sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

俯瞰的視点とヘリオセントリックな占星術と「らせん」

わたしが今、もうひとつ興味があるのは「見る」ということ。

 

そのテーマ自体については、まだまとまっていないので、今は書かないけれど、「見る」からには、どこから見るのか、視点をどこに置くのか、がまず、最も重要ですね。同じものでも、どこから見るかによってまったく違うものになりますから。

 

それについて、わたしに大きなヒントを与えてくれた、もうひとつの無料講座がこれでした。

 

星と心がつながる講座 (by 森野御土日古(もりのおとひこ)さん)

 

従来の西洋占星術(地球中心=ジオセントリック)とは違う、太陽中心(ヘリオセントリック)の占星術の動画講座です。

 

まだ、受けている途中なんですけどね。

 

ジオセントリックからヘリオセントリックへ、ということは、視点としては、「地球中心」から「太陽中心」への移動です。

 

で、「太陽中心」といってイメージするのは、こういうモデルではありませんか。私はそうでした。

via GIPHY

 

でも、実際には、こういうふうに、らせん状に(!!!※)、太陽系ごと、銀河系を移動しているんだそうですよ(さらに、その銀河系自体も移動しているらしい)。

※縁あって使わせていただいているフィボナッチ音叉も「らせん状」の幾何学図形を音で描くものですから、私にとってはびっくりマークがつきます〜!

 

 

あまりに見事すぎるので真偽を疑ったわたし(思考優位ばんざい!(笑))はすぐにネットサーチし、この動画は正確ではない、との批判も確かにあったので、とりあえず、ブログに書くのは保留していました。

 

有名な批判ブログ:

Vortex motion: Viral video showing Sun’s motion through galaxy is wrong.

日本語訳もあります:

違う、太陽系は渦巻きではない [BAD ASTRONOMY翻訳記事]【勝手に修正版】

 

この批判のポイントは、大きく分けると2点。

 

・太陽が惑星を先導しているかのように、太陽が惑星よりも前方に出て銀河を回っているように描かれているのはおかしい

――実際のところ、ビデオによってはそうなっているものもあるけれど、そうなってないビデオもある。

 

・太陽を垂直に周回するように惑星が描かれているのはおかしい(実際の惑星の軌道は、90度ではなく60度で傾いている)

――ああ、それはそうかも。

 

でも、角度は違うかもしれないけど、太陽系が銀河を動いているのは事実だし、その軌道が「らせん状」なのも事実なのでは?私を含め、一般の人にはそこが新鮮だったのではー、というのが、その時点のわたしの感想。

 

(「helical」=「らせん」と「vortex」=「渦」をごっちゃにしているのも、専門家からのツッコミのもとになっていたらしいですね。らせんと渦とは、科学的な定義上はまったく違う現象だと・・・でも一般的な言葉のイメージとしては、らせん=渦巻きですよね〜わたしは厳密なところは分かりませんが)

 

でね、今調べて知ったんですが、なんと、先の動画の作者さんは、その批判にぜーんぶ答えているんです!

60°の件についてもちゃんと答えています(たしかに、どこから見るかだけの問題だ!)。

Solar System 2.0 & Science Friction | DjSadhu.com

 

そして、それを受けて作られたのがこの新しいビデオ。

 

 

本質的に、イメージは変わっていないですよね!

 

そういうわけで、わたしもアタマがカタイ一人としてこの一連の流れを説明しなくてはおさまらなかったのですが、そこが言いたかったわけではなく。

 

ん、で何が書きたかったんだっけ(笑)

 

そう、森野さんのおかげで、太陽系の新しいイメージを得ることができたってことです。

 

単に地球視点(見上げる)から太陽視点(見下ろす)になるだけでもすごく大きいんですよ。

 

そのあたりの視点移動については、最近、地球暦というものを買ったんです。

太陽系時空間地図 地球暦 HELIOCOMPASS(写真はお借りしました)

地球暦

 

これは、太陽系を「見下ろす」視点をイメージしやすくするツールなのだと思います。

 

でもね、これだけだと、一年経ったら、また同じところに戻ってくるような感じがするじゃないですか。

 

さっきの動画で見たように、太陽系そのものが宇宙が旅をしている存在で、今この一瞬、私たちがいるこの場所に、戻ってくることはもうない、、、進み続けている存在だと考えると、そしてその進みはらせん状なのだと考えると、地球、自分、そして今このときへのイメージが大きく変わりませんか。

 

そして、その宇宙レベルの視点の変化は、確実に、現実レベルにも影響を与えるのです。

 

外に見ることは、内に見ることだからです。

 

今、そのあたりを考えるのがマイブームです♪

 

※森野さんの星と心がつながる講座も、昨日書いたわたしの「惑星音叉の使い方を教えて!!!」という問いに対する答えのひとつと受け止めていて、今、森野さんの有料講座も受け始めたところです。

comments: comments(0)

外からの「情報」は答え合わせ

自分で考える

→こういうことか!と理解する・気づく

→それと同じことを本で読んだり、人から聞いて答え合わせする

 

っていう順序で起こることが、最近、多いです。

 

自分では、ずっと、逆の流れだとばかり思っていたのに。

本を読むことで、新しい発想を得て、自分なりにやってみて、考える、の順だと思っていたのに。

逆なんですね・・・

 

本や、人の言葉は、新しいことを学んだり、新しい境地に触れるためではなくて、自分でたどりついた理解の答え合わせ+αにつかう・・・そんなイメージです。

 

もしかしたら、私は特に、誰かに答えを教えてもらうんじゃなくて、体当たりで、実感して、自分でつかみ取りたい、という気持ちが強いタイプなのかもしれませんが、、、

 

この「流れ」について最初に「ん?」と思ったのは、はっしーさんの本のワークを最後までやったときだったと思います。

 

この記事を書いたときは、眠くてそこまで書き切れなかったんだけど、本当は、このとき、ワークそのものの成果以上に、印象的だったのは、そのほんの少し前に気づいて「やりたいことなんてなくていい」という記事にまとめたばかりのアイデア(やりたいことがない、っていうのは、「やりたいこと」を大きく捉えすぎていただけなのでは、という気づき)そのままが、あのワークブックの最後の方に書かれていたことでした。

 

最近では、​マインドマップと生命の樹って似てるよね〜♪という気づき(この記事参照)から、「生命の樹」に一気に親近感がわいて、気づいたらマツキヨさんの本が読めるようになったわけですが、マツキヨさんのパスワークの本(この記事参照)の後書きに、この本はマインドマップ(iMindMapというソフト)をつかって書いたと書いてあるではないですか。

 

これは別に、マインドマップと生命の樹との関係を言っているわけではないので、厳密にいえば違うんだけど、先の記事に書いたメッセージ(枠組みを使えば今見えてない領域を扱えるようになる)は、まさに、タロットのパスワークの発想でもあるということが分かりました(「何も道具がないと、偏ったところばかりを探索することになります。……今まで全く馴染んでいなかった、それがあることさえ知らなかったという「道」を、このパスワークの中で見つけ出すことができると思います。 「あなたの人生を変えるタロットパスワーク実践マニュアル」 p25)。

 

こうやって、現実レベルで見つけたり、再確認したりする、その「答え」なるものは、私の「問い」ありきで、返されてきているもの、という感覚があります。

 

自分が問うたもの――別の言葉でいえば、教えてほしいと願ったもの――について、タイムラグがあっても、答えがもたらされているようです。

 

そういう意味で、自分の発信が最初なのですね。

 

『A New Earth』の朗読が長い間、見事に馬耳東風だったのも、その時点では自分の中で対応する発信(問い)がまだなくて、キャッチできなかった、ということかもしれません。

 

わたしの発信も、複合的で、無意識なのもあって、おおもとの「問い」は自分でもこれとは言えないけれど、今今、降りてきているたくさんの答えは、具体的レベルでいえば、「この惑星音叉たちを使いこなせるようになりたいです!惑星音叉の使い方を教えてください!!!」と、惑星音叉を手にしたときに強く願ったことに、端を発している気がしています。

 

惑星音叉を手にしたのが4月30日。その間、約2か月(去年手にした惑星音叉は地球〜月までのみで、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星、キロンの周波数の音叉を手にしたのが2か月前)。

 

惑星音叉は、ただ鳴らすだけでもパワフルなんだけど、使いこなせばすごいことになる、と直感してるのです。まだ、今の時点では、使いこなせてはいないけれど、確実に惑星とお近づきになってきている実感があります。

 

マツキヨさんは、私にとって、星(だけじゃないなぁ・・・ほんとは)の叡智との仲立ちをしてくれる人のイメージなので、マツキヨさんの言葉が分かるようになったのは、第一段階として、とても嬉しいです。

 

他にも立てている「問い」や「願い」があります。

 

今、それについても同時に答えがきてて、それこそ、マツキヨさんの本に書いてあったりするんですよ!読めるようになって初めてそこにアクセスできるという。

 

本当に面白いです。

 

野河内渓谷(のごうちけいこく) / Nogouchi River Valley, Fukuoka, Japan

comments: comments(0)

チューニングの変化

大きい変化が起こっているときほど書かない、というよりも、書いてる場合じゃなくなるって感じですね。

 

また少し間があいてしまったので、余計、一体どこから書けばいいのか、、、

でも、「出す」必要性は、あいかわらず感じています。

 

とりあえず、生命の樹の22日間のワーク、始めます!と書いた件は、やっています。でも、前の記事に書いた生命の樹の本にあるワークというよりは、マルセイユタロットのパスワーク&お絵描きになってしまっていますwww

 

っていうのは、生命の樹に馴染んだら、急にマツキヨさん(松村 潔さん)の本がアタマに入ってくるようになった!!!んです!!!

 

マツキヨさんの本はこれまで、何冊も積ん読にしていて、パスワークの本もその中の一冊でした。

 

それが、ワークの初日、久しぶりに手に取ったら、すごく「分かる」ではないですか。完全に分かるとはいいません。でも、頭に入ってくる!!!これまでは、何か分厚い膜を通して読んでいるようだったのに、ちゃんと入ってくる!

 

おそらく、マツキヨさんが分かりやすくするために引き合いに出しているはずの図形(生命の樹など)に、私が拒否反応を起こしていたから、頭に入らなかったんでしょうね。。。

 

しかも、この本には、マツキヨさんが吹き込んだパスワーク用の音源(誘導瞑想&バイノーラルビート)もついていて、それが素晴らしい〜!そこからの気づきも一杯あるのですが、そこを書きはじめると終わらないのでやめておきます。

 

そんなわけで、この1週間は、毎日1枚、タロットのパスワークをして、絵を描いていました。

 

曼荼羅ではないけれど、まゆさんに教わったパステルの技法もどんどん試してます。画像アップもしたいけど、PCに読み込むのが追いつかないのでそれはまたいずれ。

 

で、毎日マツキヨさんの声を聞いていたせいか、マツキヨさんの別の本も読めるようになっていることに今日気づきました!嬉しい!

 

そして、つながっているような、そうでないような、でも私にとって大きい、今週起こったもうひとつの事件。

 

 

この本の著者本人朗読のオーディオブック、何年も前に買い、その間、何度聞き始めても、まったくアタマに入ってこなかった(意味のある言葉として認識できない、なんだかムニョムニョ言ってるだけに聞こえる、言葉として認識できたとしても今度は訛りが気になってしょうがない(汗)、眠くなる、止めたくなる)のに、、、たった数か月前にも聞こうとしてみて、ムリだったのに、数日前から、急に、スーッと入ってくるようになってました。

 

まだ初めのほうだけしか聞いてないけれど、、、、もう感動モノですよ!どうして、これが「分からなかった」のか不思議なくらい、すーっと心に入ってきます。

 

聞ける、読める範囲が一気に増えた、1週間でした。

 

なんだか、脳のチューニングが変わったような感じです。

comments: comments(0)

パステルと曼荼羅 (2)

ちょっと時間が経ってしまったけど、まゆさんから2回目のレッスンを受けました。

 

1回目のレッスンのあと、自分でもパステル曼荼羅を描いてみたんだけど、やり方は結構忘れているし、なんだかとっても汚〜くなってしまい、まゆさんマジックのチカラを感じたのでした。

 

五芒星。途中で疲れ果てて、丸でごまかした(!)

 

My third pastel mandara art

 

六芒星そして黒地に浮き上がらせるバージョンの練習。

 

My fourth pastel mandara art


 

曼荼羅っておもしろい。

 

紙の大きさもかたちも制限されていて、制限されているからこそ、その箱の中でつい工夫したくなって、その結果、ふつうとは違う頭の動かし方をするみたい。楽しいけど、ものすごーくエネルギーをつかう。脳の普段つかわないところが筋肉痛?になる感じ。

 

そうそう、まゆさんとまったく同じパステルをとって、同じように伸ばしていても、色の出方が全然ちがってくるのも面白い。これは、対面でマンツーマンでレッスンしてもらえたからこそ分かったこと。

 

わたしは、今、第2チャクラがテーマで、だからか、わたしが出すオレンジ色はなんだか濁ってしまう。そう、ひとりで描いたパステル曼荼羅は、第2チャクラを活性化したくて、あえてオレンジ色メインで描いたのもあって、ヒドイことになった(笑)

 

まゆさんの出すオレンジ色はとても綺麗。オレンジ色だけじゃなく、ぜんぶの色が綺麗に発色する。

 

色が綺麗に出せるかどうか、それだけでも、自分の状態が分かるみたい。

comments: comments(0)

わたしのための音叉ヒーリング入門

今日は、音叉がまったく初めての方に、音叉の使い方の基礎をお伝えしました。

(私の「ヒーリング」は、ヒーリングとは名前だけで、リクエスト次第で何でもありです。私が知ってること&キネシで読めることで、お手伝いできることがあれば、時間枠内で提供させていただく、というスタンスです。)

 

今日のレジュメのマインドマップ(今朝急いで描いたので、ブランチがいい加減ですね〜)。

音叉ヒーリング入門レジュメ・マインドマップ

 

 

 

わたし、今日の今日まで、これほどまで自分が「伝える」ことを楽しめるとは、思ってもみませんでした。。。

 

これまで、いろんなところで、わたしは「教える」のが向いていると、言われてきましたが、「絶対ありえない!」と思っていました。

 

でも、はっしーさんの自己認識ワークでたどりついた、私にとって大切な価値観のひとつが、「伝える」でした。

 

最近、スピリチュアル美容師えりさんと一緒にいった糸島の「神石(しんせき)」で湧いてきた言葉が、「叡智を伝える」でした。

 

その流れの中で降って湧いたような、まさにまさに、叡智を必要な方に伝えさせていただく役目。

 

私の中には何も「教える」ようなものはないけれど、あるテーマについて調べて、必要な部分を抜き出して、その方が分かりやすい言葉で「伝える」のは得意だし、楽しい!ということを、初めて体験させていただきました。

 

翻訳作業の半分以上が「調べること」なので、正直、私が得意中の得意とするところですね。訳すこと自体よりも調査の方が得意ですw

 

調べ、伝える楽しみを引き出していただけたこと、リクエストしてくださった方に心から感謝なのです!!!

 

※上のマインドマップの中には、いわゆる”叡智”に当たる部分はあまり含まれていません。純粋に、音が人を癒す仕組みと、音叉の使い方についてのみです。

 

以下、資料の備忘録です。

 

■サイマティクス

音を「聞く」ことは形を「見る」こと

 

■メトロノームの同期

 

■フィボナッチ数列とは(らせん)

 

■グラウンディングに使用するのに適した音叉(例)

Ohm Low Unison Set | Acutonics (ローオームです。私はこちらを使用していますが、現在、日本では一般購入不可能。周波数は68.05Hzで↑の音叉とかなり近いです。どちらも、「地球」の周波数です)
・↑ローオームはインドのメーカーのものもあるそうです。周波数は同じ(68.05Hz)です。コメント欄をご覧ください(hitomiさん、情報感謝です^^)

■両手がつかえて、高音が綺麗に出る音叉打ち付け具(アクティベーター)

打ち付け具(RFS研究所)

 

comments: comments(2)