sakura-blossom
<< 最近の糖質制限状況と『カロリー制限の大罪』 | main | 

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

見えない怒りと無気力

大嶋さんがまたやってくれました!

 

大嶋さん、どんどん人気者になられて、最近立て続けに出版されていますね。この本はおとつい発売の最新刊。

最近は出版社主導になっているからか、どんどん読みやすく、洗練されていっていますね。

 

で、この本、今、最初の数十ページ読んだ(というよりもざっと流した)だけの段階なのですが、「すげ〜!」(大嶋さん風に!)という発見が起こって、とりあえずそこだけ書いておこうかな、と(だって本当は今、本読んでる場合でも、ブログ書いている場合でもない・・・(汗))。

 

この本も、タイトルが中身と合ってないように感じます。大嶋さんじゃなかったら、わたし、このタイトルの本ゼッタイ買わなかった!!!

 

あんまりイライラしないしね。怒りやすくもない、と思います。

 

何かに怒っている人の話を聞いても、「へえ、そういうことで怒りがわくのか〜」とか「えーそんなことで怒るの?」って思っていることが多いので、自分は「怒りにくい」という認識。

 

でもね、何年も前、みちよさんに、「「無気力感」も「生きづらさ」も、「人間として生きる」と決めれば解決する。怒りはエネルギー源だから、怒りを感じれるようになれば、喜びももっと感じられるようになり、生きる気力もわいてくる。」と言われていたんですよね。

 

ご興味がある方は、ちょっと黒歴史入っていて本当はあまり読んでいただきたくないのですが、、、2015年にみちよさんのスピリチュアルカウンセラー講座を受けたときのレポをどうぞ・・・・・・→ ハートのスピリチュアルカウンセラー養成講座 (1) アウェイ感と怒り (2017年の講座の募集が最近開始、、、と思ったら、もう満員お礼ですね!)

 

この頃は、必死に怒りのありかを探ってね、いやーひどかった(自分がってことですよwww)

 

そういうわけで、この頃にくらべれば私も「人間」ですけど、今でも、私は「怒りっぽくない人」のカテゴリーに入ると自認していたので、「ちいさなことにイライラしなくなる本」は、タイトルだけだったらまず手に取らないですよ。

 

(タイトル語るだけでこんなに長くなってしまった・・・)

 

えっと、要は、私は怒ってたのか!!!ということに気づきました。最初の数十ページで。何の辛いことも、感情の噴出も何もなく。淡々と。

 

怒りが見つかったというよりも、自分の中での「怒り」の定義が覆されたって感じですね。

 

あーーーー、これも「怒り」、あれも「怒り」、わたし怒ってたのか!!!っていう。ただ、怒り表出の仕方が、テンプレ的じゃなかっただけで、わたしなりの「怒り」はいっぱいあったんだなぁ、って。

 

もしかして、無気力タイプの方は、このタイプにあてはまることがあるかもしれないので、この本は、怒りやイライラを自覚していない人、「私、怒ることってほとんどないんです」とか、「怒ることってあるんですか?」とか言われるような人に、むしろ読んでほしいです!!!

 

(でも、まだ最初の数十ページしか読んでないんだった・・・読み終わって考えが変わったらごめんなさい)

 

「怒り発見器」が「すげ〜!」ですw

 

脳血流の画像では、温度が高い部位が赤く表示されます。その患者さん(怒りっぽい人:引用者補足)の場合、怒りを感じる部位から指を動かす部位までが真っ赤になっていました。つまり「怒っていると指を動かす部位が影響を受ける」ということがわかったのです。

ちいさなことにイライラしなくなる本 p56

 

へえ〜って感じではありませんか?

 

「怒り発見器」を利用して、自分としばし対話。

 

なんか、怒ってる。

 

何に怒ってるん?とどんどん聞いていったら、(他にもいろいろあるけど)何より自分に対して怒ってるんですよね。

 

NOって言ってる自分に対して怒ってる。

 

え!?わたし、結構イエスって言ってる人なのでは?(←自己認識・・・)

 

映画の「イエスマン」とか好きだし、V. E. フランクルの「それでも人生にイエスと言う」とか名著だと思うんですけど!

 

いやー、いつもノーって言ってる、らしい。

 

で、よーく、自分の毎瞬毎瞬の行動を分解して見てみると、ものすごーく微細なノーを繰り返してるっていうことが分かったんです。

 

「洗ってない皿が目に入る」→「洗わなきゃな」→「めんどくさいから今はやだー」(ノー)

 

いちいち書くのは難しいですけど、仕事を含むすべてに対してですね「めんどくさいから今はやだー」と言いまくってるんです!

 

それが「無気力」の日常!

 

人から明示的にリクエストされたことについては、なるべくイエスと言うようにしていたし、ノーと言っている場合はノーと言ったことを自覚していたのですが・・・・・

 

ただ生きているだけで、部屋にいるだけで、ほこりはたまるし、洗い物は出るし・・・・・・それがぜーんぶ「めんどくさいから今はやだー」のネタになっていて、その膨大なノーはほとんど自覚されてなかったんですね〜。ただ、そのノーの結果放置された部屋を見ては、「あ〜、家事できない私ダメだな〜」という自己否定のネタにはなるものの。

 

でも、その毎瞬毎瞬の心の動きを自覚してみると、なんと。

 

片方にノーと言っている、ということは、別のことにイエスと言っているはずだってことが見えてきます。

 

「めんどくさいから今はやだー(ノー)」、そうじゃなくて「今は〜がしたい(イエス)」

 

わたしがノーといっているとき、私には「やりたいこと」があるのか〜!それを「やってる」んですね。

↑先日のやりたいことなんてなくていいにもつながります。

 

大概、このイエスはめっちゃくだらない、価値がないことに向かっていて、ノーはいいこと、価値があることに向かっています(自分の脳内ジャッジメントによる)。


つまり、私の脳内では「いいことだ」って持ち上げておきながら、同時にほぼ瞬殺で「ノー」を言う、さらには「だめなことだ」と落としておきながら、やっちゃうっていうwww、矛盾した両方の力が常時発生していると。

 

そりゃあ、疲れるし、怒りもわく(ひとつひとつは些細すぎて意識はされませんが、塵も積もれば・・・)。

 

つまり、今日の大きい発見としては2点です。

 

・外側からの要求には(意識的に)イエスと言うが、内側からの些細などうでもいいような要求には(ほとんど無意識で反射的に)ノーと言いまくっていた。毎瞬。

 

・ノーと言っているからには、イエスが存在する。イエスを否定しないで見れば、行動自体は変わっていないのに、「無」気力が「有」気力に!!!

 

(あれ?まとめで新たな発想が加わってるようなwww)

 

とりあえず今日はそんなところです!

 

昨日描いたフラワーオブライフ、まゆさんが記事にしてくださっています→古代をイメージするような味わい深さ|福岡・全国Skype パステルアート 宇宙とつながる神聖幾何学模様&生命の樹

どんどん色が濁っていって、本当に面白かったんだけど、それはまた後日〜^^

comments: comments(0)
 

Comment