sakura-blossom
<< 「自分なんていらない」と思っていた私のスピリチュアル失敗談・・・ | main | スピリチュアルと知性、そして依存 >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

タローデパリとの再会

アクセスバーズを受けた後、友人にタローデパリのモニターになってもらいました。

タローデパリとは、(伝統的なタロットのような「シンボル」ベースではなく)「イメージ」ベースの、新しい、自由なタロットです。

tarot de paris タローデパリ

私は創始者のフィリップさんから認定を受けた認定リーダーでもあるのですが、数年間、対面のセッションはお休みしていました。

いろいろ理由はあるのですが、やはり、ここ数日の記事に書いているように、人間としての自分を否定したままでは使いこなせないカードだったから、というのが大きいのだと思います。

カードは、驚くくらい忠実に、まるで鏡のように、引いた人の心を映し出します。

ここ最近、文章によるリーディングをさせていただいていて、質問文が短すぎたり、その短い中でもつじつまが合わなかったりして、質問者が聞きたいことのポイントが理解できず、人間えりこが「わかるはずない!」とさじを投げたときも、タローデパリを引きました。

カードが映すとおりに読み、私なりに感じたことをシェアすると、私が一生懸命状況を想像してリーディングしたときよりずっと喜ばれる・・・という経験を何度かしました。

タローデパリ、すごいわ!という再発見。

といっても、カードはただの鏡。

相談者が言葉にしていない部分も、カードは映します。でも、それを読むのは、人間としての私。以前は、人間としての自分を信頼していなかったから、感じたことを表現できず、うまく読めませんでした。

みちよさんの特訓を受けた今なら読めるのでは!?とふと思い立って、最近、近しい人に久々の対面セッションをやらせてもらったところ、意外と好評なのです。

自分でもやってみるまで分からなかったのですが、今の私がやる場合、タローデパリがメインではなくて、カウンセリングが主体になるのです(!)

たとえば、自分ではそこには何も問題がないと思っていて、そう口では言っているけれど 、何度カードを引いても、問題があることを示唆するイメージが出る、、、、、、そういう場合、顕在意識と潜在意識にギャップがある、もしくは、言葉にしていないけど引っかかっている思いがある、ということになります。

そのギャップを会話だけで埋めるのはとても大変なのですが、イメージを使うので、その方の潜在意識にスッと入って、次第に「あ、そういえば、、、」「実は、、、」とご自身で気づくのです。ご自身が気づいたら、あとはもうカウンセリング。

言葉だけでは顕在意識で跳ね返されてしまうところも、イメージを介すと、潜在意識にスッと入っていける・・・というのは大きな発見でした。

イメージは、無意識への扉を開くのですね。

そういうわけで、近々、タローデパリのセッションだけでも再開しようかな、と考えています。タローデパリのセッションというよりも、タローデパリを使った、今必要な気づきを得るためのカウンセリング、ですね。1時間7,000円くらい。目下の問題は場所です。

都内(山手線西側、できれば新宿〜京王線沿線)で、いいところが見つかるといいんだけど・・・。
 

このカテゴリーの他の記事

comments: comments(0)
 

Comment