sakura-blossom
<< 生きていたくない人の隠れた願望 | main | どうせつながってるこの世界で >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

ちょこっとメニュー変更&なんでヒーリングやってるんだろう

ヒーリングのメニューを少し変更しました。

 

遠隔ヒーリングのフルセッションを、メニューから外しました。

一旦、遠隔ヒーリングは約45分のおまかせ(通話なし)のみにさせていただきます(少し時間を増やしました。45分はちょうど落ち着いてフィボナッチプロセスができる時間です)。

詳しくはメニューページをご覧ください。

 

わたしは聞く・話すが読む・書くより苦手なタイプで、特に電話 x 初対面はむずかしい・・・

克服がんばろうと思ってたんですが、そういうの一旦やめることにしました。

他の仕事ならまだしも、ヒーリングに関してわたしが「苦手なことをがんばって」も何もいいことはないな、と思いました。

 

今のメニュー、いずれ大きく変えることになる気がしていますが、まずは、できる限りシンプルにしてみます。


今、特に自発的に「ぜひヒーリングをやっていきたい!」という気持ちはなく、自発的な「やる気」でいえば、翻訳やWebのほうがずっと上ですし、実際、最近は翻訳ばっかりやってます(いやあ、長かった!ようやく「やる気」というものが私にも出てきたwww)。

 

その中で、じゃあ、なぜヒーリングをやめてないのか。

 

そのひとつの理由は、たぶん、やめよっかな、と思うたびに、やってて良かった!と心から思う方が来てくださるから、です。

 

そういうとき、私の方に「ヒーリングをやりたい」とか「癒そう」という気がないのが、どうもポイントのひとつになっているんじゃないか、と思うことがあります。

 

「ヒーリングを受けたい」ときって、何らかの「欲」があるわけです(たまにそうではない方もいらっしゃいますが)。

 

わたしは無欲だとばかり自分のことを思っていたけど(汗)、内実、ずっと欲まみれでした――もっといい自分になりたい、人に対する恐怖をなくしたい、流ちょうに話せるようになりたい、オープンになりたい、etc...――この一見キレイキレイした(?)、尽きることのない欲望!(笑)

 

「自分を変えよう」としているとき、、、、自分から離れているから、まずは自分に戻ろうよ、ということですが・・・・それには何か「ハッ」と我にかえるような刺激があればいいだけで、そのために音叉はかなり良いとは思いますが、、、別にヒーリングじゃなくていいんですよね。

 

むしろ現実最強かと・・・。

 

ほんとは、自分で、我にかえる方法を見つけていく旅なんだと思うのです。

 

うーん、やっぱり、なんで、私はヒーリングやってるんだろう?って思いますねw

 

ひとつ思うのは、わたしは「生きていたくない」とか、人に対する過敏さの問題を、分かってもらえなくて本当に辛かった、、、だから、それについて何かできることがあるのでは、という思いはあります。だから、こうやって結構アケスケに今を書いているのだと思います。わたしなりのスタンスを、今後1年くらいで見つけたいと思っています。

 

Shinseki

comments: -