sakura-blossom
<< パステルと曼荼羅 (2) | main | 外からの「情報」は答え合わせ >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

チューニングの変化

大きい変化が起こっているときほど書かない、というよりも、書いてる場合じゃなくなるって感じですね。

 

また少し間があいてしまったので、余計、一体どこから書けばいいのか、、、

でも、「出す」必要性は、あいかわらず感じています。

 

とりあえず、生命の樹の22日間のワーク、始めます!と書いた件は、やっています。でも、前の記事に書いた生命の樹の本にあるワークというよりは、マルセイユタロットのパスワーク&お絵描きになってしまっていますwww

 

っていうのは、生命の樹に馴染んだら、急にマツキヨさん(松村 潔さん)の本がアタマに入ってくるようになった!!!んです!!!

 

マツキヨさんの本はこれまで、何冊も積ん読にしていて、パスワークの本もその中の一冊でした。

 

それが、ワークの初日、久しぶりに手に取ったら、すごく「分かる」ではないですか。完全に分かるとはいいません。でも、頭に入ってくる!!!これまでは、何か分厚い膜を通して読んでいるようだったのに、ちゃんと入ってくる!

 

おそらく、マツキヨさんが分かりやすくするために引き合いに出しているはずの図形(生命の樹など)に、私が拒否反応を起こしていたから、頭に入らなかったんでしょうね。。。

 

しかも、この本には、マツキヨさんが吹き込んだパスワーク用の音源(誘導瞑想&バイノーラルビート)もついていて、それが素晴らしい〜!そこからの気づきも一杯あるのですが、そこを書きはじめると終わらないのでやめておきます。

 

そんなわけで、この1週間は、毎日1枚、タロットのパスワークをして、絵を描いていました。

 

曼荼羅ではないけれど、まゆさんに教わったパステルの技法もどんどん試してます。画像アップもしたいけど、PCに読み込むのが追いつかないのでそれはまたいずれ。

 

で、毎日マツキヨさんの声を聞いていたせいか、マツキヨさんの別の本も読めるようになっていることに今日気づきました!嬉しい!

 

そして、つながっているような、そうでないような、でも私にとって大きい、今週起こったもうひとつの事件。

 

 

この本の著者本人朗読のオーディオブック、何年も前に買い、その間、何度聞き始めても、まったくアタマに入ってこなかった(意味のある言葉として認識できない、なんだかムニョムニョ言ってるだけに聞こえる、言葉として認識できたとしても今度は訛りが気になってしょうがない(汗)、眠くなる、止めたくなる)のに、、、たった数か月前にも聞こうとしてみて、ムリだったのに、数日前から、急に、スーッと入ってくるようになってました。

 

まだ初めのほうだけしか聞いてないけれど、、、、もう感動モノですよ!どうして、これが「分からなかった」のか不思議なくらい、すーっと心に入ってきます。

 

聞ける、読める範囲が一気に増えた、1週間でした。

 

なんだか、脳のチューニングが変わったような感じです。

comments: comments(0)
 

Comment