sakura-blossom
<< 愛着と手放すこと | main | どんなときに愛されてるって感じる? >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

「なんでも試してみたくなっちゃうんです」

私にしてはとても珍しい出ずっぱりの2日間が終わり、、、テンション高いうちに書いておこうかと。

昨日、2回目のスパルタ鍼灸院に行きました。鍼灸院の感想については、また後で書くかもなんだけど、これは、遅刻しそうになって乗った、行きのタクシーでの話。

フレンドリーなおばちゃん運転手が、「その鍼灸院いいの?」と聞いてきたので、簡単に説明したんですね。本来、舌は上顎についているものらしくて、、、でも私はそうなってなくて、それが身体の歪みの原因になってたりするらしくて、、、口に手を突っ込んで顎を広げてくれたりするんですよ!と。

「口に手を突っ込んで」って強調して言って、ちょっと笑ってもらえれば、くらいのサービス精神(?)のつもりだったんだけど・・・(そういう私の感覚は結構ズレてるらしい・・・たぶん、人とあまり会話をしてこなかったからだと思う。数をこなすしかないわ・・・)おばちゃんが急に真顔になって、「病院には行ったの?」って。「いやー、病気ではないんですよ」って言ったら、「騙されてない?大丈夫?」って、宗教にはまった芸能人の話に・・・・・・「だからね、病気でもないのに、そういうのには行かないほうがいいわよっ」

これまでの私だったら、勘違いの心配ウザッ!と内心思い(この時点で心のシャッター閉ざす)、顔ではにこにこして、口では「あー本当にそうですね!気をつけます!ありがとうございます」って、終わらせてたと思うのです(そして後からイライラ)。

でもきっと、そういうのが「嘘ついている」っていうことなんだなー、と。そう考えると、わたしは良かれと思って、いっぱい嘘をついて生きてる。良かれと思って、というのは、「調和」や「平和」って、そうやってつくるものだと本気で思ってたから>< でも、よそいきの「平和」を取り繕っても、結局後からイライラするんじゃ、まったく意味ないわ!

ちょっと勇気を出して「そーなんですよね。でも、私、つい、なんでも自分で試してみたくなっちゃうんですよ〜」と言ってみた。そうしたらおばちゃん「そうなのね〜。わかった。でも、もし危ないところだったら、お金払わずにすぐに出てくるのよ!あーもうおばちゃんがついていってあげたいくらいだわ!」そのとき到着してしまったので、心配してくれたことに感謝してタクシーを降りた。

本当は二度目なのに、どういうところか知っていて来ているのに、初めて行くかのように振る舞うっていう嘘はついた。でも、行きたいんだ、っていう自分の思いからズレないで、不快感に乗っ取られず、気分がいい「自分」のままでいられた。そして何より、心配してくれたことに感謝できたーーーーーーー!

お互いに赤の他人だからやりやすかったんだけど、母に対しても、こうできたらいいのにな、と思いました。

***

それにしても、「病気でもないのに、そういうのに行かないほうがいい」って、真っ当すぎてしびれた・・・。ある意味ね、私のスピリチュアリティに対する欲求(そうだ!これは欲だ!)って、整形手術にはまった人にも似てるな、と気づいたよ。

私はどうなりたいんだろうなぁと考えると、ただ「私でいたくない」んだと思う、いまだにね。私でいたくない、ここにいたくない、今にいたくない病。今、わたしがボディの調整に取り組む裏にも、まだ、まだ、そういう部分があるんだと思います。

それに気づいたうえで、でも、だからわたしはダメなんだよ、みたいに持っていくんじゃなくて、一瞬一瞬、自分を生きるってことなのかな。あ、自分を生きるって言うと、いまだに分からないけれど、「嘘をつかない」風に心がけることは、自分であることを肯定するのに役立つな、っていうのは、感じました。そして、『皮膚という「脳」 』にあったみたいに、触覚は五感の中でも嘘をつかないから、自分の体を触ることなのかな。

白か黒かじゃなくて、嘘っぽいときも本音っぽいときも全部自分なんだけど。全部ひっくるめて自分の一番コアなところと一緒にいれたらなー、(結構よくズレるけど)私はほんとはそっちを目指してるんだよ!という再確認。

なんだか今日書きたかったことは全然違うのだけど、書いているうちにめっちゃ寒くなってきたのでお風呂に入って寝ます・・・。
 
comments: comments(2)
 
大きな意味のあるはじめの一歩、おめでとう!

私も同じ頃に近いことあったよ。

業務指示を受けたときに分かりましたと言ってから
頭を整理する癖がついてたのね。
(言語能力の低さがばれる恐怖から。ある日はこっそり携帯で翻訳した...)

ところがその日は
「理解していません」と言えた。


お母さんに対しても言える日が来ると思う。
場数をこなして、練習あるのみ♪

---
福岡を舞台にした短編小説を見つけたので。
http://pirikara.jp/pc/
Akiko | 2016/02/13 18:25
Akikoさん、

おおおお、Akikoさんも大きな一歩!
嘘つかないと、言ったことが、ちゃんと自分の力になるのね。
練習してく!

短編小説の紹介もありがとう!
ホリエモンって福岡出身だったのか!
えりこ | 2016/02/14 05:00

Comment