sakura-blossom
<< カード決済が選べるようになりました&最近の遠隔セッションのやり方 | main | やりたいことなんてなくていい >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

自分と向き合う〜『発達障害とどう向き合うか』

また脱線します(といっても私の中では深くつながっているのですが)。

 

最近、友人でありセッションも受けていただいている方から勧められて読んだこの本がとても良かったです(その方は当事者ではないのですが、同僚にそういう方がいて、とても参考になったそうです)。

 

私の発達障害グレーゾーンの経緯と「こじらせ」については、去年、ADHDグレーゾーンのこじらせと今の混乱そのまま出しという記事に書いた通りです。

 

今思えば、ですが、この記事を書いてからの約半年、私は自分のADHD(&少しアスペルガー)傾向と向き合っていたのだと思います。

 

その主なものは自動車の運転っていう、私に適性がないことは明らかだけど「やりたい!」と強く思っていることへの取り組みでした(私が「やりたい」と思うのは貴重なので(笑))。この、運転ができるようになるプロセスというのは非常に面白い経験だったので、いつかまとめたいな、と思っています。

 

もうひとつ大きかったのが、受信・発信する情報量を制限したことでした。それまでは毎日のように数百のブログに目を通し、Twitterを見て、何かあったら書き込んで、、とやっていたのを、一旦全部やめました。

 

それまではそういうことを好きでやってるつもりだったんですね。

 

でも、やめてみると予想以上に楽になってしまったんです。

 

楽になってみて、そういえば、私はマルチタスキングが大の苦手だった・・・・・・と気づきました。多種多様な物事を同時にさばいて、頭をサクサク切り替えていくことができない性質で、「今注意が向いていること」に没頭してしまう性質なんだから(さらっと受け流すこととかできない)、それだけたくさんの「他人の」情報を毎日頭の中に流し込んでいたら、自分に使う時間がなくなったり、自分がどう思っているのか分からなくなってしまうのは当たり前じゃないか!となりました。

 

ADHD特性的には新しい刺激が入ってくるのは大歓迎・大好物なんですが、一方で、脳の情報処理的には容量オーバーでかなりのストレスになっていたんだなぁということに初めて気づきました。

 

発信についても、その場その場で出していって、即反応があったりすると楽しいですし、スピーディに展開していい感じなのですが、やはり、そのやりとりに割くリソースという意味では、アスペルガー傾向で雑談が元々苦手な私には負担の方が大きいと分かり、やめることにしました。ブログのコメント欄を閉じたのも、Facebookページの更新を最小限にしたのもそのためです。

 

おそらく、最近の一連の記事で書いている<クリエイティビティ>の解放的なことは、そうやって作りだした「空白」があってこそ可能になった気がしています。

 

そういうのが、「自分を知る」メリットであり、ポジティブな活用法なんだなぁ、ということを最近思っています。

 

うん、「こじらせ」は抜けたように感じます。

 

こじらせていたとき、私は、自分の発達障害的なところ、ダメなところを「必要な対策は講じた上で、そのまま肯定しよう」と頑張っていました。

 

なんていうかな、自分の中に「問題児さん」がいて、その子を「できる自分」が一生懸命監督し、しつけをし、肯定しよう、愛そうとしてた感じ???「問題な自分」と「OKな自分」に分断されてたんですね。

 

でも、、、なんか、ひとつになりました。

 

「マイナスの症状はプラスの特徴になりうる」って、いろんなところで目にしていて、深く分かっているつもりだったのに!!!

 

まあ、ここまでは本の内容とは関係がない、最近の私の気づきなのですが、そんな中で読んだこの『発達障害とどう向き合うか』は、自分の特性を「知り」、ポジティブに「使っていく」ために使えそうなヒントが満載の本でした。

 

かなり実用的な本なのですが、ご本人が当事者で、大変な苦労をされた方なので(仰天エピソード多数)、発達障害的な「生きづらさ」への限りない共感が本全体に漂っており、読んでいるだけで癒される、という面もあります。ご本人は重度だそうですが、グレーゾーンならではの辛さも把握され、触れられています。

 

著者の吉濱ツトムさんは重度のアスペルガー症候群を、アスペルガー的特性を活用してうまくコントロールする方法を独自に見つけ、ご自身の生活を一変させ、今では発達障害専門のカウンセラーとしてその方法を指導されているそうです。そのプロセスは、「知識獲得」、「食事改善」、「肉体強化」、「環境圧力の設定」、「行動療法」、「自己暗示による認知の是正」、「環境を設定する」、「才能の発掘、進展、活用」から成るとのこと。


面白いのは、この方も、ご自身の活用法を開発する前に、スピリチュアルに傾倒してスピリチュアル面だけで改善しようとしてドツボにハマった経験がおありだということ(具体的なことは、私の中でまだ整理がついていないので今ここでは触れませんが、すごく大きなヒントをいただきました)。

 

まず栄養から改善すべきっていう発想は、私も前に考えたことがあって、試したこともあるのですが、効果がわからないうちに飽きてやめてしまったんですね。私はADHD傾向優勢のためか、あれこれ新しいことに手を出すのは大好きだけど継続するのが苦手・・・・・・そういう意味では、モチベーションを掻き立ててくれるこういう本は燃料になります。もう一度、あらためて、自分の体で人体実験してみようと思っています。

 

そうそう、当事者でもある医師の方による発達障害の本も結構出ているように感じますが、この本の大きな特徴のひとつは、著者が「医師ではない」立ち位置で、発達障害専門のカウンセラー(&ヒーラー)として、たくさんの発達障害者(診断の有無にかかわらず)と出会い、変容を助けている、ということだと思います。だから「診断」がつくかどうかによって分断されていないんです。だから、私みたいなグレーゾーンの人でも、病院に行くまででもないけど少し当てはまるところがあるなーっていう人でも、「共感」をベースに分け隔てなく、役立つ部分をピックアップできると思います。

 

それと、私も子どもの頃からさまざまな創意工夫をして、自分なりのルールを決めてADHDの特性による負の影響が出ないようにし、特性があっても仕事が得られる職種を選び、環境を選び、ってやってきたのはパーフェクトなプロセスだったんだな、という自己全肯定の効果もありましたよ。

 

長い間、「消去法での選択」だった翻訳という仕事に誇りが持てなかったけれど、最近は、まったく正しい選択だったと思うし、翻訳も好きになってきました。「普通にならなきゃいけない」って縛りから解放されると本当にラクです!!!

 

吉濱ツトムさん公式ウェブサイト

吉濱ツトムさん公式ブログ「未来への思考法」

 

comments: -