sakura-blossom
<< 対人恐怖と英語 | main | ツインフィボナッチ >>

福岡&遠隔で「ラク」を体感するヒーリングをやっています☆

ハザマの世界

前回のブログを書いた後は、怒濤の日々でした。

 

今はぽかーん( ゜Д゜)としています。

 

あの後すぐ、用があって東京に行きました。3年前、わたしが目に見えないチカラを使いはじめた頃に一緒に喜びを分かち合ってくれ、その後、目に見えない世界を初めて怖いと思ってブルブル震えていたときに手を差し伸べてくれた友人達に再会することができました。再会は、祝福そのものでした><

 

ひとつの段階が終わったのだな、これで卒業だ!と思いました。

 

そして同時に、首の痛みが発生。1回目と2回目は東京にいたときで、ピキッと痛みがきてすぐ治ったのですが、3回目は福岡に帰ってからで、これがなかなか治らない。

 

(その間、いくつかセッションも受けましたが、それについてはここでは書かないかなー。クライアントさん本人の意識で理解できるということを大事にするタイプのヒーリングと、意識で分からなくてもいいから、今本当に必要なことをしようぜ!というタイプのヒーリングがある気がします。いや、そういうヒーリングがある、というのではなくて、ヒーラーさんの考え方によるものだと思いますが。その両方を短期間で受けちゃったのでね、文章で書くとなると、意識で理解しやすいヒーリングの方をメインに書くことになり、それだと実情とズレる。でも、どちらも影響はとても大きかったのだと思います。)

 

結局、首の痛みがとれたのは、長崎でひとみさんにプチセッションをしてもらい、その後にツインフィボナッチをやって、無事すべて終わって、ご飯屋さんに向かっていたとき。「首の調子はどう?」って聞かれて初めて「あ!なくなってる!!!」と。良くなったときって、気がつかないものですね〜

 

で、痛みがなくなってみると、なんだか、あれ、私、どうしてここにいるんだっけ?みたいな、ぽかーんとした状態です。

 

もう前回のブログ(対人恐怖と英語)とか、なんでそんなに頑張ろうと思ってたの〜って、思いますね。

 

対人苦手でもえーやん!英語しゃべれなくてもえーやん!って^^;;;

 

できなかったことが「できるようになること」で、自己の存在をこの世に証明する必要があった時代が、いつの間にか終わってました・・・。うん、終わったな、って感じです。

 

長崎で伺った赤塚高仁さんのお話も、個を超えていけ、というメッセージが最も心に響きました。

 

ここからは、違うのでしょうね。今、前の時代が終わってしまったことだけがあきらかで、新しいことは何にも浮かんできませんが・・・。

 

前の自分が入れていた予定があるので、なんだか、別の人の中に入ってしまったような、一歩引いた感じで、その予定をやっています。

 

明日からは弾丸で関西!マルセイユタロットの宮岡和宏先生の今月のモニターリーディングに当選していたので、受けに入ってきます。これは8月初旬、技術翻訳の大規模案件をやめるかどうかで散々悩んでいたときに、告知がパッと目に飛び込んできて、ダメ元で応募し、当選していたのですね。

 

今、ひとつの「世界」が終わって、0すなわち「愚者」にもまだなりきれてない、狭間の世界にいるような感じですが、だからこそ、こんなときに宮岡先生のリーディングを受けることができるなんて、采配は完璧ですね^^

 

長崎伊王島海水浴場

 

長崎伊王島海水浴場

そんな状態だったので長崎はほとんど観光もしていないのですが、赤塚さんの講演会の前にドライブで立ち寄った伊王島。長崎市街から40分くらいで、この夢のような綺麗さ!!!

 

このカテゴリーの他の記事

comments: comments(0)
 

Comment