sakura-blossom
<< 近況 | main | フィボナッチクラスの翻訳で参考になった資料 >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

フィボナッチクラスの翻訳のこと

ようやく、ようやく、スピリチュアル分野の翻訳が完了しました。

これ、実は、3月に私も参加予定のフィボナッチプロセスという音叉ヒーリングのクラスのテキストなんですね。

先日、のりこさんが私の翻訳について、とても褒めて書いてくださって、これは嬉しかった!
http://plaza.rakuten.co.jp/reikisolyluna/diary/201601160000/

「ここまで徹底しているとは」と驚かれたようなのですが、私が翻訳者として特に徹底している方かというと、たぶん、そうでもないというか。。。もっともっと細かい方たくさんいます。。。

ただ、私が普段やっているのは半導体やIT系の翻訳で、私は半導体の専門家でも何でもないので、「自分が知らないものを訳す」というのが当たり前なのです。自分が知らないものを、まるで知っている人が書いたかのように似せて書くという、そういう仕事なんですよね。

翻訳者として「意味を取り違えない」というのは最低限のことだとは思うけど、、、、、自分が知らないことだと、それが本当に難しい。だから、とことん調べるのです。単語の意味。フレーズのニュアンス。それはもしかして定型句なんじゃないか。背景情報。文法的にこうだからこういう意味には絶対ならない、とか。外堀から埋めていくと、だんだん、これしかない、という意味に狭まっていって、文と文の間もピタッとつながる、みたいな。

そうして突き止めた「原文の伝えている意味」を、理想的には100%、日本語に移し替えたいと思っているから、原文に間違いがあれば、当然気づきます。でも、翻訳者が取って付けたような知識で「あ、これは間違いに違いない!」と思っても、専門的な分野では「いえ、これはあえてそうしているのです」ということも結構あるので、やはり、翻訳者が間違い(だと思ったもの)を勝手に直すのはタブーだと思っています。

というわけで、普通のことだと思ってお送りしたコメント類を「徹底してる!」と評価していただけたのは嬉しい予想外でした。

↑に書いたプロセスで、どうしても突き止められなかった原文の意味をのりこさんに質問して、それに対して、のりこさんが直に答えてくださったり、ロンさんに聞いてくださったりと、そのプロセスもとてもとても充実していました。

あーそういう概念があるのか!これは原文だけではなかなか想像できなかったなぁ、、、という概念が前提になっていたりで(もちろん、分かる人には分かる、いや、筆者が想定している読者層には分かるはず、だからそう書いてあるのですが><)、同じ文章を読んで、受け取っている情報の深みはこれほどまでに違うのだなぁと。

私が「突き止めた!」と思っているところは全然浅くて、本当はもっと深い訳ができるんだと思う。

それでも、それでも。今は、私の力が及ぶところまでは出し切った〜!!!という充実感でいっぱいです。

今回、フィボナッチの翻訳をさせていただいたのは、本当にギフトだと思うのです。

ずっと、スピリチュアル分野の翻訳をしてみたいと思っていたものの、どこに応募すればいいのかもよくわからず。

今回、のりこさんからの翻訳のお仕事ができることになったのは、偶然のタイミングの重なりでした。

初スピリチュアル翻訳!しかものりこさん!と浮かれていたら、送られてきたモノの、ヒーリングクラスのテキスト、という言葉からイメージされるレベルをはるかに超えた、予想外の難しさとボリュームに圧倒され(笑)

どうしよう・・・ってなっていたタイミングで、MICAさんのセッションに行き、日本で音叉セラピーをなさっている坂元ひとみさんをご紹介いただき、とても参考になる資料を送っていただいたり。

さらに、翻訳が形になってきた後は、元編集者しかもフィボナッチのクラス参加者のふみかさんがチェック作業を快諾してくれて、また、すごい目のつけどころで、コメントをしてくれるのです。彼女が「ん?」となったところを、よーく見直してみると、誤訳が潜んでいる率が高い!

おかげで、私の訳文はこの数か月でかなり変わったかもしれない、、、というくらい貴重な、密度の濃い時間でした。

そういえば、ちょうど今回の件を翻訳することが決まった日、たまたま、調布のふとっしーのところでキネシオロジーのセッションを受けていて、その日のテーマではなかったのに、なぜか出てきた「私は翻訳者です」というフレーズに対する反応(OFFだった・・・確かに私は翻訳という仕事を何度もやめようとしてる><)をONに調整してもらっていたのでした。

このフィボナッチの翻訳が終わった今、翻訳という仕事について、(今こう書いていること自体がそのひとつなのですが)ポジティブに語れるようになっていて、ふとっしーの調整も含めて、いろんな計らいの連続で今があるなぁ、とただただ感謝なのです。
comments: comments(2)
 
おめでとう!
お疲れ様!まあ、伊勢茶でも…
のり | 2016/01/25 08:32
のりさん、

伊勢茶ありがとー!
ズズーーーー/////
うまっ!

えりこ
えりこ | 2016/01/25 20:50

Comment