはここでは書かないかなー。クライアントさん本人の意識で理解できるということを大事にするタイプのヒーリングと、意識で分からなくてもいいから、今本当に必要なことをしようぜ!というタイプのヒーリングがある気がします。いや、そういうヒーリングがある、というのではなくて、ヒーラーさんの考え方によるものだと思いますが。その両方を短期間で受けちゃったのでね、文章で書くとなると、意識で理解しやすいヒーリングの方をメインに書くことになり、それだと実情とズレる。でも、どちらも影響はとても大きかったのだと思います。)

 

結局、首の痛みがとれたのは、長崎でひとみさんにプチセッションをしてもらい、その後にツインフィボナッチをやって、無事すべて終わって、ご飯屋さんに向かっていたとき。「首の調子はどう?」って聞かれて初めて「あ!なくなってる!!!」と。良くなったときって、気がつかないものですね〜

 

で、痛みがなくなってみると、なんだか、あれ、私、どうしてここにいるんだっけ?みたいな、ぽかーんとした状態です。

 

もう前回のブログ(対人恐怖と英語)とか、なんでそんなに頑張ろうと思ってたの〜って、思いますね。

 

対人苦手でもえーやん!英語しゃべれなくてもえーやん!って^^;;;

 

できなかったことが「できるようになること」で、自己の存在をこの世に証明する必要があった時代が、いつの間にか終わってました・・・。うん、終わったな、って感じです。

 

長崎で伺った赤塚高仁さんのお話も、個を超えていけ、というメッセージが最も心に響きました。

 

ここからは、違うのでしょうね。今、前の時代が終わってしまったことだけがあきらかで、新しいことは何にも浮かんできませんが・・・。

 

前の自分が入れていた予定があるので、なんだか、別の人の中に入ってしまったような、一歩引いた感じで、その予定をやっています。

 

明日からは弾丸で関西!マルセイユタロットの宮岡和宏先生の今月のモニターリーディングに当選していたので、受けに入ってきます。これは8月初旬、技術翻訳の大規模案件をやめるかどうかで散々悩んでいたときに、告知がパッと目に飛び込んできて、ダメ元で応募し、当選していたのですね。

 

今、ひとつの「世界」が終わって、0すなわち「愚者」にもまだなりきれてない、狭間の世界にいるような感じですが、だからこそ、こんなときに宮岡先生のリーディングを受けることができるなんて、采配は完璧ですね^^

 

長崎伊王島海水浴場

 

長崎伊王島海水浴場

そんな状態だったので長崎はほとんど観光もしていないのですが、赤塚さんの講演会の前にドライブで立ち寄った伊王島。長崎市街から40分くらいで、この夢のような綺麗さ!!!

 

comments: comments(0)

対人恐怖と英語

今日からラジオの英語講座、再開です!

 

私は英語がちゃんとしゃべれません(なかなか信じてもらえないのですが、翻訳やっててしゃべれない人はたまにいます。自分以外に見つけたときは嬉しかった!)。


私がきちんとした英語を話せないのは、ぶっちゃけ、ここ20年くらい、英語で話したことがほとんどないからなんですよね・・・。人が怖くて、外国人はもっと怖かったから。

 

今は、高校時代までに話せていた分の貯金(で忘れていない分)を引っ張り出しているだけです。高一まで英会話に通っていて、高三で英検1級取ったりしているので、高校時代までは(帰国子女でない高校生としては)かなり話せていました。

 

当時そこまでできていたのは単に、英語の音を聞いたり真似たりするのが好きで、ラジオ講座を毎日欠かさず聴いてて、洋楽を歌うのが好きだった、というだけのことでした。

 

人とコミュニケーションをすることについては興味がないというか、(人が怖いので)できれば遠慮させていただきたい!という気持ちでした。大学入って、対人恐怖的傾向が開花して引きこもってからは、英語から遠ざかりました。

 

その後、離婚を前にして、稼ぐための英語(翻訳)で英語と再会するのですが、、、、そのときにはもう、英語が純粋に好きという気持ちは消えていました。

 

翻訳を選んだのは、人と話さなくてもいい仕事だと思ったからですが、その中でも、技術翻訳にしたのは、まぁ仕事として需要が多いというのも大きいですが、日常英語が分からないから(使ったことないから)でもあるんですよ・・・・・。

 

だから、技術系の翻訳でいくら評価されたとしても、わたしの英語は所詮、限定的なものだから、不完全だから、非実用的だから、というコンプレックスがありました。

 

外資系の会社で翻訳をやっていた頃は、上司が外国人だったので英語は使いましたが、基本的にメールのやり取りだったので、たまに話すときも高校時代の貯金をおろすだけでどうにかなっていました(どうにかしていました)。

 

大人になってから、英会話スクールに通おうしたこともあるけど、数回で逃げてしまいました。カフェでの個人レッスンを試したこともあるけど、課題図書が自殺を扱ってる小説で「私もいなくなりたい」みたいな本音をぶっちゃけたら、あなたはもう充分話せている、僕が教えることはない、という体のいい言葉でおしまいになりました(汗)

 

(英会話スクールという「場」の何について行けないって、英会話をやろうという人の多くは、基本的にコミュニケーションが好きで、人が好きなんですよ。海外旅行で英語を話したい♪とか、、、わたしは最近まで旅行や買物の楽しさが分からなかった人間。視線恐怖があるから、どこへいっても辛かったんだもの。しかも雑談が苦手で、世間への関心もないときてる。。。(アスペルガー傾向ね)><)
 

 

はぁ、、、、英語をやるにも、何をやるにも、とにかく対人恐怖が邪魔だった・・・・・・それで、スピリチュアルに救いを求めて、今に至るわけですが。。。。。。

 

子どもの頃の私がたぶん唯一、達成したい夢として思い描いていた「流ちょうに英語を話せるようになること」(日本語と同程度)。もう、あきらめていました。もう一生、この中途半端な英語力でいいや。翻訳で日銭を稼げればいいや、、、英語力を伸ばすためだけに、話したくないのに話すのは辛すぎる。。。。。。

 

それなのに、今という今になって、そこを、変えていこうというフェーズに来ています。

 

ちょっと前から、話しているときに、あ、これ私本音を話している?という瞬間がたまにあるようになったんです(日本語でね)。

 

 

今まで、根本的に、「自分の言葉を話していい」みたいな安心感が欠けていたのか、と。これは、すごく微妙なレベルにおいての話で、意図的に嘘をついていたとか、隠していたとかではないのですが・・・。最近やっと、ハートのあたりで「思ったことをしゃべっていい」という許可が出たらしいんですね。

 

対人恐怖自体は、数年前にほとんど脱していて、今ではほとんどの人が「全然対人恐怖だなんて分かりませんよ」と言うくらいに本当に大きく変わったのですが、まだ、根底のところで恐怖が残っていたのですね〜。

 

で、あれ、これなら英語でも話せるんじゃない?となったのがここ数週間。

 

それと同じタイミングで、夫が会社で必要になって英会話スクールに通い始めたんですが、そこに私も通ったほうがいいとふみぃさんのキネシ。

 

最初、ものすごく嫌だと思ったのですが、キネシ的には超お勧め!ってことなので、最近入会してきました。わたしの英語にプラスというよりは、夫婦関係にとって大きくプラス!という感じのリーディングだったのですが(そのあたりはゲンキンなわたし)。

 

英会話スクールに通うといっても、グループレッスンは受けないことになりそうです。主に個人レッスンで、英語を話すことの感覚を思い出し、外国人恐怖を乗り越えるためにスクールは使って、自分用の主な教材としてはラジオ講座を再開します。

 

本当に、自分でもびっくりですよ。自分が車の運転するなんてのもまったく数か月前まで予想していませんでしたが、、、、、、それ以上に、あり得ないと思っていたのが、この私が、「コミュニケーションを取りたいために(!!!)」再び英語に本気を出す日が来るとは、、、、ってこと。

 

mypicts

今日から開始〜♪ 中高時代にお世話になった杉田先生や遠山先生がいまだに現役というのも凄いしありがたい。わたしが一番お世話になったのは大杉正明先生でしたが!大杉先生LOVEだった!

comments: comments(0)

収入源を手放すことへの恐れ

最近全然ブログ書くモードにならないのですが、たぶん、今はひとつの転機にいると思うので、少し強引に、更新しておこうかな、と思います。15分縛りで^^

 

うーん、、、、以前、「不安からする仕事と、喜びからする仕事」という記事で、「今日この体験を踏まえて、私も、仕事の仕方を変えます。欠乏感からの仕事をもうやめます。」と書きました。

 

仕事の仕方、、、うん、変えたつもりでした。

 

たしかに、生活費のために仕事をするのは、やめました。そこは夫にまかせよう!って。でも、自分の喜びのためにね!結局、その後も、かなりの量の技術翻訳をしていました。といっても、専業だった頃の半分くらいなんだけど、、、、、、

 

元気になってきて、やりたいことが出てきたら、つかうお金が増えてきて。だから、そのために、自分の喜びのために、お金がほしいの。自分のやりたいことのために(我慢して)働くのは当然でしょ?って思ってました。

 

技術翻訳は本当に苦痛で、、、、、、でも、少し、望みをかけていたんです。わたしが、もっともっと癒されていけば、いつか、技術翻訳を楽に、淡々と、先延ばしせずに、できる日がくるんじゃないかな、って。フィボナッチでいろんな面で変化が出てきて、近々、そこが大丈夫になるんじゃないかなって。だって、わたし、技術翻訳は苦痛だけど、得意なのですよ、、、その苦痛がなくなる日が来たらいいな、って。。。

 

というのは、綺麗事で、、、、やはり、わたしは、既知の確実な、、、収入源を、、、手放したくなかった><

 

のだと、今は思います。。。。。。(セッションは増えてはきているけれど、今のところ、翻訳の収入とは比べものになりませんし、セッションは「私の楽しみ」という側面が一番大きいので、売上高ありきで考えたくないのです)

 

生活のために仕事する辛さ、、、はよく知ってる。楽しみのために仕事するなら少しは楽になるのかと思ってたけど、わたしの場合、もっともっと辛くなりました(楽しみが増えてきたから、その落差で、より苦しく感じるっていうのもあるのかも・・・)。未婚フリーランス1人暮らし(しかも家賃が高い東京)だった頃の「路頭に迷うかもしれない」という恐怖は、強力なモチベーションになってくれていたのだなぁ、って。。。

 

毎度、地獄のような苦しみで納品しては、次こそ余裕をもってできるんじゃないかと望みをかけて、、、でも、先延ばしはひどくなるばかり。納品直前の苦痛も増すばかり。

 

そのために、他の予定をキャンセルしたり延期したり。

 

セッション予定だけは死守しましたし、翻訳作業とセッションの間は十分時間をあけるようにしていましたが、それでも、常に納期で追い詰められている状態が、ヒーリングという仕事にプラスに働くはずがなく。


もう、限界だなって思いました。いくら翻訳が今のところ一番確実に稼げるとしても、一旦手放そう、、、、、と決めたのが先週半ば。

 

(15分経った、、、)

 

技術翻訳の大規模案件を、今度こそ、やめようと思いました。負担にならない程度の小規模案件だけは続けるけど。

 

そしたら、その途端、大規模案件がまた舞い込むのですよ・・・・・・しかもね、行きたいなって思っているワークショップの受講料相当!!!相当、心が動きました。承諾のメールの返信を書きかけました。でも、、、、、、断りました。翌日に別の会社からもう1件大きいのが来たけれど、それも断りました。

 

最近、セッションでも、「新しいものが入ってくるには、今握りしめているものを手放す必要がありますよ」みたいなことばっかり言っていて、ようやく、自分へのメッセージだ、と気づいたから・・・。

 

今日は、とりあえず、ここまで。

 

Window to the sky

comments: comments(0)

8/20 長崎でツインフィボナッチをやります♪

2016/8/20(土)の夕方、長崎市内で、坂元ひとみさんとツインフィボナッチ(クライアントさんお一人に対して施術者二人で両側から音叉をあてていく特別なフィボナッチ音叉ヒーリング)を1枠設けます。

 

詳細のお問い合わせ&お申し込みについては、ひとみさんのブログをご覧ください。

 

 

mypicts

前回、長崎湧き水カフェ・風水庵でのツインフィボナッチ(記事はこちら)。

comments: comments(0)