sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

えりさんのスピリチュアルカット@福岡

あっという間に1週間経ってしまったのですが!ちょうど1週間前まで、スピリチュアル美容師のえりさんが来福されていました。

 

今となっては、夢じゃないかと思ってしまうほど非現実的な、濃い時間でした。

具体的なことについては、えりさんがブログで詳細に書いてくださっているので省略しますw

 

福岡珍道中 〜飛行機に乗り遅れる〜

福岡珍道中 〜歓迎のあらし〜

福岡珍道中 〜これが私、という感覚〜

福岡珍道中 〜違和感を大切にすること〜

福岡珍道中 〜目的はなに?〜

福岡珍道中 〜嬉野(うれしの)物語〜

福岡珍道中 〜いろんな視点〜

 

特に予定をしっかりと決めていたわけではないのに、必要なところに行っては、必要なメッセージをもらい、必要な時間までには必要なところにいる、という宇宙タイミングな旅行でした(そう、今は福岡・九州が「ホーム」のはずだし、私は家以外に宿泊したわけでもないのに、まるで私も数日間異世界に旅行してきたかのような日々だった!)。

 

「これは宇宙の采配に違いない」と感じる場面、数え切れないほど。

 

「あんでるせん」で15人の団体キャンセルがあって少人数でゆったりショーを見れた(たぶん直前で予約できたのもそのせい)、みたいなラッキーが普通に起こりまくっていましたが、その中でも、私が一番印象的だったのは、↑の嬉野物語にえりさんが書かれている、女将さん直々の嬉野ツアーでの、神聖な時間。

 

そもそも、元のざっくりした予定では、この前日、長崎県のあんでるせんを出た後、佐賀県の嬉野の宿にえりさんを降ろしてそのままお別れするつもりでした。嬉野から空港までは直通の高速バスが走っているからです。

 

でも、流れで、最終日に空港に行く前に髪を切ろうということになり、移動時間を考えた結果、私がまた迎えに来ることに。私はその日中に提出するものがあって、帰らなければならなかったので・・・。

 

計画外でなければ、ありえない展開。もちろん、迎えに来る、と決めた時点では、女将さんが次の日の朝にツアーをしてくれるなんて思いもしなかったこと(誰にでもしているわけではなく、前日の夜、女将さんとえりさんが意気投合し、さらに、たまたま女将さんの予定が空いていたからこそ実現されたプライベートツアー。しかも、私、宿泊客じゃない)。

 

その日、きっと、えりさんは、ひとりであの宿に泊まる必要があって、夜、女将さんとふたりで蛍を見にいく流れだったのだな、と、女将さんに嬉野を丁寧に案内していただきながら、心から腑に落ちたのでした。

 

In Ureshino, Saga, Japan

女将さんが撮ってくださった写真はどれも、魔法がかかったみたいに美しかったです。これはその一枚。

 

えりさんと女将さんは、あのタイミングで、出会うべくして出会ったのかな、と思うと、私はえりさんを目的の地まで連れていくという役割を無事果たしたことになるのかな、と思いました。

 

そして、肝心の?”野良カット”も大成功!

 

スイッチが入ったえりさんはすごい!

 

限られた時間の中、強い海風をも味方につけて、あっという間に、私が「自由になれる」髪型を作ってくれました(えりさんのカットは基本お任せで、そのときの望みを聞いて、リーディングして髪型を作ってくれます)。

 

駐車して、海岸まで降りて、場所を決めて、切って、車に戻って、もう一度ゲートをくぐるまでが30分以内!(時間を計っていたわけではないのですが、30分無料の駐車場で0円通過♪)

 

その場では、太陽がまぶしすぎて、鏡もiPhoneのカメラしかなくて、何よりすぐに撤収して空港に向かわなければならなかったので、どんな仕上がりになったのかを見れなかったのですが、空港に無事到着してから見てみたら、本当に、あの短時間で切ってもらったとはとても思えない仕上がり。

 

主人にも後から見せたら大好評でした♡

 

カット中、手が疲れてやめるまで動画を撮っていたのですが、編集の腕がなく・・・

とりあえず、ということで、iPhoneのアプリで編集した短い動画がこちらです。

 

 

 

元々、私が運転するつもりはなかった空港までの道のり(福岡都市高速は、狭いし速いし分岐多いしで今の私にはまだキャパオーバー・・・)も、なぜか、「行ける!」との確信のもと運転し、えりさんにも次の分岐は右!などと協力してもらって連携プレーで、なんとか、無事に、時間どおりに到着することができました(3時までに着きたいと言っていて、着いて時計を見たら3時3分!)。久しぶりに、運転で膝がガクガクしたwww

 

そうそう、空港の立体駐車場に停めた後、先に車から降りたえりさんが「完璧に真っ直ぐ!」と。何かというと、駐車が私はなかなか真っ直ぐにできなくて、運転席から見て真っ直ぐなつもりでも、降りてみると、ごくごく微妙にどちらかに(大体は右に)ずれてるんです、とえりさんに話していたんですね。

 

それが、初の都市高速の疲れでぼーっとしつつ、何も考えずに停めたら、真っ直ぐだったんです!!!

 

あんでるせんのマスターの言葉「考えないで、すっと、とる」(えりさんの旅行記のこちらの記事 参照)を地で行きました。

 

余計なことを考えず、目の前に現れることをただ夢中でやっているだけで、、、(そのとき私には見えていなくても)大きな流れの中ですべて完璧なんだ!ということを、最後の最後まで、何度となく実体験させてもらえた、貴重な旅でした。

 

明日(もう日付変わって今日!)は夏至。大きな切り替わりの日です。

 

なんとなく、夏至の前に書いておきたくてまとめました^^;

comments: -

スピリチュアル美容院

ヒーラー・チャネラー x 美容師のやなぎえりさん(名前一緒!)のところに行ってきました。

三軒茶屋でスピリチュアル「やなぎの木」

これまで、普通の美容院しか眼中になかったわたしが、急にこういったサービスを探して、行ってみる気になったのは、やはり、「人間」への抵抗が薄くなった影響だと思います。
 
楽しそうなことは全部やってみる!という心意気でエイヤっと。

髪にはやはり、いろいろなものが溜まるのだそうで、髪を切りたいなぁと感じるときは、心のモヤモヤを出したいなーというサインでもあるのだとか。だから、物理的に髪を「切って」もらいながら、古い思い込みとかを手放すのは、実はすごく効率が良いのですね。

入って驚いたのは、内装の可愛さ!!!
あんまり可愛かったので、お願いして写真撮らせてもらいました。

spiritual hair salon Yanaginoki

これ、壁画なんです。写真では分かりづらいけど、窓ガラスにも描いてある!!!
画家の金子國義さんのお弟子さんである、赤木仁さんによるものだそうです。
私もいつかサロンをやるときは、こんなお部屋にしたい♡

spiritual hair salon Yanaginoki

もともと、私は美容院が苦手です。対人恐怖持ちだったのもありますが、根本的な問題として、「どんな髪型にしたい」っていうのがはっきりしていなくて、聞かれても困ってしまうので・・・

相性の合う、うまい美容師さんであれば、「おまかせ」でいい感じにしてくれる、というのが分かってからは、基本的には「おまかせ」ですが、相性が合う人を見つけるまでが大変!なのです。

えりさんのヘアスタイル・カウンセリングは、「どんな髪型になりたいか?」の裏にある「どうなりたいか?」を私が話すと(ここまでは普通の美容院でもある)、そこからさらに、私が言っていないことまで汲み取って提案してくれる、というのがすごく良かったです。

その時点ではまだお会いしたばかりなのに、「は!言われてみるとそうかも!」「何で分かるの!」と驚きました。

今から思うと、そこで提案してもらって「あ、そうかも」と納得した内容って、髪型というよりも、今の私の人生の方向性のようなものでした。鏡を見るたびに、それを思い出して原点に戻れるっていうのはイイです!

spiritual hair salon Yanaginoki
鏡の中にえりさんの後ろ姿が!(笑)

話してみると、えりさんとは共通点がいっぱいで、カット、カラーの間中、いーっぱいお話しをさせてもらいました。美容院の時間があんなに早く、楽しく過ぎたのは初めてかもしれません。

お話は「そー言われてみるとそうかも!」の連続だったのですが、いっぱいありすぎて、書き出すと長くなるので置いておいて。

えりさんのリーディング・カウンセリングを受けたことで、私は、「私を知る」試みを再開しようと決意しました。

スピリチュアルな分野のことです。元々は、マイナスからのスタートというか、対人恐怖もあったし、ADD(注意欠陥障害)的な生きづらさもあったし、両親との問題もあったしで、生きる苦しみを取り除きたい一心で探求してきました。
 
あ、以前ほど生きづらくない、というところまでいったのが2年ほど前で、キネシオロジーという形で「やる側」を体験させてもらって、それはものすごく楽しい経験でした。でも、グラウンディングが弱かったのもあって、霊的な現象が起こって、スピリチュアルすべてが怖くなって、遠ざかりました。

それから、自分自身を探求すること自体も、お休みしていたところがあったのです。

この2年でだんだんバランスが取れてきて、結婚もして、ようやくゼロに戻ってきたところ。

今回、えりさんとお話ししていく中で、わたし、もう一度、ちゃんとやっていこうと思いました。

先日ちらっと書いた、スピリチュアル系の翻訳の仕事も本決まりになったのですが、そういう分野を訳すなら、自分自身をクリアにしていくことが、訳文の質に直結していくので。

***

受ける前はちょっとお高めかな、と思っていたのですが、他のところで別にセッション受けたら1万円〜くらいしますし、2時間以上しゃべり続ける(カラー&カットの場合)セッションってあまりないですし、シャンプーはヒーリングも兼ねていて爆睡してすごく元気になったし、仕上がった髪型も大満足!でしたし・・・さらに、美容院めんどいなぁというのがなくなって逆に楽しみになるっていうプラスの影響も計り知れない!

もちろん相性はあるのだと思いますが、えりさんととても相性が合った私は、かなりの価値を感じられる、幸せな時間でした。

三軒茶屋でスピリチュアル「やなぎの木」
えりさんのブログ:キラキラな毎日
 
comments: comments(0)
1