sakura-blossom
<< 世界の狭間で | main | スパルタ鍼灸院 (4) & 中野眼科 >>

福岡&遠隔で「ラク」を体感するヒーリングをやっています☆

クリエイティビティコンプレックスからの脱出と自己価値

とても嬉しいことがあったので、今日の15分ブログライティング第2弾いきます!

先日ブログにUPした写真を、私の写真の先生である「カメラを持ったライトワーカー」佑海さんがすごく気に入って、プリントアウトして額に入れてくださったのです!

mypicts
笠戸島の家族旅行村で撮った花壇の写真(→この記事

mypicts
玉置神社の苔むした木。光っているように見えた!(→この記事

ふみかさんとの交換フィボナッチセッションで、何回にも分けて「自己価値の向上」に取り組んできたけど・・・・・こんな風にしてもらったら、私の自己価値、うなぎのぼりです!!!

さらにさらに、こんな素敵な記事まで書いてくださいました!
個人レッスンから1年〜驚きの変化!!|碧い空 碧い雲 カメラを持ったライトワーカー

↑の記事に、わたしの写真のビフォアアフターがあります。

去年、レッスンを受けた当時の私が書いた感想も、上記記事からリンクしてもらっています(あ、柏の森鈴というのは、クリエイティブ関係はこちらでやっていこうかなーと思っている名前です)。

今自分で読み返してみても思うのですが、「あれ?カメラは嘘をつく機械?綺麗なもの、撮りたいものだけを、あえて、撮っているってこと!?」という気づきは、衝撃だったなーーーー。

このあたりは、思うに、私のお化粧嫌いとかとすごく関わっていると思うんだけど、実際よりも「綺麗に見せる」のは、なんかインチキしているような、後ろめたい錯覚があったのだなーと。

どろんこ野菜をそのまま食べて♪っていうのと同じというか。

「正しさ」や「ありのまま」への変なこだわりというか。

自己価値が低くて自分に自信がないからこその「ありのままの私を見て!ドヤッ!」みたいな。うまく説明できないけど。

「美しいものをさらに美しく見せる」ことへの罪悪感を取り払ってくれたのが佑海さん。

クリエイティビティコンプレックスから脱出する(今脱出しかけかな?)最初の一歩だったと思います。

佑海さんは関東で写真レッスン&ポートレート撮影をされています。詳しくはこちら

P.S.
先日、フィボナッチ音叉の撮影アドバイスもいただいたので、いい感じの日が差して、私の気分的にも余裕があるタイミングを心待ちにしている今日この頃です。やりたい楽しみなことがあるって素敵!
comments: comments(0)
 

Comment