sakura-blossom
<< 自分のために「情報」を汲み上げる方法 | main | お手軽DIYで音叉のディスプレイ棚を作りました >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

「やりたいこと」神格化現象の中で

<クリエイティビティ>の話の続きです。

 

私には長年、コンプレックスがありました。

 

「やりたいことがない」ということです。

 

それは、<クリエイティビティ>のコンプレックスでもありました。

 

「書きたい」「描きたい」「作りたい」「演奏したい」などの欲求が先にあって、それを表現するのが<クリエイティビティ><創造性>なのだと、ずっと思い込んでいたからです。

 

だから、「これを描きたい!」とか「この曲を演奏したい!」などの情動・欲求がほとんどわいてこない私は、どう考えても「創造性がない」のだろうと思っていました。

 

普通、クリエイティビティのコンプレックスって言うと、「絵が下手」みたいな、スキル的なコンプレックスだと思うじゃないですか。私もずっとそう勘違いしてたんですけど、私が本当にコンプレックスを感じていたのはそこではなかったってことに、最近になって気づきました。

 

絵が下手だとか、それ自体に別にコンプレックスはありませんでした・・・だって、そもそも、絵を描きたいとか思ってないのですからね・・・。

 

期せずして、ここ5〜6年くらい、この<クリエイティビティ>コンプレックスについて掘り下げ、とことん向き合う流れになりました。

 

きっかけはhidaさんのキネシオロジーで取ってもらったメッセージでした。メイクやお洒落をするといいよー、Webデザインやるといいよー、みたいなメッセージ。最初は8年くらいも前になりますね。継続して出てくるのです。

 

メイクも服も嫌いだし、デザインするとか意味分からないですよ、やりたくない!って思うことばかり。

 

あ、ほんとは、嫌ならやらなきゃいいだけですよ。でも私は素直で貪欲なので(笑)、「潜在意識がそんなにオススメだって言うならやる!」とやろうとしたわけですね。ちなみに、メイク・お洒落・アートは私の中では自己表現という意味で同一カテゴリです。

 

やり始めたときは、こんなに深いところにつながってるなんて、思いもしなかった!!!

 

キネシオロジーで出てくる、潜在意識が勧めてくることって、やりさえすればすぐ、「わぁ、これまで興味なかったけど、楽しい!!!」みたいになるんじゃないか、みたいに思っていました。甘かったです。潜在意識が本当は私に何をやらせたかったのか、いや、何のためにそのメッセージを出してきていたのか、気づくのに8年かかりました。

 

メイクが好きになりたくて、服が好きになりたくて、まずは、いろんな人にいろんなコンサルやレッスンを受けました。合う服の色やかたちを診断してもらったり、買い物同行で選び方を教えてもらったり、メイクのテクニックを習ったり、オススメのお高い化粧品を買い集めたり、、、、、、たしかに、それぞれ効果はあったけれど、ただ知識や技術を教わっただけでは、抜けられない壁がありました。

 

デザインもそうです。一通りの”やり方”は分かったけれど、デザインばりばりやるぞー!って感じにはどうしてもなれずにいて、それもモヤモヤ。

 

あなたの美をさまたげている心のブロックを解消!みたいなヒーリングセッションも受けたけど、ブロックの解消については、結局、インナーチャイルドを癒す、というようなもので、私が期待していた効果は得られませんでした(そのときは自分が何を求めているのかも分かっていなかったけれど)。

 

何をやっても、とりあえず一通り、やり方が分かってきたところで、壁にぶつかるのでした。

 

ようやく、私は、どうしようもない事実に目を向けることになりました。

 

結局、やり方が分かったって、自分の中にそれを「やりたい」という気持ちはわいてこない、っていう事実です。

 

これを描きたいという気持ち。

こういう装いをしたいという気持ち。
こういう顔にメイクアップしたいという気持ち。

 

そういう、こういう表現をしたい、という欲求が私にはどうもわいてこないのです。

 

「自分の顔のこういうところが嫌いだからカバーしたい」とかのネガティブな動機でも、なんでもいいから、やりたいという気持ちさえあれば、やると思うんだけど、私にはそういうのがないんですよ・・・(欠点がないっていう意味じゃないですよ!)

 

動機がないんだから、いくらテクニックを習っても、やらなくなっちゃうのはしょうがなかったんだなぁ、、、


この悩みをスピリチュアル系の人に言えば、トラウマやブロックがありますね、セッションを受けましょう、ってなる(笑)

 

スピリチュアル界隈では「やりたいことをやりなさい」「ワクワクすることをやりなさい」とよく言いますね。この「やりたいこと」神格化現象の中で、「やりたい」という気持ちが出てこない私は、、、まだ癒しが足りないのではないだろうか、と思わされるのです(笑)


「やりたいこと」が分からないから、動けないんだと思っていました。

 

だからこそ、キネシオロジーとかを使って潜在意識が「やりたい」らしいことを読んでもらったんですよ。

 

やりさえすればいいのかと思ってました。思っていたのに。

 

もちろん、やりさえすれば、それなりに楽しめる、それは分かってる(もしくは努力して分かるようになった)。

 

でもさ、どうしたら本当に「やりたく」なるの???

 

特に何も「やりたくない」ところから自分を動かすのってしんどいんですけど?

 

どんどん仮面を脱ぎ捨てて自分になっていけば「ワクワク」ってやつが得られるんじゃないの?そうじゃないの???まだ癒しが足りないの?

 

・・・・・・という混沌とした状態が、長年続きました。

 

何かを「やりたい」という気持ちが、喉から手が出るほど、欲しかったです。

 

そこにブレークスルーが起きた、という話を書きたかったのですが、あまりに長くなるので、一旦切りますね。続きます。

>>> 続きはこちら

 

Twilight in Tsunoshima, Yamaguchi, Japan

comments: -