sakura-blossom
<< これまでのこと (2) | main | 無防備であるほどに守られる >>

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

さらけ出す力

自分の「弱み」を100%受け入れて、それを人に見られてもOKと思えるなら、生きる苦しみの大半はなくなるだろう、って最近心から思います。

ブレネー・ブラウン「傷つく心の力」(Brene Brown: The power of vulnerability)

↑埋め込みプレーヤーがなぜか動作しないので、ページに飛びます

感情を選択的に麻痺させることはできない

上の動画で特に面白かったのが、
感情を選択的に麻痺させることはできない。
You cannot selectively numb emotion.
という研究結果。だから、
感じたくないからといってその感情を麻痺させていると、喜びも、感謝も、幸せも感じられなくなる。
When we numb those, we numb joy, we numb gratitude, we numb happiness.

恥ずかしさや傷つきなどのネガティブな感情はなるべく感じないで、ポジティブな感情だけは目一杯感じたい!ってのは成り立たない、というわけです。。。。。。

このあたり、私の長年の課題である無気力に関連する気がして、とても興味があるところでした。

辛いときも悲しいときも笑顔で元気に振る舞えば快活さが増すかと思っていたけれど、一向に快活になった気がしない(笑)のはそういうことだったのか、って。痛みを麻痺させると、どんどん感情自体が枯渇していく、というのは、経験上腑に落ちます。
 

恥は共感に勝てない

この動画の続編も、すごくよかったです。

ブレネー・ブラウン「恥について考えましょう」(Brene Brown: Listening to shame)

特に、恥の意識を解毒するのは共感(「私もです(Me too.)」という言葉)だという部分!

この部分は、モニカ・ルインスキーさんの「恥」に関するTED Talkにも、次の印象的な言葉で引用されていました。
恥は共感に勝てない。
Shame can't survive empathy.

弱みを隠すのは、それを自分にあってはならないものと切り離そうとし、自分のものとして共感しようとしていないからなのかもしれません。今度、ネガティブな感情がわき上がってきたら、とことん共感する、ということをやってみようと思います。
comments: comments(4)
 
恥は共感には勝てないっていい言葉だね。
わたしも、なかなかさらけ出せないけど、最強にさらけ出してる人のBlogはるね。
http://s.ameblo.jp/jj-haru/entry-11940237181.html
ふみぃ | 2015/06/05 08:46
子宮委員長はるさんだ!この人なのかーーーー!つい最近、別の友人にも(口頭で)薦められて、あとで検索しようと思ってそのままにしてた・・・

本当だね。この人すごいね。最強だね!

教えてもらった記事の、

「もう隠し事で傷つきたくないのなら、そもそも隠し事がないように、全てを公開する生き方はどうだろか??」

「この宇宙の法則は、
きっと無防備であるほどに
守られることに
なっているのだと思いました。」

とかね。いやもう、最強だね!
教えてくれてありがとう!
えり | 2015/06/05 13:01
以前の灰色だった頃の自分を思い出す。無感情だと色彩を失うみたいで。殻を破れた時、街の風景が鮮やかでびっくりしたのよ。葉っぱってこんなに緑だったんだー!て感動したの覚えてる。
みつよ | 2015/06/05 21:35
みつよさん、

灰色→カラフルに変化したんですね。わたしはそれが頻繁に入れ替わります。灰色のとき、カラフルのとき。彩度と一緒に、光量も大きく変わります。わたしの場合、心の「開き方」とリンクしているような気がしています。
えり | 2015/06/05 23:47

Comment