sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

不安からする仕事と、喜びからする仕事

今日起こったすごいことについても、できるだけ簡単に、記録に残しておきたいな。

実は、この数週間、夫が失業中だったんですよ!!!!!(あーーーーーやっと言えた!夫からブログに書く許可が出なくて(汗))

有休消化が終わったのがGW明け。なかなか決まらぬ再就職先。

絶対に何とかなるし、ベストなところに転職できるということに対する疑いはまったくなかったのですが、「夫の稼ぎがない」状態なわけです。現在、家賃を含むすべての家計は夫の担当です。

これね、数年前の私だったら、「大丈夫!私が稼ぐから休んでて!」って言ってたと思います。ガンガン翻訳の案件入れてたと思います。翻訳は、やればやっただけお金になる仕事だから。お金を稼ぐってことは、自己価値の証明にもなるしね・・・。何より、自分で稼いでくるっていうのは、お金の不安を乗り越えるのに一番ラクな方法だと思うのです。

元々、10年以上前、最初の夫が会社を辞めたときに、私は初めて技術翻訳者として働き始めました。

前夫はすぐ再就職したけれど、専門職の派遣である私の収入の方が多くて。それは、、、私の価値の証明にはなったけれど、彼の自信喪失に拍車をかけたようでした。私も、彼を尊敬できなくなっていきました。そしてほどなく離婚・・・。

と、そんなのもすでに経験済みだし、他にもいろいろね、「ここで『私が稼ぐ!』と頑張ったら、アカン!!!」と告げるサインがあちこちに見えていたの。

だから、周りの状況がどうであろうと、「私は無理をしない」と決めたのでした。

もちろん、技術翻訳が楽しいならいいんだよ!?喜んでやるよ。でも、何度も書いてるけど、技術翻訳は、対人恐怖だった頃の私が消去法で選んだ仕事。喜びからすることができない状態がずっと続いています。

(あ、ここまでフィボナッチ含むヒーリングについて触れていないのは、ヒーリングは、現時点の私の中で「たくさんお金を稼ぐために」やることの中にカウントされていないからです。ヒーリングについて、収入目標ありき、みたいなやり方は、なんか違うと思ってる)

そして昨日。
夫には、「好きなだけ休んで!何とかなる!大丈夫!」て言いつつ、もちろん、それは心からそう思ってはいるものの、現実的にね、この「頑張ればできる=お金になる」案件を断る選択をするのはとても勇気がいりました。

夫が働かない、ということにOKは出せる。でも自分は、、、というところに、OKを出す、宇宙の流れを信じて委ねる決心をしたのが昨日でした。

そして今朝、ふみかさんに、「お金の不安を喜びで乗り越える」を意図にしてフィボナッチヒーリングをやってもらいました。

ヒーリング後に会話してたときにですね。最近ふみかさんは、キネシを使っていろいろ見てくれるんだけど、「私はやっぱり(無理して)働かないほうがいい」「大丈夫」「お金のことは夫がやってくれる」っていうメッセージをキネシで取ってくれたのです。

おーそうか、キネシでそう出るなら信じるわ!無理して仕事しない!と会話を終えて、数時間後くらい。夫の電話が鳴りました。採用の連絡でした。

これまでの経験をフルに活かせるポストが用意され、さらなるステップアップ&収入アップになる、これ以上ないだろう、と思われる条件での採用。

いやー、、、現実は、このように動くのか、と。手放したときに入ってくるってこのことかと。

それを加速したと思われるフィボナッチもすごいし、それを言葉で顕在意識で分かるかたちに通訳してくれたふみかさんのキネシもすごい。ちゃんと地道に就職活動していた夫もすごいですし。

今日この体験を踏まえて、私も、仕事の仕方を変えます。欠乏感からの仕事をもうやめます。人に喜ばれる仕事をする、それが自分の喜びでもあるっていうところを追究していきたい!!!と思うのです。

諏訪神社(長崎) Suwa Shrine, Nagasaki, Japan
comments: comments(0)

お花をもらいました♡

この記事で書いた菊、つい数日前まで咲いていたんですが(さすが菊!長持ち!)、ちょうどお花が切れたところに、今夜、夫がお花を持って帰ってきてくれました!

mypicts

ありがとう〜!(値札ついてたけど全然気にしない^^)
comments: comments(3)

どんなときに愛されてるって感じる?

本屋でたまたま見かけた金城幸政さんの本(『あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法)が面白かったのです。その金城さんの以下のビデオ(特に冒頭)がとても役立ったのでシェア。



女性30人、男性30人に「どんなときにパートナーから”愛されてる”って感じる?」と「どんなときにパートナーを”愛している”と感じる?」について書いてもらったら、男女でひとつも重ならなかった、という話。

じゃあ、直接聞いてみればいいんじゃね!?と、夫とそれぞれ出し合ってみたのがいつだろう・・・1週間以上前かな?

うちはひとつだけ重なった答え(マッサージしてる=愛してる、マッサージされてる=愛されてる)があったけど、意外な答えもそれぞれあり。すごくいい影響をもらっている気がします。

これをしてるのは「愛してる」つもりなのか!と気づくと、今まで何気ない日常だったことが「愛されてる」日常に変わる!

たとえば、彼の「どんなときにパートナーを”愛している”と感じる?」の答えのひとつは「声を聞きたいなぁと思うとき」だったんですね。

毎日のように会社終わりに電話をかけてくること、これまで「そんなに話したいことがあるんだなぁ」くらいにしか思ってなかったんだけど、あれは声を聞きたかったのか!と初めて気づきました・・・・・・。それ以来、電話に今までより優しく出られるようになった気がします。なんせ「愛されてる」んですから!

その逆パターンとして、私の「どんなときにパートナーを”愛している”と感じる?」の答えのひとつは「ワイシャツにアイロンをかけているとき」だったんだけど、これは彼は意外そうな反応でした。それ以来、アイロンのかかったシャツを手に取るときの感謝が少しは増したはずっ!?

自分は「愛している」つもりの行動で、相手が「愛されてる」って感じているとは限らないって、なかなか、こういう話でもしないと、ずっと気づかないままかも。

私の「どんなときにパートナーから”愛されてる”って感じる?」の答えのひとつは「会社帰りに何か買ってきてくれてるとき、、、、、、お花ならもっと嬉しい!」で、「どんなときにパートナーを”愛している”と感じる?」の答えのひとつとして
「買ってきてくれたおやつを、食べたくなくても食べるとき」と言ったのです。

夫は甘いもの好きで、自分が食べたいもんだから、会社帰り(大体深夜)に2人分のおやつを買ってくる・・・これは「愛されてる」んだろうなぁと認識していたから、寝る前なのにがんばって嬉しそうに食べていたけど、正直苦痛だし、太るしで、かこつけて本音を言ってみた・・・アンケート形式だと言いやすいよね・・・

それ以来、甘いものを買ってくる頻度が下がったし、先日、お花を初めて買ってきてくれた!・・・・・・菊だったけどwww (それは夜中の24時間営業ミニスーパーだったからしょうがないかな?)

以前より、日々の不快感が減って、喜びが確実に増してる気がするのでオススメです。

ライフスタイルによって変わっていくだろうし、年に1回くらいやってすり合わせるといいんじゃないかと思いました。
comments: comments(4)
1