sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

わたしのための音叉ヒーリング入門

今日は、音叉がまったく初めての方に、音叉の使い方の基礎をお伝えしました。

(私の「ヒーリング」は、ヒーリングとは名前だけで、リクエスト次第で何でもありです。私が知ってること&キネシで読めることで、お手伝いできることがあれば、時間枠内で提供させていただく、というスタンスです。)

 

今日のレジュメのマインドマップ(今朝急いで描いたので、ブランチがいい加減ですね〜)。

音叉ヒーリング入門レジュメ・マインドマップ

 

 

 

わたし、今日の今日まで、これほどまで自分が「伝える」ことを楽しめるとは、思ってもみませんでした。。。

 

これまで、いろんなところで、わたしは「教える」のが向いていると、言われてきましたが、「絶対ありえない!」と思っていました。

 

でも、はっしーさんの自己認識ワークでたどりついた、私にとって大切な価値観のひとつが、「伝える」でした。

 

最近、スピリチュアル美容師えりさんと一緒にいった糸島の「神石(しんせき)」で湧いてきた言葉が、「叡智を伝える」でした。

 

その流れの中で降って湧いたような、まさにまさに、叡智を必要な方に伝えさせていただく役目。

 

私の中には何も「教える」ようなものはないけれど、あるテーマについて調べて、必要な部分を抜き出して、その方が分かりやすい言葉で「伝える」のは得意だし、楽しい!ということを、初めて体験させていただきました。

 

翻訳作業の半分以上が「調べること」なので、正直、私が得意中の得意とするところですね。訳すこと自体よりも調査の方が得意ですw

 

調べ、伝える楽しみを引き出していただけたこと、リクエストしてくださった方に心から感謝なのです!!!

 

※上のマインドマップの中には、いわゆる”叡智”に当たる部分はあまり含まれていません。純粋に、音が人を癒す仕組みと、音叉の使い方についてのみです。

 

以下、資料の備忘録です。

 

■サイマティクス

音を「聞く」ことは形を「見る」こと

 

■メトロノームの同期

 

■フィボナッチ数列とは(らせん)

 

■グラウンディングに使用するのに適した音叉(例)

Ohm Low Unison Set | Acutonics (私はこちらを使用していますが、現在、日本では一般購入不可能。周波数は68.05Hzで↑の音叉とかなり近いです。どちらも、「地球」の周波数です)

 

■両手がつかえて、高音が綺麗に出る音叉打ち付け具(アクティベーター)

打ち付け具(RFS研究所)

 

comments: comments(0)

いじめと発達障害

今、友人からシェアしてもらった、今日の大嶋さんのブログ記事の後半がとても素敵。

 

発達障害傾向にある人がなぜいじめられるのか(という言葉はもちろん、大嶋さんは使ってないですよ!)について。

 

嫉妬される基準とは? | 変われない人たち

(大嶋さんの記事は、↑の記事にもあるとおり、読者さんとの共同創造みたいな側面があって、一定期間経つとまとめて削除されるので、早めに見るのがオススメ)

 

***

 

最近、母がつけていてくれた幼少時の記録を読み返したんですね。

 

はっしーさんワークつながりで。

 

『脱・偽り人生 ~本気の自己認識ワークBook~』をやり終えた直後の感想

 

これ書いたときは、結構強引に終わらせたのでね、0歳〜3歳くらいのところはほぼ空欄にしてたんですよ。思い出せることがなくて。

 

そしたら、あの後、自己認識ワークを開始した友人が複数いたんですね。

 

その友人たちの言葉から私が受け取ったメッセージ・・・・・・幼少時を直視せよwwwwww

 

そのひとりは最近のワークショップに参加していて、「0〜5歳が肝」というはっしーさんの言葉をシェアしてくれ。

 

また、盟友ふみぃさんは、ワークのプロセスを詳細にブログに書いている、、、、、、

自分を知るのが大事(3) 自己認識ワークとの出会い/楽しかったことを思い出す

自己認識ワーク その1 / 実家に帰る / 記憶と現実の違い

自己認識ワークをおわって。ショック(1)

自己認識ワークをおわって。ショック(2) 努力ってエゴなの? 

 

その後押しもあって、私も、母が書いてくれていた幼少時の自分の記録と向き合いました。

 

とりあえず3歳までは「愛嬌があって、物怖じせず、人が大好きなえりこちゃん」であった(母の目にはそう見えていた)であることが明らかになりました。

 

その記録は、ちょうど、幼稚園に入っていじめられる直前で止まっていました。幼稚園3日目に泣いて帰ってきてから、気管支炎など病気を繰り返して数か月休み、数か月後に初めて登園したところで終わり。

 

そこからが知りたかったんだけどなぁ・・・・・・

 

そこと向き合うつもりで、エイヤッと開けたので、ちょっと拍子抜け。

 

「こんなに、幼稚園が始まるのを今か今かと心待ちにしていた子が、どうして幼稚園で先生や子どもにいじめられたんだろうね?」

 

夫とその話をこないだしていて、夫は「嫉妬」だって言ったんですね(彼は直感的にそういうことが分かる人)。

 

へー、と思っていて、そのあたりの気づきはそこで止まっていたのですが、今日、つながりました。

 

いじめられたことがあり、発達障害傾向を自覚する方には、大嶋さんのこの記事(の後半)、とてもオススメです。

嫉妬される基準とは? | 変われない人たち

 

ハンディキャップがあるってことは、マイナスの分だけ、他のところで突出した能力がある、、、、、、

ギフトとハンディはうらおもてなんですよね。

 

だから、分かりやすいハンディを持っていると、ハンディをつぶそう、もしくは隠そう、もしくは変えよう、って頑張るじゃないですか、私もずっとそうしてきたんですけど、最近は、ようやく、ハンディがあるままに、ギフトを使うことに専念する方向で、いますね。

 

そうなるのに、これだけ時間がかかった理由は、やはり、幼少時にいじめられたのが「個人的には」あったと思うのです。

 

――   ギフトを出したら、つぶされる

 

あー、これは、嫉妬ですね、たしかにwww

 

で、書いておいてなんですが、この、「いじめられたから自分が出せなかった」というのは単なる意味づけ、ドラマで、あんまり固執するところじゃないですね。

 

今、全世界の流れがそうなっているんだと思います。

 

その流れの一端をみんなが、担っているんだと思います。

comments: comments(0)

マインドマップと(カバラの)生命の樹(22日間のワーク、始めます!)

※さっきはあわてていて、編集したはずのものが消えたりしているものをアップロードしていたようだったので、後から大幅に書き直し、タイトルも変えました。

 

棚ぼたの日々。。。棚からぼた餅が落ちてきて、ぼた餅を食べていると、また別のものが落ちてきて拾う、すると、、、みたいな。

それが、あれこれ同時多発的に起こって、複雑に絡み合ってるんですね。もう、どんどんつながる。

 

すべて書くのはムリがありますが、今はちょっと情報が飽和気味で、出したい(ガス抜きしたい)気分です。

 

起こっていることはすべてが絡み合っていて、切り取り方によって全然ちがう話になるっていうことを先に書いておきますね。先に書いているから先に起こったわけではないです。便宜上、直線化しないと文章にならないので、そういう話の流れにしているだけです。

 

***

 

ここ数年は普通のノート(ページの最初から最後に向かって直線的に文章を書く)に戻っていたのですが、最近また、マインドマップをよく書くようになっていました。

 

マインドマップってこういうやつです(Flickrで適当に検索してきた画像)

マインドマップ

 

マインドマップは中心にテーマを表すイラストを描き、そこから放射状に木の枝(ブランチ)を伸ばしていきます。​詳しい説明はWikipediaなどで。これはパソコンのソフトを使って描いてあるけど、私はもっぱら手描きです。

 

 

 

話は変わりますが、先日、​パステルと曼荼羅の記事で書いたパステルの先生、まゆさんは、生命の樹カウンセラーでもあって、そこから(そのあたりの経緯も面白いのですが省略してw)、カバラの「生命の樹」と出会いました。

 

カバラの生命の樹はこういうのです。

Tree of Life Kabbalah

 

最初、この本を読んだとき、あまりピンと来なかったんですが。

 

昨日偶然、別のことを調べていて知ったのは、カバラの生命の樹の図は、木としては、天地が逆の「さかさまの木」らしい!ということ。天が根っこ!地が葉っぱ!

 

ロバート・フラッドの「生命の樹」

ロバート・フラッドの「生命の樹」

 

今朝、マインドマップを眺めていて思ったんですが、マインドマップもまさに世界樹だなぁと。生命の樹と、、、似てる!!!

 

マインドマップのセントラルイメージは生命の樹の根っこの部分みたいだし、生命の樹はまるで1ブランチのみのマインドマップみたい。

 

ああ!カバラの生命の樹は、全体の構成、つまりブランチや分岐点が(覚醒のために!?)すでに最適化されている、一種のマインドマップだ!と考えると、私にはものすごくしっくりきました。

 

(どちらも「意識の地図」ですし。)

 

もともと、タロットのパスワークつながりで、ちらっと図を見たことがあるくらいで、全部の丸(スフィア)だけでも覚えきれないのに、なんでそれをつなぐ線の方が大アルカナやねん!!!などと思っていたのですが、マインドマップで考えれば、マインドマップにはブランチしかない、分岐点には名前もつかないし意識もしないわけで、大切なのは、むしろ、線のほうなのですね。

 

それは、「木」のイメージで考えれば、至極当たり前のことでした。幹や枝が途中で折れてるのに、その先の枝もしくは花や実だけあるって、ありえないですからw

 

マインドマップを習ったとき(山口佐貴子さんから。素晴らしい講習でした)、枝は書いちゃったけど、書くことが思いつかないから空欄にしとこう、っていうのはNGだと教わりました。枝を伸ばしたからには、必ず、潜在意識的にはそこに何かあるので、徹底的に探れば出てくると。

 

「生命の樹のワーク」はそういうことをやるのかもしれない、とおぼろげながら思っています。

 

つまり、普通、「見えない」ものは目指せないんだけど(普通に自由にかくマインドマップは、今見えている部分だけのマップ)、生命の樹の枠組みを活用することで、見えてないけど、ここに何かあるはず!として、視野に入れる、扱えるようにする。。。

 

で、強引に、何かあるはず、と思い、あるつもりで過ごしていると、あるとき「ハッ!」とつながったりするのでは。

 

つまり、枠組みを借りることで、今の自分よりも上の次元の自分で見る視点を手に入れられる、、、のかもしれません。

 

まわりまわって、さっきの本のワークはかなり良いかもしれない、と気づきました(汗)

 

というわけで、今日(新月前夜)から、↓の本にある生命の樹の22日間ワークを開始します。

 

comments: comments(0)

「見えない」ものは目指せない

『脱・偽り人生 ~本気の自己認識ワークBook~』をやり終えた直後の感想からの流れの「今」のシェア、取り急ぎ、です。

 

最近始めた無料講座のこれが、すっごくいい!!!です。

ビジネスコアプログラムメール講座

 

秦 由佳(ハタユカ)さんという、とっても魅力的な文章を書かれる方がやっているもの。本講座は有料だけど、このメール講座は無料。


こういうのって、どうせ有料講座への誘導・宣伝目的で、内容薄いやつでしょ、、、と、実はあまり期待していなかったのですが(ハタユカさんが出すものだから、変なものではないだろうという信頼はありつつ)予想のはるか上を行く、本格的な講座でした。普通に、本になってもいいくらいのレベルだと思います。

 

この講座のテーマである仕事&お金って、自分が自分をどう認識しているかがそのまま表れるところなので・・・・・・私にとって、(はっしーさんの)自己認識ワークの続きが始まった!みたいな感じで、とってもタイムリーなのです!

 

まだ2日目なんですけどね。

 

今までずっと、分かりたいけど、分かれない、アタマでは分かるけど、自分のこととしては認識できなかった「今を感じる」っていう感覚が、1日目のワークだけで、体感として腑に落ちました・・・・・・(完全に自分のモノにしたかというと、それはまだ余地があることは分かっているんですが、自分の中では0→1的な変化!)。

 

ただ、これもタイミングで、はっしーさんのワークをやっていなければ、今回のワーク、腑に落ちなかったかもしれない、と思うのです。スルーしちゃったかも。

 

はっしーさんのワークでは、「過去」を見つめました。自分の闇も、醜いところも、痛かったところも、楽しかったことも、すべてを「見る」という作業をしました。

 

ハタユカさんのワークでは、「今」を見ます。「今」の自分の闇も、ダメなところも、苦手なところも、もちろん得意なところも、すべてを「見る」。そのためのワークになっています(まだ2日目なんで、この先は分かりませんが)。

 

「今」にいる、ってね、もう、耳にタコができるくらい、聞いてきたけれど、、、

どうすれば「今」にいられる、っていう方法論もいろいろ聞いてきたけど、、、

 

続かなかったし、自分のものになっていませんでした。

 

結局、「今」を「見る」感覚が分からない間は、そもそも「今」がどこにあるのかも「見えない」。だから、「今」にいなさいと言われても、真っ暗闇の中で「あっち」へ行け、と言われているようなもので、不安と焦りしか生まれなかったのは当然かもしれません。

 

「今」を見るには、まず、「ただ見る」練習が必要で、そのあたり、はっしーさんがパワフルだったなぁ、と思います。

 

もうひとつ、この「見る」というテーマについて大きなヒントになった別の人の講座(それも無料講座だわ・・・すごい時代になったものです)があるんですが、それはまた別の機会に!

 

 

Giant Kuroneko (black cat)

comments: -

えりさんのスピリチュアルカット@福岡

あっという間に1週間経ってしまったのですが!ちょうど1週間前まで、スピリチュアル美容師のえりさんが来福されていました。

 

今となっては、夢じゃないかと思ってしまうほど非現実的な、濃い時間でした。

具体的なことについては、えりさんがブログで詳細に書いてくださっているので省略しますw

 

福岡珍道中 〜飛行機に乗り遅れる〜

福岡珍道中 〜歓迎のあらし〜

福岡珍道中 〜これが私、という感覚〜

福岡珍道中 〜違和感を大切にすること〜

福岡珍道中 〜目的はなに?〜

福岡珍道中 〜嬉野(うれしの)物語〜

福岡珍道中 〜いろんな視点〜

 

特に予定をしっかりと決めていたわけではないのに、必要なところに行っては、必要なメッセージをもらい、必要な時間までには必要なところにいる、という宇宙タイミングな旅行でした(そう、今は福岡・九州が「ホーム」のはずだし、私は家以外に宿泊したわけでもないのに、まるで私も数日間異世界に旅行してきたかのような日々だった!)。

 

「これは宇宙の采配に違いない」と感じる場面、数え切れないほど。

 

「あんでるせん」で15人の団体キャンセルがあって少人数でゆったりショーを見れた(たぶん直前で予約できたのもそのせい)、みたいなラッキーが普通に起こりまくっていましたが、その中でも、私が一番印象的だったのは、↑の嬉野物語にえりさんが書かれている、女将さん直々の嬉野ツアーでの、神聖な時間。

 

そもそも、元のざっくりした予定では、この前日、長崎県のあんでるせんを出た後、佐賀県の嬉野の宿にえりさんを降ろしてそのままお別れするつもりでした。嬉野から空港までは直通の高速バスが走っているからです。

 

でも、流れで、最終日に空港に行く前に髪を切ろうということになり、移動時間を考えた結果、私がまた迎えに来ることに。私はその日中に提出するものがあって、帰らなければならなかったので・・・。

 

計画外でなければ、ありえない展開。もちろん、迎えに来る、と決めた時点では、女将さんが次の日の朝にツアーをしてくれるなんて思いもしなかったこと(誰にでもしているわけではなく、前日の夜、女将さんとえりさんが意気投合し、さらに、たまたま女将さんの予定が空いていたからこそ実現されたプライベートツアー。しかも、私、宿泊客じゃない)。

 

その日、きっと、えりさんは、ひとりであの宿に泊まる必要があって、夜、女将さんとふたりで蛍を見にいく流れだったのだな、と、女将さんに嬉野を丁寧に案内していただきながら、心から腑に落ちたのでした。

 

In Ureshino, Saga, Japan

女将さんが撮ってくださった写真はどれも、魔法がかかったみたいに美しかったです。これはその一枚。

 

えりさんと女将さんは、あのタイミングで、出会うべくして出会ったのかな、と思うと、私はえりさんを目的の地まで連れていくという役割を無事果たしたことになるのかな、と思いました。

 

そして、肝心の?”野良カット”も大成功!

 

スイッチが入ったえりさんはすごい!

 

限られた時間の中、強い海風をも味方につけて、あっという間に、私が「自由になれる」髪型を作ってくれました(えりさんのカットは基本お任せで、そのときの望みを聞いて、リーディングして髪型を作ってくれます)。

 

駐車して、海岸まで降りて、場所を決めて、切って、車に戻って、もう一度ゲートをくぐるまでが30分以内!(時間を計っていたわけではないのですが、30分無料の駐車場で0円通過♪)

 

その場では、太陽がまぶしすぎて、鏡もiPhoneのカメラしかなくて、何よりすぐに撤収して空港に向かわなければならなかったので、どんな仕上がりになったのかを見れなかったのですが、空港に無事到着してから見てみたら、本当に、あの短時間で切ってもらったとはとても思えない仕上がり。

 

主人にも後から見せたら大好評でした♡

 

カット中、手が疲れてやめるまで動画を撮っていたのですが、編集の腕がなく・・・

とりあえず、ということで、iPhoneのアプリで編集した短い動画がこちらです。

 

 

 

元々、私が運転するつもりはなかった空港までの道のり(福岡都市高速は、狭いし速いし分岐多いしで今の私にはまだキャパオーバー・・・)も、なぜか、「行ける!」との確信のもと運転し、えりさんにも次の分岐は右!などと協力してもらって連携プレーで、なんとか、無事に、時間どおりに到着することができました(3時までに着きたいと言っていて、着いて時計を見たら3時3分!)。久しぶりに、運転で膝がガクガクしたwww

 

そうそう、空港の立体駐車場に停めた後、先に車から降りたえりさんが「完璧に真っ直ぐ!」と。何かというと、駐車が私はなかなか真っ直ぐにできなくて、運転席から見て真っ直ぐなつもりでも、降りてみると、ごくごく微妙にどちらかに(大体は右に)ずれてるんです、とえりさんに話していたんですね。

 

それが、初の都市高速の疲れでぼーっとしつつ、何も考えずに停めたら、真っ直ぐだったんです!!!

 

あんでるせんのマスターの言葉「考えないで、すっと、とる」(えりさんの旅行記のこちらの記事 参照)を地で行きました。

 

余計なことを考えず、目の前に現れることをただ夢中でやっているだけで、、、(そのとき私には見えていなくても)大きな流れの中ですべて完璧なんだ!ということを、最後の最後まで、何度となく実体験させてもらえた、貴重な旅でした。

 

明日(もう日付変わって今日!)は夏至。大きな切り替わりの日です。

 

なんとなく、夏至の前に書いておきたくてまとめました^^;

comments: -