sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

敏感さを許容して、好きな刺激を選び取る

近所のスーパー銭湯に行ったら、塩素くさかった。化繊の岩盤浴着の手触りが受け入れられなかった(岩盤浴場自体はすごく気に入ったのに)。

私は嗅覚、触覚が特に敏感だと思う。聴覚、視覚、味覚も敏感なほうだけど・・・

一般には受け入れられている香り、手触り、音、見た目でも、我慢できないものが多い。



合成香料は大概ダメ。合成だしの香りもダメ。

「ボタン」が嫌い。見た目も手触りもゾッとする。細かいビーズとかも、見るとゾッとする。

変なスピーカーからの音を聴いていると気分が悪くなってくる。



だから、私を大事にするには、本当は、身の回りの品を慎重に選ぶ必要がある。

これまで、私は基本的に好き嫌いのない人間だと、自分のことを思っていたけど、大概のものは「我慢できる」ていうだけだったらしい。

自分の感覚にものすごく正直になってみると、世の中には受け入れられないモノが多すぎて。。。

嫌いって気づいちゃったら、生き抜けなかったのだと思う。。。実家にいた頃は、苦手な刺激がいっぱいだったし、苦手だと分かっても選ぶ自由がなかった。



そして、それが「普通」だと思っているから、それを受け入れられる自分になることが「成長」だと思っているから、実家を出てから20年経つのに、あえて嫌いなモノを身の回りに置いたりとか、無意識にね、最近までしていたわけですよ。

自分の敏感さをあえて押し殺して、普通のものを普通に使える自分になることで、サバイブしてきたんだと思う。



ただ、仕事に関しては、好みの道具を揃えることに躊躇がなかったから、ディスプレイ、キーボード、マウス、椅子、文房具などなど、かなり、お気に入りの手触りのもので固められていて、自分のデスク周りは大好き!

でも、生活は!!!!!!!!!

洗剤やシャンプーとかは、変なのを使うと体調が悪くなるから選ばざるをえなかったけれど、生命の危険さえ感じなければ、基本何でも受け入れてて、、、そのことによって、どれだけたくさんのストレスを受けていたか、と思うとゾッとする。



引っ越しで、必需品以外を一旦ぜんぶ段ボールの中に隠してみて、なんだかものすごくすっきり。その分、「これ嫌い」が無性にはっきりと出てくるようになったみたい。だから、あの岩盤浴着の手触りを思い出すだけで吐き気がするっていう。それも、これまでだったら許容してた刺激。

もしかしたら、数年後、化繊もいいじゃん♪になってるかもしれないけどね。

でも今は、本当に好きなものはなんだ、と自分の内側と対話するタイミングなんだと思う。



そんな中で、これ!!この手触りだ!!!!!!というシャワーヘッドに出会い、わたしにとってのお風呂革命が起こりました。
  単純にカートリッジ交換不要というのに惹かれて購入(塩素を「除去」するわけではなく、イオン化して「無害化」するだけだから、だそう。詳しくは公式サイトの説明を参照)。

これでお風呂をためると、ふわふわ〜と軽い、まるで深大寺温泉みたいな!肌触りのお湯になるのです!!!

自動お湯張り機能は使えなくなるけれど、半分たまるくらいでアラームを鳴らして、あとはシャワー浴びながらためると最高(ミストサウナ気分)。お湯の当たりが柔らかくて癒される〜!シャワーなのに無臭!

お湯がほぼ無臭になるので、精油を入れると、精油の香りの立ち上がりが素晴らしい!

そして、あったまるってほんとだった。ポカポカして湯冷めしにくい!

正直、これがあれば、しばらく温泉行かなくてもいいかも、と思うくらい。

肌の調子が良くなった気もする。

この効果が、カートリッジ交換なしでずっと得られるなんて、なんて経済的♪



もうひとつ、引っ越してきてからの香り刺激関連でこれはすごい!と思った品があります。
  引っ越してきた直後、ズドーンと落ち込んだのですが、それは、臭い刺激にやられた、、、、という要素も大きかったと思います。空き部屋になってた家独特の臭い・・・・・・。

特に台所やトイレに、鼻につく臭いが立ちこめていました(といっても一般的には微妙なレベルで、夫は感知できない臭いみたい)。

台所のすべての引きだし、ドアを開け放ってこれをスプレーしたら臭いが数日で消えました。

前から使っていたスプレーではあるけれど、ここまで効果を実感したのは初めてで、持ってて良かった!と心から思いました。

(ちなみに、靴の臭い消しですごいのはグランズレメディ!)



刺激に敏感だと生きづらいけれど、その分、これ好き〜♪という刺激もたぶん人以上に楽しめるはずなわけで。

嫌だ嫌だ言ってるけれど、単純に、これ嫌!を自覚できることで、これ好き!がひっそりと浮き立ってくるような感じ。

つまり、嫌い!は自分を知るためのサインで、嫌うことは何もネガティブなことはではないのですね。。。

私が100%好きと思える既製品を見つけるのはとても難しいから、これ好き!をもっとはっきり自覚できるようになったら、それを創る側になれたらいいとも思う。

スイートスポットの狭い人生(ここで読んで以来、好きな言葉)を楽しむ。

まずは、嫌いな刺激を自覚して生活から切り離し、好きな刺激で埋め尽くしていこう、とあらためて決意。
 
comments: comments(2)

クリスタル・ファウンテン・ヒーリング

クリスタル・ファウンテン専門店、Crystal Fountainsのオーナー、ヒロ渡辺さんによる、2人1組でしか受けられない?面白いヒーリングを受けることができました。

店のいたるところに大小さまざま、色とりどりのクリスタル・ファウンテンが置かれています。
Crystal Fountains

まず、こんなクリスタル足温器で足をあたためてリラックス。
Crystal Fountains

最初は「耳」を使うエンターテインメント。

目を閉じて、ソファみたいなのに横になると、たくさんのファウンテンから流れる水のポコポコいう音だけが響き渡ります。

その流水音をバックに、ヒロさんがさまざまな道具を使って、空間を美しい音で満たしてくださる。

特に美しかったのが、「天使を呼ぶチャイム」という名の鉄琴。夢のようでした。

Koshiチャイムを買って以来の、こういう音を自分で鳴らすんじゃなく、人に鳴らしてもらいたい、ただひたすら何も考えず美しい音に包まれたい、という願いが期せずして叶ってしまいました。

意識があるのかないのか、、ただひたすら気持ちいい、、、という状態で終了。長時間ぐっすりと眠った後のようにすっきりしていました。
(さらに続けていくと幽体離脱しちゃうんだそうですよ・・・)


その次は、「目」を使うエンターテインメント、「テトラ」。神聖幾何学に基づいているのだそうです。

Crystal Fountains

この写真でヒロさんが手に持っているのが、ヒロさんお手製の虫眼鏡のような役割をするクリスタルで、下に写っているのがファウンテンの台座。

この台座に、さまざまなエネルギーを持つ希少なクリスタルをかざしては、クリスタル虫眼鏡越しの両目で見るのです。虹と輝きで視界が埋め尽くされます。クリスタルの種類によって、全然違う輝き方。美しくて、神々しくて、叫んだり、ため息をついたり。



この世で見たことがないくらい美しいものを見て、聴いたことがないくらい美しい音を聴きました。

ヒロさんのヒーリングは、美しいエンターテインメントでした。

クリスタル・ファウンテン・ショップ Crystal Fountains
続きを読む
comments: comments(0)

自由が丘「空と海の箱庭 マクロ撮影会」に参加します

※延期されました。

「カメラを持ったライトワーカー」なかうち佑海(ゆみ)さんが講師で、空と海の写真家佑海さん撮影の空をバックに、クリスタルや貝殻で自由に『箱海』を作って、マクロレンズで撮影するという、佑海さんにしか作り出せないワクワクが詰まった企画なのです。

mypicts
  にじFacebookのイベントページへ

ワクワクは感染する、創造性は感染する、といいます。

私も、まんまと、佑海さんのワクワクと創造性の感染にかかった1人です。

ゆみさんに出会ってから、写真を撮ることが好きになり(前は自分が撮った写真を見るものもイヤだった・・・)、絵も描くようになり(絵も同じ)、表現することの恐れからずっと動けずにいたWebのお仕事も動き出すなど、創造性のブロックを壊してくれた恩人です。

mypicts
好きな石や小物を持ち込んでOKだそうです!私も石を持っていく予定♪

今回、マクロレンズを持っていない方は、2人までカメラ&マクロレンズを貸していただけるそうです。

キラキラ、フワフワ〜な世界が好きな方ならきっと、一度、マクロレンズ越しの世界を見るとハマると思います。決して肉眼では見ることのできないキラキラ世界が広がっています。

個人レッスンで佑海さんのマクロレンズ付きカメラをお借りして、その世界に一発でハマり、数日後にはマクロレンズを買ったのが私です。。。。。

こんなのが私でも撮れるんだ!プロだけのものじゃないんだ!こういうのが撮りたかったの〜!!!という感動は今でも覚えています(お店で、コンバーターとか、もう少し安いレンズとかも試させてもらったけど、ぜんっぜん違った・・・・・・レンズだけでここまで違うのか、ということが本当によく分かりました)。

私も新たなワクワクに感染するのが今から楽しみです♪

mypicts
↑私のハワイ土産も使用されます(笑)

Facebookのイベントページはこちら:『空と海の箱庭 マクロ撮影会』
佑海さんのブログはこちら:碧い空 碧い雲 カメラを持ったライトワーカー
 
comments: comments(0)

Koshiチャイム!

先日、葉山の滝とマーメイドセラピーに伺ったときに、こずえさんのサロンで聴いて一目(耳)惚れしたのがKoshiチャイム。

Koshi chime

風鈴のようにひとつで鳴らすこともできるし、写真のように音叉のように当てて共鳴させることもできるのです。

目をつぶって、耳元で聴いたそれは、この世のものではない、天上の音でした。

4個あって、それぞれTerra(大地)、Aqua(水)、Aria(風)、Ignis(火)のエレメントに対応した音色に調律されています。
 
 
この4個セットを買ったのがさっき届いて、さっそく風が当たる場所につり下げました。結構強い風でないと鳴らないみたいで、常時鳴り続けることはなく、ちょうどいい感じ。

ネット上で試聴もできるけれど、実際に聴くのとは全然違うのです。キラキラ感も深みも・・・。

どうやら、ヒーリング・グッズ的な使い方もできるみたいです。

 

マーメイドセラピー 本来の自分に戻っていくボディワーク
comments: comments(0)

恵那神社と中津川

岐阜県は恵那神社に行ってきました。

今年初め、キネシオロジーのhidaさんの「日本の神様探し」というワークショップで、その場にいた全員に共通する「今年サポートしてくれる日本の神様」として出たのが胞衣神(えながみ)様だったのです。

じゃあ、その神様に縁のある場所に行ってみよう!というノリで行ったのですが、恵那神社そのものも、周辺の環境も、予想を大きく上回って素晴らしい場所でした。

Ena Shrine

胞衣(えな)とは、出産のときに胎児と一緒に出てくる胎盤のこと。恵那神社は天照大神の胞衣が納められているといわれていて、天照大神誕生の地として、知る人ぞ知るパワースポットらしいのです(ということを、行きの車の中で調べて知りましたw)。

中央自動車道を中津川ICで降りて、中津川沿いの道を上流に向かって20分くらい行ったところにあるのですが、その中津川というのが、エメラルド・グリーン色に光る、夢のように綺麗な川!

Nakatsu River

これは、恵那神社までの道すがらに普通にあった滝。この美しさでも、特に絶景スポット扱いとかではないみたい・・・?

Ena Shrine

境内入り口には夫婦杉があります。樹齢千年を超えるらしい?

Ena Shrine

境内。この写真には写ってないけど、天井にはなぜかシャンデリア。

木立に囲まれているせいか、高度が高いせいか、猛暑が嘘のように涼しいのです。やわらかで澄んだそよ風が吹き抜ける、とても気持ちがよい場所でした。

***

中津川沿いの道から恵那神社に向かって分岐するポイントには、恵那山ウェストン公園があります。

Waterfall and river

子ども連れで水遊び&バーベキューに来てる人たちもいました。

Nakatsu River

水着がなかったので私は膝まで浸かっただけでしたが、疲れや重さが吹き飛びました。

また行きたい・・・今度は水着で!

***

子どもの頃からつい最近まで、旅行を楽しいと思うことがありませんでした。楽しいはず!と自分に言い聞かせるように「楽しかったね」と言うことはあっても。

今回、見るものすべてが美しくて、地球って素晴らしい!日本って美しい!と周りに言ってまわりたいくらい、旅で幸せを感じました(だからこれを書いてます)。

これまでと見え方が全然違う。

心が動くって、こういうことなのかもしれません。

痛いプロセスもあったけれど、感情を感じられるようになると、こんなご褒美もあるのだなぁ、と感無量。
comments: comments(0)