sakura-blossom
<< 近況更新〜 | main | スピリチュアル美容院Webサイトのデザインを改訂しました <その2> >>

福岡&遠隔で音叉ヒーリングをやっています☆

消滅願望の終わり

この1か月間で、私には、とてつもないことが起こりました。

 

9月末に近づいたある日の明け方ですね(まさかこうなるなんて思わなかったからメモも取っていなくて覚えてない)、目が覚めてみると、胸にヒューヒューと今まで感じたことのなかった風が通っていました。あれ?何か呼吸がラクで、カラダも軽い気がする・・・?

 

そのときは何が起こったのか分からなかったのですが、その日から、生きることが、ラクになり続けています。

 

急に変わったというよりは、実際の生活の中で「あれ?わたし、こんなことできたっけ?」「こんなにラクだったっけ?」という発見の日々が、今も続いている感じです。

 

根本的なところで、何かが抜けました(不思議と、新しい能力が加わった、という感じはしません。障害になっていたものが取り除かれた感じ)。

 

その「抜けた」性質は、わたしが、ADHDとかアスペルガー的性質だ(だからどうしようもない)、と自分で見ていた部分と、かなりかぶっています。

 

生きていていいと思えるようになり、マルチタスクがある程度可能になり、自分の予定を見渡してある程度前もって行動を起こすことができるようになり、だから仕事するのも遊ぶのも楽しくなり、、、また身の回りのことに関心が芽生えはじめ、その結果として、雑誌やTVをある程度楽しめるようになり、人との会話もある程度楽しくできるように、なりました。

 

あえて「ある程度」と書いているのは、その度合いが、今も少しずつ進んでいるので、パキッと1か0で変わったんじゃないよ、変化の完了地点が存在して突然そこに到達したというわけではないよ、ということを強調したいからです。

 

何より根本的なのは、「消えたい」「いなくなりたい」と思わなくなったことです。誤解を受けるので、これまでおおっぴらに書くことはありませんでしたが、物心ついたころから「いなくなりたい」と思っていました。

 

超重要な注意:「自殺」をしたいわけではありません。死のうとしたこともありません。私にとっては大分違うことです。


誰も傷つけることなく、この世からスーッと消えられたらいいのに、いや、もう最初から存在していなければいいのに、とつい思ってしまう、という感じです。わけもなく、とにかくこの世にいるということが辛くて、いつ死ねるのだろう、と無意識にずっと思っていました。そうそう、むしろ、ホームシックに近いのだと思います。現実が居場所と思えなくて、常にどこか間違った場所に来ている感じ。

 

で、その部分は、いろいろな生きることがラクになってきても、ずっと、根本的には消えなかったのですね。思う頻度はかなり減っていたのですが。うつ病にかかって症状としてそうなったわけじゃなくて、物心ついた頃からある感覚だからですね。

 

前回の記事に書いた、宮岡和宏先生のタロットセッションで相談したことも、一言でいえば、これでした。わたし、現実を楽しめないんです、ということです。いろいろやってラクにはなってきたけれど、まだ、現実に興味がもてない。ヒーラーとして活動しているのに、自分がこんなんでいいのだろうか?というのも、ありました。いただいた素晴らしいアドバイスは、ブログには結局まとめられませんでしたが、最近の宮岡先生のブログの「生きづらさの肯定から観る。」という記事がそのエッセンスと少しかぶっていたのでご紹介しておきますね。

 

***

 

で、先月末、それが消えたのですよ・・・・・・。

 

生きづらさが消えたというよりは、とにかく、私が生きることを阻んでいた何かが、消えたのです。

 

消えてみて初めて、これまで、私の世界の中がいかにノイズだらけだったのか、知りました。生きることに前向きになれない。底なしの無気力が底流を流れ続けている感じ。頑張ろうとしても足をすくわれる。いとも簡単に無気力に落ち込んで出てこれない。あの沼に半分浸かっているような感覚は・・・・・・普通は!?ないものなのか!?という。

 

(そういうことを言うと、「誰でもそうだよ〜」って感じで言われることも結構あったのですが、私からするとだいぶレベルが違うところで共感されている感覚でした)

 

何かをやろう!と決めては、できなくなってしまう、というパターンを繰り返してきたけれど、、、ADHDだからだと思っていたけれど、そこが取り払われてみると、ああ、、、これのせいだったのか、と思います。

 

「これ」の正体は具体的には特定できてないのですが・・・・・・

 

*****

 

とにかく、生まれてからずっと抱えていた、これからも死ぬまで共にすることを覚悟していた生きることへの違和感が薄くなったのですね。

 

そのインパクトは生活のあらゆる側面に及んでいて、今まで苦痛だった翻訳がかなり淡々とできるようになりました。

 

もうね、これは、信じられないことなんですよ(フィボナッチ音叉ヒーリングをあれだけ受けても、すぐには変わらなかった部分。もしかしたら、これはタイムラグありでのフィボナッチの効果でもあるのかもしれません。それ以外にもたくさんの試みをしてきたので、もう分からないのですが)。

 

ちょっと前に「もう大きい案件は受けない」と決めたものの、たまたま、10月はそこそこ大きい案件が入っていました。そして、「あれ?私できるんじゃない?」と思い始めた途端、なぜかどんどん入ってきて、断っても断っても、この案件の納期はずらしますからこれを先に、みたいな感じで、気がついたら専業翻訳者時代とほぼ同じ分量をやっているのですが、自分を破壊することなくできています。

 

自分が変わったかどうかって、自分を動かしてみないと、やってみないと、どう変わったのか、分からないですから、ちょうどいいサンプルがあったようなものです。


同時並行でデザインの案件も進んでいて、ヒーリングもちょこちょこやらせていただいていて、習い事もある、という状況で、それを見渡して予定を立てたりできているんですね〜。まぁ、かなりギリギリですが。


今までは、「翻訳をやらねば」となったら、その沼の中にいるしかなかったのです。意識を振り分けることがどうしてもできなくて。でも今は、納期が迫っていても、予定を見渡して、スキマに別のことができる。本とかも読んだりできるようになったんですよ!

 

とにかく、世の中の人は、これをやっていたのかーーーーー、という感動です。

 

あ、翻訳専業に戻るっていうことではないですよ、念のため。でも、嫌だ、逃げ出したい、消えたいって感覚は本当になくなりました。納期前は確かに辛いけれど、ただの労働そのものの辛さです。

 

見える範囲が一気に広くなって、そのとき没入している対象以外にも、常時全体を見ている「自分」という一本の線のようなものが出現したのが、この1か月の大きな、大きな変化だと思います。


これまで、常に私である私はこの世界にいなくて、ところどころの没入の中に今が断片的にあるだけで、すべてが自分の中をただ通り過ぎていくというイメージでした。

 

でも、今は、自分が何をやりたいのか、自分が何を感じているのか、自分で感じ取れるようになった気がします。

 

わたしは、ずっと、ずっと、スピの探求を通して、ここに到達したかったのだと思います。

 

スピの言葉でいえば、「グラウンディング」というものでもあるのかもしれません。

 

でも、これは、「自分の感覚を感じよう」とか「グラウンディングしよう」いう努力や気合いでできることではなかったと思います。本当に見えなかった。見えないものは、わたしの世界では存在しませんでした。

 

コスモス*のこのしまアイランドパーク Cosmos - Nokonoshima Island Park

 

このカテゴリーの他の記事

comments: comments(0)
 

Comment