sakura-blossom
<< 『脱・偽り人生 ~本気の自己認識ワークBook~』をやり終えた直後の感想 | main | パステルと曼荼羅 >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

はっしーさんの衝撃と「止めている」疑惑

『脱・偽り人生 ~本気の自己認識ワークBook~』をやり終えた直後の感想から1週間経ちました。

 

その間に起こったこと・・・いや、何も「起こって」はいないんだけど、なんだろう。違う世界が開けました。

 

先週の土日、著者のはっしー(橋本尚子)さんが福岡で「感情とアロマ」のセミナーをされると知り、急遽行くって決めたんですね。それがブログを書いた日(決めたから、全部終わらせたのですw)。

 

行ってみたら満席(を超えてた?)で、こんなギリギリで受け入れてもらえてほんとにありがたかった、と。

 

このセミナーに行くかどうかは、正直、かなり迷いました。はっしーさんに会いたい!これがまず第一で、最終的には、それだけで行くことに決めましたが、、、迷ったのは、ドテラのオイルを使うと明記してあったことでした。ドテラは、以前会員になったことがあって、品質が良いことは分かっているんですが、表参道のドテラジャパンで受けたセミナーで「ドテラを広めていこう!!!」的な熱気にドン引きしてやめてしまったんですね。なので、今回も、そのイメージから、勧誘込みなんじゃ?と迷いました。

 

でも、そんな心配は無用でした。

 

結論から言うと、はっしーさんはドテラの精油を普段から使ってらしたわけではありませんでした。今回、福岡でドテラを広めてらっしゃる松山祥子さんのリクエストで講座をするにあたり、松山祥子さんのサロンでドテラの精油を使って、、、という経緯だったようです。主催の松山祥子さんも素敵な方で、勧誘的なことも一切なかったです。

 

祥子さんがドテラのオイルのサンプルをはっしーさんに送って、それで初めてはっしーさんはドテラのオイルを嗅がれたそうです。

 

その感想をブログにこう書かれています。

 

「doTERRA」のエッセンシャルoil、大変いいですね。
シングルoilのサンプルを主催者さんからお預かりして以来、毎日実験してきましたけど
ノリがいいんですよ。 
 
なんと言ったらいいか・・・・・ うまく表現できないけれど
一度 エーテルの一番端っこ(境目)に行って、その後
エーテルエリア内にブワァ?っと広がり、そして浸透してくる というか、、、
サーファーが波を見分けて波乗りする みたいな  
加減がとてもいい。
意志があるような そんな動きをしてくれる。
これはこの講座にぴったりだなぁー と。  唸る・納得する日々でした。

久しぶりの福岡。|はっしーのブログ

 

で、私も久々にドテラのオイルを嗅いで、やっぱりオレンジはドテラだ!と再び実感し、近々購入しようと思っていたりしますw

 

元々会員になって嫌だったのは、ドテラはいいよー!って確かにモノはいいんだけど、ぜんぶのオイルをドテラで揃えさせていくような感じに違和感があったんですね。

 

同じ植物の精油でもメーカーによって全然香りが違うから、わたしはひとつひとつ嗅いで比べて、気に入ったのを使いたいのです。はっしーさんもそれを勧めていて、ホッとしました^^

 

そういう風に選べる精油ショップ、福岡にあるかな???ご存知の方教えてください♪

 

***

 

はっしーさんについて。

 

はっしーさんは、、、なんと表現すればよいのでしょうね。私にとって、本の表紙を初めて見たとき感じたそのまんまの、電撃のような人でした。

 

そうですね。。。私にとって、プリミ恥部さん以来の衝撃でした。

 

目からウロコが落ちたのでは全然なくて、バラバラになっていた何かがつながったような懐かしい感覚。

 

プリミ恥部さんは愛で包み込まれる感じ。はっしーさんも愛だけど、もっと、風っぽい要素もあって。論理的。

 

はっしーさんのアロマのブレンド法とその考え方をシェアしていただいた講座、のはずなんですが。

 

実際のお題で話した方が分かりやすいから、と、リアルに質問を受け付けてもらえたんですね。自分のことでも、周りの人のことでもいいよーって。

 

そうなれば当然、アロマにとどまらず、はっしーさんのアカシックリーディングをまじえてのお悩み相談タイムになるわけで。

 

私はちょうどその前日(うまくできているw)、心をモヤモヤさせられる出来事があって、そのモヤモヤを突き詰めていったら「理解されない」「理解できない」疎外感なのかな、というあたりで、1日目の朝を迎えていたのでした。

 

それで、、、聞きましたよね。

 

「発達障害グレーゾーン」という言葉を出して、「みんな分かっているけど私だけ分からない」、「分かってもらえない」、「ほとんどの人が感じている感情に自分は共感できない」ということが多くて、大体辛いときは、そのあたりが鍵になっているみたい、ということについて。

 

そのときはっしーさんが私をリーディングして伝えてくださったこと、、、今、実地で検証中なので書くか迷うのですが、ニュートラルに箇条書きで残しておこうと思います。

 

・理解力と共感力がむしろ高い

・小脳が発達している、悪く言えば肥大している、それが発達障害的に見られるのでは

・小脳→ビジュアライズが得意。透視、霊視、リモートビューイングなど

・少数派と思うと辛くなるからメリットにしていく

 

真逆です!と言いました。ビジュアライズがまったくできなくてコンプレックスだったんです、と(先日書いた方法で、絵を描くようにはなったものの)。まったくできない場合は逆に「止めている」ことが多いそうで。

 

「未発達」だと思ってたところが「発達過剰」なんて、もう、世界が変わっちゃいますよね。

 

***

 

はっしーさんからはもう1個大きなヒントというかテーマをいただいていて、それについても日々世界が広がっていってるのですが、それについては今はここには書かないことにします。いずれ書くことはあるかな?

 

それより何より、アロマとの再会が私にとっては本当に喜ばしいことでした。

 

五感の中で、私が一番敏感なのがおそらく嗅覚です。

 

結婚相手も最終的には嗅覚で決めたくらいですから(笑)

 

すごく敏感だからこそ、止めていた。。。ということに初めて気づいた1週間でした。

 

「くさい」ものを嗅ぎたくなくて。

 

洗剤や柔軟剤の香料とかその最たるものですが、世間的に「良い匂い」とされているもので、私には耐えがたいニオイがたくさんあります。

 

呼吸が浅い、浅いってよく言われてたし、口呼吸だとも言われていたけれど、本当に無意識に、嗅覚を止める癖があったことに、初めて気づきました。

 

嗅ごう、としてみて、嗅いでないってことに気づきました。

 

そういえば、それは視覚も同じで、私、視力がいいんです。つまり、フォーカスしさえすれば、遠くの看板の文字まで読めるっていうことです。無意識にそういうのを読んでしまって疲れるので、逆に、「見えなくする」っていう術を使っていたんだと、車を運転するようになって気づきました(これはいつか書こうと思っています)。

 

それで思い出しましたが、ADHDグレーゾーンのこじらせと今の混乱そのまま出しの記事に書いたロールシャッハの結果で、光、色、音に敏感すぎるってありましたね・・・。でもそう分析されても、これまで私には自覚がなかったんですよ。うーん、「止めている」疑惑が深まりますw

 

そうだ、プリミ恥部さんと、はっしーさんに私が感じる共通点、は、「止めてない」ってこと。

 

その止めてない感じ、制限しない感じに、大いに触発されました。

 

Feeling Aroma

 

comments: -