sakura-blossom
<< 8/20 長崎でツインフィボナッチをやります♪ | main | 対人恐怖と英語 >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

収入源を手放すことへの恐れ

最近全然ブログ書くモードにならないのですが、たぶん、今はひとつの転機にいると思うので、少し強引に、更新しておこうかな、と思います。15分縛りで^^

 

うーん、、、、以前、「不安からする仕事と、喜びからする仕事」という記事で、「今日この体験を踏まえて、私も、仕事の仕方を変えます。欠乏感からの仕事をもうやめます。」と書きました。

 

仕事の仕方、、、うん、変えたつもりでした。

 

たしかに、生活費のために仕事をするのは、やめました。そこは夫にまかせよう!って。でも、自分の喜びのためにね!結局、その後も、かなりの量の技術翻訳をしていました。といっても、専業だった頃の半分くらいなんだけど、、、、、、

 

元気になってきて、やりたいことが出てきたら、つかうお金が増えてきて。だから、そのために、自分の喜びのために、お金がほしいの。自分のやりたいことのために(我慢して)働くのは当然でしょ?って思ってました。

 

技術翻訳は本当に苦痛で、、、、、、でも、少し、望みをかけていたんです。わたしが、もっともっと癒されていけば、いつか、技術翻訳を楽に、淡々と、先延ばしせずに、できる日がくるんじゃないかな、って。フィボナッチでいろんな面で変化が出てきて、近々、そこが大丈夫になるんじゃないかなって。だって、わたし、技術翻訳は苦痛だけど、得意なのですよ、、、その苦痛がなくなる日が来たらいいな、って。。。

 

というのは、綺麗事で、、、、やはり、わたしは、既知の確実な、、、収入源を、、、手放したくなかった><

 

のだと、今は思います。。。。。。(セッションは増えてはきているけれど、今のところ、翻訳の収入とは比べものになりませんし、セッションは「私の楽しみ」という側面が一番大きいので、売上高ありきで考えたくないのです)

 

生活のために仕事する辛さ、、、はよく知ってる。楽しみのために仕事するなら少しは楽になるのかと思ってたけど、わたしの場合、もっともっと辛くなりました(楽しみが増えてきたから、その落差で、より苦しく感じるっていうのもあるのかも・・・)。未婚フリーランス1人暮らし(しかも家賃が高い東京)だった頃の「路頭に迷うかもしれない」という恐怖は、強力なモチベーションになってくれていたのだなぁ、って。。。

 

毎度、地獄のような苦しみで納品しては、次こそ余裕をもってできるんじゃないかと望みをかけて、、、でも、先延ばしはひどくなるばかり。納品直前の苦痛も増すばかり。

 

そのために、他の予定をキャンセルしたり延期したり。

 

セッション予定だけは死守しましたし、翻訳作業とセッションの間は十分時間をあけるようにしていましたが、それでも、常に納期で追い詰められている状態が、ヒーリングという仕事にプラスに働くはずがなく。


もう、限界だなって思いました。いくら翻訳が今のところ一番確実に稼げるとしても、一旦手放そう、、、、、と決めたのが先週半ば。

 

(15分経った、、、)

 

技術翻訳の大規模案件を、今度こそ、やめようと思いました。負担にならない程度の小規模案件だけは続けるけど。

 

そしたら、その途端、大規模案件がまた舞い込むのですよ・・・・・・しかもね、行きたいなって思っているワークショップの受講料相当!!!相当、心が動きました。承諾のメールの返信を書きかけました。でも、、、、、、断りました。翌日に別の会社からもう1件大きいのが来たけれど、それも断りました。

 

最近、セッションでも、「新しいものが入ってくるには、今握りしめているものを手放す必要がありますよ」みたいなことばっかり言っていて、ようやく、自分へのメッセージだ、と気づいたから・・・。

 

今日は、とりあえず、ここまで。

 

Window to the sky

comments: comments(0)
 

Comment