sakura-blossom

福岡&遠隔で「ラク」を体感するヒーリングをやっています☆

「安全基地」とコンテンポラリー風水

安全基地!

先日のコンテンポラリー風水のコンサルでアドバイスいただいたことのひとつに、「落ち着ける居場所をつくりましょう」というのがありました。具体的にいえば、ドアから窓へと直進する気の流れが直撃しない場所で、かつ、壁を背にして座る場所をつくりましょう、ということです。

コンサルから約1週間経った昨日、ようやくテーブルの位置を変えて、壁を背にして座ってみて、「これが・・・安心感というものか」と思ったり。

テーブルの向きを変えるという、そんな単純なことに1週間かかったのです。。。しかも、まだデスクの位置は変えられていません(デスクはね・・・コードの配線があるので、一度整理しないと・・・という言い訳)。

壁を背にして座る場所をつくっていない、ということに、まるで気づいていなかったし、違和感も持っていなかった、ということの意味が、ここ一週間かけてじわじわとしみこんでいました(前の記事で "Seat of Power" について書いているくらいだし、頭では分かってるんですよ・・・)。

指摘されても、なんだか違和感や抵抗を感じてしまう、壁を背にする配置。そういう自分と、『母という病』 という本でキーワードとなっていた「安全基地」がつながって、今、ちょっとしたショックを受けています・・・。
 
母親との安定した関係が、後ろ盾となって、子どもは外の世界を探索することができるのだ。つまり、母親との愛着には、「安全基地」としての働きがある。
安全基地がしっかりと確保された子どもは、後顧の憂いなく、果敢に他者と交わり、また身体を動かして探検したり、知的冒険にもいそしむことができる。

母という病』p85


「後ろ盾」とか「後顧の憂い」とか、、、、この短い文の中に、後ろという言葉が二度も出てきているのは、偶然とは思えません。

以前、みちよさんに、「まだお母さんのことを断ち切っていないですね。振り返り、振り返りしてる」というようなことを言われたことがあって、そのときはピンと来なかったのですが、ちょっとイメージがわいた気がします。後ろ「盾」がある状態の逆で、常に背後を気にしながら、恐る恐る前に進む感じ。

あんまり毎度毎度悪く書きたくないのですが、実家を「安全基地」なんて思ったことは一度もありません。。。いじめられたかなんかで、泣きながら帰ってきたら、「泣いて帰ってくるなんて(近所の人に対して)みっともない」と怒られるような家でした(それはかなり小さい頃で、だんだん、自分の辛さを見せて母親を不安定にさせるようなことは避けるようになり、今まさにその癖によって苦しんでいるのですがそれは別の話で・・・)。

実家に帰りたいと思ったことが一度もないのは、「居場所がない」「落ち着かない」「監視される」「支配される」感じが苦しいからなんですが、マークさんの風水と照らし合わせてみると、とても面白い・・・。

というのは、実家で、私は、ほとんど、壁を背にして座ることはなかったのですね。

マークさんの風水では、壁を背にして入り口を見渡す座り方は "Seat of Power"。権力を持つ者の座なわけです。「入り口に背を向けて座っている社長を見たことがありますか?」というのがすごく分かりやすい説明。

自分の部屋のデスクに座っていても、ドアは背後にありました。常に、母は後ろからやってくる・・・・・・。

それが当たり前だったから何の違和感もなかったのですが、今思えば、そういう配置だから「監視されている」「支配されている」感を余計に強く感じていたのかもしれないと思います。

そして、1人暮らしをするようになってから、十数回引越していますが、そのほぼすべての部屋で、そういう「監視される」「支配される」配置を無意識のうちに再現してしまっていました。マークさんの風水を知ってからも、壁に背を向けて座る配置がムリな間取りだったりして・・・・・・。

今の家は、工夫次第で壁に背を向けることができるのに、そうしませんでした。

つまり、あまりにも「支配される」側の配置が当たり前になってしまっていて、"Seat of Power" に違和感を感じてしまうほどなのです。

指摘を受けてからも、配置替えを渋っているわけです・・・。

「支配される」側の感覚が染みついてしまっている。それはたぶん、前の記事に書いた「自分の内側に「支配する親」を入れてしまっている」というのと関係あるんだと思います。

無意識って、恐ろしいですね。そして分かりやすい。デスクの配置も早く変えねば、と思います。。。
comments: comments(4)

コンテンポラリー風水のコンサルはやっぱりすごかった@福岡

昨日は、マークさんのコンテンポラリー風水を福岡からはるばる横浜に通って学び、現在実習コンサル中、という方を友人に紹介してもらい、モニターを受けさせていただきました!

カーテンを前の家のものですませていたり、照明が足りてなかったり、スピーカーケーブルの長さが足りなくてちゃんと設置できていなかったりなどなどしたので、先週〜来ていただく直前まで、ドタバタでした〜

だって、福岡に引っ越してきてから、実質初めてのお客様なのです!!!洗濯機修理のお兄さんを除き!

「人が家に来る」ということの効果だけでもすごいのに、今回は、コンテンポラリー風水のコンサルということで、棚を開けて見せる前提で片付けるわけですから(もちろん任意で、勝手に開けられることはありません。私はアドバイスがほしいので、どんどん開けて見せちゃいます〜)、コンサルを依頼するだけで、すごい片付け促進効果がありますね・・・・・・。

引っ越してきて以来、昨日が一番、片付いた日でした。

***

たぶんマークさんの教えなんだろうなぁ、と思うのですが、前の家に来ていただいた方も、今回うちに来ていただいた方も、とっても褒め上手です。

夫などは、前回のコンサルでは、本当は私1人で受ける予定だったのに、たまたま予定がなくなって同席することになり、最初「風水なんぼのもんじゃい」っていう斜に構えた態度だったのが(元々夫が1人で住んでいた家に私が同居した、という経緯もあり、自分の揃えた家具にいちゃもんつけられる、というイメージだったみたい)、家具や配置について褒めていただくうちに心を開いた、という経緯があり。

今回、「また褒めてもらえる〜♪」というのをモチベーションに片付けや家具組み立てなどを手伝ってくれた気配もあります(汗

改善点をアドバイスされるとき、本当に慎重に言葉を選んでされていて、グサッとはされないのだけど、自分で気づいて「ハッ」とする、という点が多くて、素晴らしいなぁと思います。なので、以下から書くことは、私が書きやすいように単刀直入に書いてしまいますが、決して、そのままの表現でグサリと言われたわけではありません〜

***

部屋って人を表すといいますが、住んでいる家は、(意図的にディスプレイしていなくても)家族の無意識の思いが知らず知らずのうちに、明らかに表現されているところなんだなぁ、、、ということを心底実感しました。

というよりも、無意識のうちに表現(露呈)してしまっている、「過去」に引きずられた「今」を、意図的にディスプレイし直すことで、無意識レベルから新しい未来をつくろう、というのがマークさんの風水なのですね!あらためて。

無意識のうちに表現してしまっている部分って、本当に自分では気づかない。

いくらマークさんのバグアマップを見て、ここにはこういう家具を〜、こういう絵を〜って、やっていたとしても、それは、自分に「見える」部分を変えているだけで。無意識でやってることは「見えない」からこそ無意識なんですよね。。。。。。

うちは、小さくて細々としたモノや、安っぽいモノが多い、ということに初めて気づかされました。

たとえば絵を飾る、写真を飾るといっても、大きくてもA4くらいで。そして、家具も、通販家具中心で、安っぽいものばかり。

前住んでいた1LDKには合っていたのですよーーーーーーー。大きい絵などあっても、飾るスペースがなかったし、家具も、デザイン性よりも、このスペースにcm単位で入るのか!?の方がずっと重要でした。

でも、今の家はスペースがあるのに、細々とした安っぽいモノに囲まれているのでは、大きく飛躍できないなぁってことは(もちろん、そういう風に言われたわけではないのですが)、腑に落ちました。

面白かったのは、今年初めに買ったスピーカーセットは、本当はもっと軽い色目があったらそっちを買うのにね、、、、、と言いつつ、暗い色目のを買ったのです。しょうがないので、スピーカー台も、同じ色で揃えたのです。そしたら、「お2人の今後の方向性には、こういう質感の方がフィットしていますね」と言われて、そういう目で見直してみると、それまで「暗い色」と思ってたそれは「高級感」か!!!と(自分でもちょっと唖然・・・)

つまりですよ。自分のセルフイメージを上げたいとかいいつつ、高級感があるものを「暗い」といって拒否ってた私(夫も、かな?)に、気づかされました。

ニッセンの家具とかを、いかに通販家具っぽくなく組み立てるか、が自慢の夫(私も最近それに洗脳されてきてた!きちっと組み立てれば意外といいじゃん♪とか思って・・・)も、「ハッ!!!」ってなりました(あ、通販家具がいけない、という意味ではなくテイストの問題です)

かなり深いところで腑に落ちたので、これから、さらにいろいろ変わっていきそうです。

風水コンサルの実習モニター、現時点でまだまだ募集中のようなので、福岡県近辺で興味ある方は紹介いたします(モニターになるには諸条件あるようです)。私あてにメールでお問い合わせくださいね。
comments: comments(2)

愛着と手放すこと

前の投稿の続きだけど、夫がマークさんの風水に協力してくれるようになったのは、やっぱり、その即効性だと思うのです。ここに絵を飾ったら、ウォールステッカーをこういう風に貼ったら、エネルギーが流れた!というのを、この目で見られたから。一瞬で体感温度が上がったりするのをその場で感じたから。

結婚当初、夫はとにかくモノが捨てられない人で、すぐ「これは、あのとき〜した」「あー、これはあのとき〜」と始まって、もう絶対に使うことはないだろうと思われるモノに、埋め尽くされておりました。服とか、私の3〜4倍以上持ってた。ほとんどが20年前のお品物。。。

わたしは逆に愛着が持てないことがコンプレックスなので、そこまでモノに愛着を持てるのはうらやましい反面、愛着をよく理解できない以上、下手に手出ししたら大変なことになるなぁと思い、彼が自発的に捨てたくなるのを待って、待って、待ちました・・・。口では「それ、使うの?」とか「それ、本当に今気に入ってるの?」とか、いろいろ言ったと思いますが・・・。

少しずつ、彼としてはたぶん断腸の思いで捨ててくれたんだと思います。ベッドを捨てた次の日に福岡転勤が決まる、みたいな経験を積み重ねて、ようやく昨日、ようやく!!!「これ、、、いるの?」というグッズがほとんど(ぱっと見)なくなりました。

そういえば、こないだ、野球少年だった彼が、「もう、、、野球はやることないよな、、、」と野球グッズをごっそり捨てたのですね。その次の日に清原が逮捕されて、捨てた選択は間違ってなかった、というサインのように受け止めたみたいです。

彼にとって、野球って一種の成功体験で、挫折を知らない頃の、栄光の記憶だったのですね。今思えば、それを捨てるのは、彼の中では大きいことだったのだろうな、と。過去の栄光を手放すこと。

彼にとって過去は栄光で、私にとって過去は恥で、どちらも、過去に意味づけしてしがみついていることに変わりはなかったのかな、とも思います。わたしはモノには愛着しないけど、「不完全な自分」「自分が嫌い」みたいな過去の思考に愛着を覚えているとも言えると思います。あ、、、その「嫌い」な自分が集めたモノだから愛着が覚えられないのか・・・

家に、「今」等身大の愛着を持てるモノと居心地良く共存している状態って、、、今のわたしだと「夢」でしかないのですが、そういう風に住まいたいな、と思えるようになりました。
 
comments: comments(2)

マークさんの風水と「仕事の山」

友人の紹介で、今週末、コンテンポラリー風水のマーク・エインリーさん(→マークの風水講座 : 毎日がエドガー・ケイシー日和)のお弟子さんのモニター・コンサルを受けられることになりました!

マークさんの風水は、私にとって、気分の違いで効果をすぐに感じられる、という点でとても魅力的なのです。マークさんの風水を知った上で住む家は、これで4軒目になります。

マークさんの風水は、方角どうこうというのではなくて、玄関から入った気の流れをうまく家のすみずみに行き渡らせるための、部屋という空間をつかったエネルギーワークのようなものです。

「デスクを配置するときは、入り口に背を向けて座らないこと。入り口に背を向けて座っている社長を見たことがありますか?」というマークさんの言葉に従って(そのときはマークさん本人のメールコンサルだった。。。今もあるのかな?)、初めて、デスクの向きを変えたときのあの気分の変わりようは、今でも忘れられません。この座り方をマークさんは"Seat of Power"と呼ぶんだけど、まさにパワーを手に入れた!ような気がしたものです。

何度も引っ越す間に、マークさんがお勧めしていないタイプの家具(それぞれ論理的な、エネルギー上の理由があるのですよ!)は手放し、買い替えてきました。

でも、この数か月、私は仕事とうつの間の反復横跳びしかしていなかったので、、、、、段ボール何箱分もの荷物が、段ボール回収のために強引に開梱したその日から、何か月も、リビングにごちゃっと置かれたままになっていました。

何か月もそこにあると、それが当たり前になってしまい、今となっては、もはやどうでもよくなっていました(そのほとんどが夫の荷物だったのもあります、、、)。

そんな昨晩、いよいよ今の会社への不信感MAXとなってきた夫が、転職フェアに申し込もうとするんだけど、申し込みフォームが3回連続でセッション切れで送信できず。

ん?そういうときって、なんかのサインだったりするよね、、、、、、と目をやった先にはごちゃらか〜な荷物・・・・・・あ!!!!マークさんの風水で仕事運(=社会的評価)を司る「誉」(Fame & Reputation)のエリアだった!!!!!!!

なんで、この数か月間そのことに気づかなかったのか、正直、自分でも信じられません。その瞬間までは、当然そこにあるべきガラクタ、のように違和感なく見えていたのです。

毎日無意識に目にするものが脳に与える効果は絶大だから気をつけなさいって、あんなにマークさんが口を酸っぱくして言っていたのに、頭では分かってるつもりなのに、このザマです。

この数か月間、夫は、文字通り、「仕事の山」に取り囲まれていました。福岡に来て以来、平日はもちろん、土曜も日曜も祝日もずっと出勤して働き続けていたのです。。。にもかかわらず、正当な評価が得られない。。。まさにFame & Reputationの問題!

夫も、3回の意味不明なセッション切れで、サインでは、と彼なりに思ってくれたようで、かなりの速度で片付けが終わり、友人から結婚祝いにいただいた「火の鳥」の絵(「誉」のエリアにぴったり♪)をちゃんと飾ることができました。

そのせいもあってか、私の仕事の方も、つい先ほど大型案件が・・・・・・(フリーランスの仕事って、自分のエネルギー状態を恐ろしいほどダイレクトに反映する)

マークさんの風水の即効性、何度も体験してはいたけど、、、(実際問題、今の夫と奇跡的に出会って結婚できたのもマークさんのおかげかもと思う)やっぱりすごい。

週末のコンサルまでに、「知ってるけどやってない」ところをできるだけやっていきたいなぁと思います。
comments: comments(1)

引っ越しをすると、人生で大切なものが浮き彫りになる・・・

引っ越しをすると、自分の人生の優先順位が浮き彫りになるなぁと思った。

だって、
・引越業者にまかせずに自分で持っていったもの → 「これだけあれば生きていける」必需品
・「すぐ出す」段ボールに入れたもの → 生活に欠かせないモノ

そして、優先順位が高い順に開梱、配置されていくわけです。

今回の引っ越しでは、いらないモノ、ときめかないモノは意識して捨てて配置しないことにしました(今住んでいる地域はゴミ分別が大ざっぱでものすごく捨てやすい!)。気づいたら、石塚ともさんがマークさんのお弟子さんから教わったという片付け方法(棚からは一度全部おろしてみる vol.309: Raw Food, Raw Life, Raw Love.)を家単位でやる感じに。

うちの場合、一番最初に稼働したのがお風呂と寝室とダイニングテーブル。次に稼働したのがPC含む私のデスク周り。その次が意外にもセッション・ルーム(そう、新しい家にはあるのです。今は旦那専用で、お客さまを呼ぶ予定は立っていないけど)。

その後、一旦うつ状態に近くなり、殺風景なのがいけないのかと、すべて配置し終わってから飾ろうと思って一番下の段ボールに入れていた写真や絵やオブジェなどを飾ったりし(かなり気分UP効果があった)、仕事が始まったこともあって、荷ほどきはしばし中断。。。。。。

そして、ようやく、今日稼働しようとしているのが、台所。

つまり、お風呂と寝室は置いておいて、私の人生の今の優先順位は (1) 個人事業の仕事、(2) セラピー(夫のケア)だったという。夫は分かりやすく2番目や・・・・・・。

さっき、台所を片付けながら、「私に家族を持つ妻になったという自覚があれば、台所はもっと早く稼働すべきだった、、、、、、」と反省していたら、福岡転勤以来毎日深夜帰りの夫から、「今日はがんばって早く帰る」「ご飯どうしよう」LINEが。めっちゃ分かりやすくつながってるわ。。。。。。
 
comments: comments(2)
1