sakura-blossom
<< 金科玉条にはまる | main | スピリチュアル美容院 >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

HSKキネシオロジーによる対人緊張の調整

ちょっと前の話になりますが、今から考えて、あれはひとつのターニングポイントだった!と思うのが、調布市の整体院HANDSでしてもらったHSKキネシオロジーによる対人緊張の調整です。
※HSKキネシオロジーは、筋反射を使うという点以外は、私がやるキネシオロジーとはまったく違います。身体的な問題と精神的な問題のどちらにでも働きかけることができて、その両方を同時に調整できるようです。
 
対人恐怖、対人緊張は、私にとって物心ついたころからの問題でした。もう何十年も、精神科・心療内科からスピリチュアルまで、いろいろな方法で取り組んだ結果、「対人緊張を問題と思う認識がなくなれば何も問題はない」つまり「対人緊張を治す必要はない」というところに行き着いて、最近は放置していました。

ですが、対人恐怖を問題だと思う意識がまったくなくなったわけではなく、何かきっかけがあるといろいろな形で浮上してきます。

私がHSKキネシのセッションを受けたのは、ちょうど、1回目のモニターカウンセリング練習をした数日後で、「あーーーやっぱり人とうまく話せなかった・・・・・・」という感情が浮上していたので、対人緊張に対しての調整をしてもらうことになったのでした。

面白かったのが、調整前は、「自分以外の人間」でOFF(ストレスを感じる)、「両親」もOFF、ここまでは想定内だけど、「自分」に対してもOFF、、、、、、自分を含む人間をイメージすると、とても重苦しい感じ(夫はON!さすが私に選ばれし人www)。

でもその反応は、1回目のモニターカウンセリング練習で浮上した問題、「自分でいることを拒否っている」ということそのまんまだったので、とても腑に落ちました。

調整自体は嘘みたいにあっという間だったんですが、「人間」についてイメージしたときの心の重苦しさやざわつきがかなり薄らいでいるのを感じました。

前に書いた「あ、私は今まで人間的な感情をないがしろにしてた!」という気づきから、ドミノ倒し的にさまざまな気づきがやってきて、現実も動き始めているのですが、そもそも、HSKキネシで「人間」に対する抵抗や「人間としての自分」に対する抵抗を弱めていなかったとしたら、あのような大きな心境の変化は起こっていなかった可能性がとても大きいと思うのです(いずれは起こってたでしょうけど、もっと時間がかかったはず)。

そして、スピリチュアルカウンセリングに抵抗があったと書いたのですが、それも、「人間」ごときに何か言われても聞きたくない!という気持ちがあったようで、以前よりもずっと素直に、人の意見に耳を傾けられるようになりました。

おそらく、これでもまだ根治ではなくて(根治っていう状態が存在するのかどうかもよく分かりませんが)、これまで何度もやってきたように、1枚ずつ薄皮をはいで身軽になっていくプロセスの中にいると思うのですが、その中でも結構分厚いやつを、HSKキネシは動かしてくれた気がします。

HANDSの園山先生は整体師でもあって、強力なエネルギーワークと身体的調整を同時に受けられるという点が、今私が求めているものとぴったりなのです。グラウンディング強化を目標に、しばらく通おうと思っています。

気功整体院HANDSはんず(最新情報が載っているけど、少し分かりづらい・・・)
気功整体院HANDSはんず(旧サイト)
キネシオロジー(HSK)による治療・セッション(旧サイトのHSKキネシオロジーの説明)

このカテゴリーの他の記事

comments: comments(0)
 

Comment