sakura-blossom
<< はっしーさんの衝撃と「止めている」疑惑 | main | やっぱり低血糖症でした。 >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

パステルと曼荼羅

書きたいことがたくさんある!のですが、いろんなことが同時進行しすぎて、追いつかずにいます。低血糖と栄養の話、ヘリオセントリック占星術の話、はっしーさんワークのその後、アロマの話、、、、、少しずつ出していきます!

 

今日は、絵の話。

2017.05.02 ​自分のために「情報」を汲み上げる方法

2017.05.10​ クリエイティビティのブレークスルーが起こるまで

 

あたりの続きです。

 

これまでに書いたのは、自分の潜在意識とつながる方法として、知りたいことを意図して「絵を描いてみる」っていうのがごっつ役立つ!ということでした。

 

そして、そのとき、描きたいもののイメージが浮かんでいる必要はまったくないってこと!!!それは、描いてるうちに自然に紙の上に表れるから。仮に目を閉じて適当に描いたとしても、そこに、私の今の状態は表れるんだから。

 

自分について知りたいなら、キネシオロジーよりも、カードリーディングするよりも、文章書くよりも、絵を描く方がずっとダイレクトに「分かる」のです。

 

最近、アーティストの安達ロベルトさんがブログでリニア脳と非リニア脳という記事を書かれているのをたまたま目にしたのですが、まさにそういうことだと思います。3次元、4次元、、、多次元のことを表現するのに、文章だと、狭まってしまうんだと思います。そのリニアさを少しでも緩和する方法として作られたのがマインドマップなのでしょうね、、、と、どんどん話がずれていきますね(汗

 

そういうわけで、元々、イメージは浮かばないし、絵を描きたいなんて思ったこともなかった私が、最近、何か自分について知りたいことがあるたびに、絵を描いています。

 

たくさん描くようになると、画材に目が向いてきました。

 

リアンさんの直観アートのコースでは、最初は、水溶性のクレヨン(カランダッシュ ネオカラーII)から入るんですね。手軽さ、気負いなさという意味では確かにベストなツールで、この1年間はほとんどこのクレヨンで描いていたんですが、カリキュラムが進むにつれて、画材の指定がなくなります。

 

最初の時点では、絵の描き方そのものにとらわれずに、絵とのコミュニケーションを純粋に楽しめるよう、使うツールややり方に少しの制約を設けていてくれたんだと思います。子どもの頃、絵が嫌いだった人だと、水彩絵の具に拒否反応を示す人もいるでしょうし。

 

もともと好きで絵を描いている人には、もしかしたらその縛りがストレスになるかもしれませんが、私は、この縛りがあったからこそ、始められたんだなぁ、としみじみ思います。

 

苦手なことでも、範囲ややり方を限定してもらえれば「始められる」のですね!

 

最近になって、やっと、描きたい欲求が自然に出てきた結果、自分にとって気持ちを「乗せやすい」画材ってなんだろう?といろいろ試して、パステルに行き着きました。

 

で、パステルにもいろいろある!と。

 

これが、ホルベイン ソフトパステルで描いたもの。少しクレヨンも使っているのと、後から道の色を強引に変えたくなって、メタリック顔彩をべたっと重ねてます(超適当www でもコミュニケーションを取れているからいいのです!笑)

Kinesiology and me

 

で、最近ホルベイン パンパステルで描いたのはこんな感じです。

佑海さんが持ってるのを使わせてもらって以来、忘れられなかったパンパステル♪♪♪とうとう買いました!

 

Live Love

 

とにかく、色が全然違う!!!(画像化することで違いが分かりにくくなっていますが、実物は発色と透明感がかなり違います)

 

もちろん、こうなってるのは、私に画材の知識や使いこなす技術がないからなんですよ。

 

でも、今の私がやりたいことは、うまい絵や美しい絵を描くことではなくて、ワタシのそのときの潜在意識がダイレクトに表れやすい、乗りやすいというところなので、パンパステル、今、とても気に入っています。

 

もっとパステルを使いこなせたら、もっと自由に描けるんだろうなぁ、ついでに神聖幾何学図形も描けたらいいなぁ♡と検索していたら、なんと、同じ姪の浜でパステルで描く神聖幾何学図形&生命の樹を教えていらっしゃる方を発見!!!

 

福岡・全国Skype パステルアート 宇宙とつながる神聖幾何学模様&生命の樹

 

最近、我が家にお越しいただき、基礎講座をしていただきました。いずれはフィボナッチらせんを描きたい!というのが目標なのですが、まずは曼荼羅(マンダラ)から。

 

これが、まゆさんに手法を教えていただきながら、初めて描いたパステル曼荼羅

My first pastel mandara art

 

これが2枚目

My second pastel mandara art

 

初めてでこれって、すごくないですか♡(自画自賛)

 

ちゃんとコツを教えていただくと、初めてでもこんなに綺麗に描けるのか!!!という感動♪♪♪


「れー夢式」という手法だそうなのですが、本当によく考えられている、と感動しました。


何がすごいかというと、制約と自由度のバランスの絶妙さです。

 

さっき、苦手なことでも、範囲ややり方を限定してもらえれば「始められる」と書いたけど、まさにそのためのシステムが完成されている、と感じました。

 

というのは、(この基礎講座の時点では)紙の大きさは決まっているし、円を何等分で描くか、というのも決まっているのですね。↑の1枚目は8等分、2枚目は16等分で描いています。

 

でも、それ以外は自由!!!!

 

どんな色を使ってもいいし(濁りやすい色の組み合わせとかは教えてもらえます)、パターンも、既成のもので描いているのかと思ったら、それが自由に作れるんですよ!!!!!

 

最初から、自分の好きなようなカタチで好きなように描けます。決まったお手本があって、ただ真似するだけとかではないんです。しかもそれが結構簡単に、すごく特別な道具を使うわけでもなく、できるように工夫されているのです。


最初の時点では、特に完成時のイメージがなくて大丈夫で(というか逆に完成イメージがあっても変わっていってしまうはず)、できあがってみて感じる「こうなったか!!!」という意外性と感動は、まさに直観アートのそれでした。

 

まゆさんも、さまざまなスピ分野の変遷を経てようやく「これだーーー!」とたどりついたのがパステルアートの世界だそうで、使命を見つけた方のワクワク感に触れられ、嬉しい時間でした。

 

まゆさんのブログ:

福岡・全国Skype パステルアート 宇宙とつながる神聖幾何学模様&生命の樹

 

まゆさんの曼荼羅アートの講座のご案内:

れー夢式曼荼羅アート 基礎・応用・発展(フラワーオブライフ)他

 

※ちなみに、1枚目がヌーベル カレーパステル、2枚目がパンパステル。「れー夢式」では基本カレーパステルを使用するそうで、ハードパステルでも、ちゃんと粉にすればこんなに綺麗にふわっと描けるのね!という発見が^^

 

そうそう、パステルで神聖幾何学!というところから興味をもったのに、まゆさんが最初に曼荼羅から教えてくださったおかげで、今では、曼荼羅の奥深さに興味を持ち始めています。最近のプチマイブームだったユングと、まさかマンダラでもつながるとはー!

comments: -