sakura-blossom
<< ハートのスピリチュアルカウンセラー養成講座 (2) 初めての練習:スピリチュアルカウンセリングへの抵抗 | main | ハートのスピリチュアルカウンセラー養成講座 (4) 2回目の練習:感じたことを言ってみる >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

ハートのスピリチュアルカウンセラー養成講座 (3) 「自分をなくす」と「自分でいる」のせめぎ合い

(2) 初めての練習:スピリチュアルカウンセリングへの抵抗
の続きです。

練習を振り返ってみると、私の中で相殺し合うエネルギーが働いて、動けなくなったように感じました。

浮上してきたのは、「私が私でいる」のを許可していない自分です。

以前、キネシオロジーをやっていたとき、私は、自分の主観・私情が入らないように「自分をなくす」ように心がけていました。たぶん、そのように教わったわけじゃなくて、その方が私にとって自然だったからだと思います。子どもの頃の勉強もそうでしたし、今で言えば翻訳をするときも、集中すると「自分がやっているわけではない」感があります。「自分」が立ち退いたほうがいい結果が出るのです・・・。

でも、みちよさんのメソッドをやるには、正反対の態度が不可欠なのだと体感で分かりました。「自分でいて」「自分で感じる」のですね。視える視えないは置いておいて、自分で感じるってことが肝。そのために、相手にチューニングはするけれど、軸としての自分は立ち退いていなくて、ちゃんと真ん中にいるのです。

以前からの自分の(いい結果を出すには)「自分をなくす」という思い込みと、みちよさんの教える、私にとって慣れない「自分でいる」という相反する態度を同時に心がけた結果が、ボロボロなモニターカウンセリングでもあったし、また、講座でのアウェイ感でもあったのだと思います。

でも、この経験を経て、やっと、ここでいうカウンセリングとは何なのか、何を提供することになっているのか(提供できませんでしたが・・・)、ゲームのルールみたいなものを体当たりで、おぼろげながら、理解することができました。

何をするのかも分からない状態からは脱した。そして、「自分でいる」ことが肝だということを理解した私は、もう一度、練習をしてみることにしました。

>>> (4) 2回目の練習:感じたことを言ってみるに続く
 
comments: comments(0)
 

Comment