sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

葉山の滝とマーメイドセラピー

「今度、マーメイドセラピーっていうものを受けるんだよー」って話した友人に、「すごいね、滝行するんやろ?」っていわれ、「えーそういうセラピーじゃないよー」と全否定したことがありました。でも、こずえさんのブログをみたら本当に滝に行ってた!

沐浴 : マーメイドセラピー 本来の自分に戻っていくボディワーク

もちろん、マーメイドセラピーの一部ではないのだけど。このブログの写真が素敵すぎて魅了されたわたし、昨日、とうとうこの滝に連れて行ってもらいました。

葉山のセッションルームに伺う場合、プチリトリート(車での送り迎え&葉山のおすすめスポット観光)を付けることができるのです(葉山の素敵ホテルで優雅にお茶、みたいなのもアリらしいけど、私は滝に行きたかった^^;;)。

案内してもらったスポットはどれも素敵すぎて、ついついのんびりしてしまい、マーメイドセラピーはおまけ?と思うくらいに大満足盛り沢山の内容でした。

こずえさんがされている、秘境のような田んぼ。
Rice field in Hayama

滝のすぐ近くにあるおしゃれシェアハウス。まるで祭壇のような聖なる雰囲気。
Shared house in Hayama

シェアハウスのももちゃんにヨモギの葉っぱをまぜてタバコを作る様子を見せてもらい。これまた聖なる儀式みたい。
making of yomogi tabacco

噂の滝のある前田川。
Maedagawa, Hayama

滝の上でこずえさん手作りのお弁当。めちゃうま!
Lunch at Maedagawa, Hayama

これが滝!
Maedagawa, Hayama

温泉施設によくある「打たせ湯」をリアル滝でできるのです。


私が浸かると温泉にしか見えない件。


葉山は、東京から電車とバスで行けるような場所なのに、まるで日本ではないような、独特の空気と時の流れがあって、見るもの、感じるもの、聞くもの、すべてから五感に心地いい刺激を受けました。

そして案の定、というべきか、その後のマーメイドセラピーではぐっすり夢の中・・・ほとんど記憶がなく、ただただ気持ちよく、終わったときは、本当に深海の中から地上に戻ってきたようでした。

全身から力が抜けて、ラクに立てるようになっていて。この体感をいつまでも保ちたいと思いました。セッションを重ねることで、また、意識してバランスを取り戻す運動などを教えてもらうことで、この状態を少しずつ体に染み込ませていけるのだそうです。次回も楽しみ!

こずえさんのブログ:マーメイドセラピー 本来の自分に戻っていくボディワーク

わたしの1回目のマーメイドセラピーの記事:マーメイドセラピー (1) もしかしてこれがグラウンディング?
 
comments: comments(2)

マーメイドセラピー (1) もしかしてこれがグラウンディング?

先日、マーメイドセラピー(トレガーアプローチ)というボディワークを受けてきました。

身体は大切!ってアタマでは分かっても、苦手は苦手。運動なんて小さい頃から落ちこぼれまくって、軽いトラウマ状態ですので、ちょっとでも辛いと感じる運動やワークは、続きません・・・。

と、以前から分かってはいるんですが、去年の冬、生まれ変わったつもりで、ジムの減量目的のマンツーマントレーニングなんて始めちゃって、華麗に挫折してから、もう本当に、肉体的に少しでも辛いことはできないのだ、と悟りました。体重が一気に増えたのもそのあとでした(+約10kg)・・・

そんな中、「五感ゆるゆる わがままセラピー入門」というコミックエッセイを読んで、これだ!と思ったのが「マーメイドセラピー」でした。

「マーメイドセラピー」は、アメリカのトレガーアプローチという手法をアレンジしたものなのだそうですが、「基本的にイヤなこと・違和感のあることはやらない」という考え方にグッときました。

さらに、この本の作者であるアオノミサコさんが、ブログに感想を詳細に語っていらっしゃって、それがとても面白かったのです。ブログトップからはちょっと見つけづらいので、自分の覚え書きも兼ねて以下にリンクを貼らせてもらいます。
 

実際に受けてみると、マーメイドセラピーはこれまで受けたどのボディワークとも違っていました。とにかく、穏やかで優しいのです。

まさにマーメイド、、、深海をゆらゆら揺れているような感じ。優しく撫でられ、さすられ、揺らされているうちに、急に気道が開いてたくさんの空気が入ってきたような気がしました。そして、いつまにか眠っていました(というわけで、施術の詳細を覚えていません・・・・・・)。

終わってみると、背中がベッドにベタッとついていて、ガチガチだった身体がすっかり緩んだことが分かります。立ってみると、やはり、足裏がベタっとついている感じ。ふくらはぎもふっくらと柔らかく。そして、目がとても大きく開いているのです(目の奥の緊張が緩んだからでしょう、とのこと)。

がっつり揉んだわけでもなく、バキバキやったわけでもないのに、、、、、、

ちょうど水泳の授業の後のような、気持ちの良い気だるさと眠気があり(だからマーメイド?)、その日は帰ってすぐ、爆睡しました。

次の日の朝起きても、呼吸が深くなった体感は失われていませんでした。前よりも、同じ力で吸い込まれる空気の量が多い感じ。

そのあと、プリミ恥部さんの宇宙マッサージ や、今度書きたいと思っているMICAさんの足もみセッションなどなどを経て、呼吸は深まり続けています。

今、マーメイドの施術が終わってちょうど1週間経ったところですが、なんというか、自分の足裏と頭頂を結ぶ中心線に、太い空気の通り道ができて、天と地がつながった感じ。

だから、前よりまっすぐ立っている感じが自分でもするし、電車でも前よりふらつかないし、精神的にも安定しているし、喉が前より通るから声が出しやすくなったし、たぶん声は少し低くなったし、だからか、前よりも話を人に聞いてもらえる感じがするし、人の中にいて「ここにいていいんだ」感すらある。

もしかしてこれが「グラウンディング」というもの???(だったらさ、グラウンディングの体感を味わったことがない人には、こんな体感があり得る、なんて想像もつかないわけでさ、「あなたグラウンディングできてませんよ」という指摘になんと意味がないことか!)

あ、マーメイドセラピーを受ける前に、HANDS治療院でグラウンディングできるようにするための調整をしてもらって足裏のトレーニングをやっていたのはかなり大きかったと思います。だから、どれか特定のメソッドで今があるわけではなくて、もうそろそろ、わたし、肉体(人間)拒否ってるの限界だから地球に根付きますわ、肉体使っていきますわ、、、とわたしが決意したタイミングが今なのだと思う、、、、、、そして、ものぐさな私を限界まで追いやってくれたのは、みちよさんの(スパルタ!)ハートのスピリチュアルカウンセラー養成講座だと思う・・・

グラウンディングできて終わり、という風には思っていません。むしろ始まり。私は身体全体を、ちゃんと、自由自在に使えるようになっていきたい。だから、マーメイドセラピー、続けてみようと思っています。

マーメイドセラピー 本来の自分に戻っていくボディワーク(鈴木こずえさんのブログ)

 
アオノミサコ
コメント:さまざまなセラピーの体験談集コミックエッセイ。絵が可愛くて、掲載されているセラピーのセンスが良くて、文章も面白くて好き♡

comments: comments(3)
1