sakura-blossom
<< 俯瞰的視点とヘリオセントリックな占星術と「らせん」 | main | 最近の糖質制限状況と『カロリー制限の大罪』 >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

願望というもの

これを書くぞ!って思うところまでなかなかアイデアがまとまらなくて、それを待っていると、どんどん通り過ぎてわけわからなくなるので。

 

なので、今日は、ちょっと趣向を変えて、まとめることは放棄して、ただ「今」を外に出すだけの書き方をしてみようかな、と。

 

30分のタイマーをかけました。

 

昨日はとても嬉しいことがありました。まさに「願いが叶った!」というやつ。

 

これは先日スピリチュアル美容師えりさんといった神社でお願いまでしていたような大きいやつなので(あ、私は神社でほとんど「お願い」することがありません、だってそんなに願うことがないので(汗))近々お礼にいってこなくては。

 

そういえば、「願い」とか「欲」とか「願望」とか「お金」について最近興味があります。

 

生命の樹の本のことは「マインドマップと(カバラの)生命の樹(22日間のワーク、始めます!)」の記事にちょこっと書きました。

 

で、この本、

正直なところ、筆者というよりは、主に編集の方との相性が合わないんだと思うのですが、(これを読んだ時点では)どうにもこうにも「合わない」本でした。なぜそこをそう書く!なぜこういう構成にした!となってしまうw

 

こんなことを書くと非難しているように思われるかもしれませんが(だから、私はこういうことをブログに普段は書きませんが)、あんなに素晴らしい『ニューアース』の朗読が全然聞けなかった件もありますから、この違和感も、「今、私がそういう状態だ」、ということを示しているだけと受け取っていただければと。

 

わたしが合わなかった理由は、これから書くように、たぶん少数派の観点なので、合う人には合う本だと思いますよ!

 

私が最近書いた記事の中で、私が特に気に入っているのは「「やりたいこと」神格化現象の中で」です。やりたいことがない、無気力なあの感じを、よくこめることができたと自画自賛しているのですが、これに対する答えを、まだ書ききった気がしていません。先日書いた続きは、自分の中で満足できていません(それが最近の問いのひとつでもあります。もうあの状態から脱してしまったので、完全に忘れてしまう前に、つながりがあるうちに、どうやって脱したか、あれは何だったのかなどをまとめたい・・・)。

 

で、↑の生命の樹のワークブックは、そういう「やりたいことのなさ」に悩む人の思考回路とは対極にある視点から書かれている(ように私には思える)んですね。

 

この本の要旨をざっくり言うと、筆者は、「引き寄せ」がうまくできるようになるためには、まず「受け取る」ことができる必要があって、「受け取る」チカラを育む不思議な力が、生命の樹にはありますよ、ということを言いたいのだと思います。なので、そもそも、「引き寄せ」たいと思っていない人への配慮がないですw

 

という形で、わたしの中に違和感が意識されたことで、わたしが、内心、「引き寄せ」を嫌っていることが浮上してきました。

 

いわゆる、ブロック的なものですね。

 

というよりも、「欲」「ほしい」的なものの扱いが苦手?まさしく第二チャクラマターですねw

 

これまで本気で願ったことは大体叶ってきたので(叶った願いは、叶う前からそうなる予感がしていて、ほんとにそうなったらめっちゃいいよね〜、わあ、なった!って感じなので、「引き寄せ」と言えるかどうかは?)、わざわざそんなに叶えたい、とかほしい、と思う気持ちが分からん、という感じだったのですが、、、、

 

もしかして、今から未来にいたる流れの中で自然に浮上してくるイメージ、とは違う、「今」とは接点がないように思える「願望」を普通は願うものなのか!!!?という。

 

そのあたりが、結構、わたしにとって、最近の新発見なのだと思います。

 

で、今回、それをあえて「やってみた」、そして叶ったんですね。というのは、昨日叶ったのは、↑の本が届いてすぐに描いてみた生命の樹に書き込んだ「願い事」だったから。22日間のワークは新月前夜から始めるようになっていて、それはまた別のことをやっているのですが(今ちょっと中断中><)、本を読んだ直後にとりあえず作ってみた願望の生命の樹が、叶ったわけです(でも、正直、叶うイメージはそもそもありましたがw)。

 

ちょっと、言いたいところまでいけてない(なんだか、私が、何でも叶って何不自由ない生活しているような人になってしまっている・・・そうじゃなかった!(そうだと思いたかったけど!)そこをほんとは書きたい〜)のですが、30分経ったので切ります!

 

今日たまたまみつけた、森の中にいるとしか思えない動画。

comments: comments(0)
 

Comment