sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

フィボナッチプロセスとは? - The Fibonacci Process -

テキストの翻訳を担当させていただき、今月初め、創始者のロンさんから直接、ハワイ島で教えていただいた「フィボナッチ・プロセス」という音叉をつかったヒーリング。

2016年5月1日オープン予定のプレオープン、ということで、先ほどメニューを公開しました。
フィボナッチプロセス音叉ヒーリング(遠隔・福岡対面)のご案内

諸事情によりロンさんが日本でワークショップを開くのは難しいため、講師のロンさんと助手のエリンさんはカナダから、オーガーナイザーののりこさん・おさむさんはアメリカから、通訳のなつこさんはイタリアから、そして受講生のほとんどが日本から、はるばるハワイ島に集合して学ぶ、という、ちょっと普通では考えられない、奇跡のワークショップでした。

私が翻訳を担当させていただくことになった経緯もミラクルでした。

このワークショップのことを知ったのは、告知記事(翻訳者を探さなければと書いてあった)が出てからすでに1か月ほど経ったときでした。その後、近所の温泉に浸かっていると「ダメ元で翻訳のお手伝いできますってメールしてみようよ〜」というアイデアが降ってくるのです。何度打ち消しても降ってくるので、観念してメールしたら、のりこさんがブログのこの記事に書いていらっしゃるような絶妙のタイミングだったのでした・・・。

その後は、「フィボナッチクラスの翻訳のこと」の記事に書いたとおりです。ずっとブログのファンだったのりこさんのもとで、ずっとやってみたかったスピリチュアル系の翻訳のお仕事ができ、家族と友人たちのサポートを得て、、、一連の流れがまさに夢のようでした。


***

それはそうと、フィボナッチプロセスとは何か、という説明をこれまで一切していないのですよね・・・。

これについては、深いところから説明しようとすると、フィボナッチ数列とは何か、という話から、神聖幾何学とは、さらには古代文明アトランティスの話、そして東洋医学の経絡・経穴と、ひとつひとつが深すぎるやろ!マニアックすぎるやろ!!!というテーマに突っ込んでいくことになるので、いつか、本当に理解して自分の言葉で語れるようになったときに、書けたらいいなぁと思っています。

さらっと事実関係だけなぞって説明すると、『フラワー・オブ・ライフ〜古代神聖幾何学の秘密』著者ドランヴァロ・メルキゼデクの弟子であり、神聖幾何学と「ハートの聖なる空間(ATIH)」瞑想のティーチャーであるロン・ラプラスさんが「思い出した」、古代アトランティスで行われていたとされる、音叉をつかったヒーリングです。

施術ベッドに横になっていただき、手足のツボに音叉を当て、振動を入れていきます。

音叉(チューニングフォーク)は、Acutonics社のフィボナッチ音叉セット(周波数がフィボナッチ数列で高まっていく9本の音叉のセット)をつかいます。フィボナッチ数列(そして自然の中に存在する数学と幾何学図形)をイメージとして理解できる、素晴らしい動画があるので貼っておきますね。授業でもみんなで見ました。



と、このような(ってどんなやねん!ですが)特性を持つフィボナッチ音叉を、東洋医学でいう「奇経八脈」のツボに当てることで、本来の自己(ブループリント)を活性化させ、癒します。

恐れなどの感情面だけでなく、脳神経の問題、不眠や不妊など、あらゆる「本来の自己から離れた状態」に実績があるそうです。

私の話をすると、これまで、朝起きる、午前中起きたままでいる、ということが本当に苦手だったのですが、眠らずにいられるようになりました。

体感としては、、、ごく一部の人にしか分からないたとえで恐縮ですが、私にとってフィボナッチは、リバーシング(呼吸法の一種)の最後に味わう至福状態を、痛みなしで垣間見られる感じ、です。私の施術を一番たくさん受けている夫いわく「プリミ恥部さんに触られているときと同じ感じ」。

うーむ。マニアックなたとえばかりですみません!ちょっと他に似たものが思いつかないのです。。。

音叉のヒーリングって言っても、それ自体なかなかイメージができないと思うのですが、私も実際に体験するまでナメていた・・・という感じです。音、というか振動(バイブレーション)がどれほどパワフルな影響を人間に与えるか、ということをです。肉体的にも精神的にも。

音叉もいろいろありますが、Acutonicsの音叉は、鍼灸の「ハリ」の代わりに使うために開発されたものだけあって、特に低い周波数のものは、音というよりも、振動!って感じなのです。身体に当てたときの感じは、強いていえば、ブルブル震える電動マッサージ器の振動をものすごーーーーく精妙に美しくした感じ、でしょうか?

私たちが振動によって影響を与え合っている、つながっている、ということを、目で見てイメージできる動画があったので、貼っておきますね。

動く台の上に乗せて、バラバラに動かした32個のメトロノームが同期していく様子(最後までがんばる一番右の列の前から2番目のメトロノームに注目)。




音叉の実験あれこれ。0:52 くらいからの、水を入れたコップに音叉を差し込む実験だけでもぜひ(人の身体の60%〜70%が水分だいうことは・・・)。




最後に創始者ロンさんの動画。英語ですが、雰囲気だけでも。
ロンさんが行うサウンドヒーリングのコンセプトが分かります。



後半 4:06 あたりからの「神聖幾何学を通じて、創造の根源である void (虚空、無極)に触れることでヒーリングが起こる」というのが、フィボナッチプロセスの真正面からの説明(の一側面)になると思います。

ロンさんのWebサイトはこちら:Ron LaPlace | Awakening The Illuminated Heart (英語)
 
comments: comments(0)

対面フィボナッチと遠隔フィボナッチ

このところ連日、遠隔のセッションと対面のセッションを続けていますが、遠隔ならではの良さと、対面ならではの良さがあるように思います。

遠隔の受ける側としての一番メリットは、リラックスして受けられることです。自分のテリトリーの中で、自由な態勢・格好で寝ていられます。ノビをしたくなったら、ノビしてもいいですし、ぬくぬくと布団にくるまっていてもOKです(対面施術の場合は、ツボに音叉で触れるため、少なくとも手足は出しておいていただく必要があります)。

わたしは好きな音楽を聴きながら、受けるのが好きです。好きな音楽を聴きながら横になる時間は、それだけで至福です♡

そして、フィボナッチのセッションは眠ってしまう場合が結構多く(眠ったほうが深いところに浸透しやすいとロンさんは言います)、最後にグラウンディングさせながら起こす、というのが定番なのですが、終わってそのまま眠ってしまうのもOK!(それが一番のメリットかも?)

あ、音叉のセラピーなんだから、音叉の音が聞こえなかったら意味ないんじゃないか、って思いますよね。思いません?私は思っていました・・・・・・。

でも、やってみて分かったのですが、遠隔のフィボナッチ、かなりパワフルです。

何度も書いているようにフィボナッチの神髄って「意図」で、それを伝えるのが音叉のバイブレーションなのですが、バイブレーションは時空を超えるのですね。。。

遠隔の施術が始まってすぐ、身体に何らかのバイブレーションを感じることは多いです。

やっぱり音を耳でも聴けたほうがいいんじゃないか、と、スマホのLINE通話をハンズフリーにして音を流しながら、というのもやってみたのですが、実験の結果、音はないほうが良いような気がしました。

というのは、フィボナッチのプロセスでは、非常に低い周波数から高い周波数までの9本の音叉を使うのです。

高い周波数の音叉は綺麗に鳴るので良いのですが、低い方の周波数の音叉は、音としてはあまり聞こえない(その分、振動はビリビリくる)ので、通話ではマレットに当てたときのゴン(コン?)、という音だけが聞こえて、リラックスできない感じでした。

やはり、リラックスして受けられることが一番なので、今は、意図のヒアリングだけLINE通話(別にSkypeでもその他の通話アプリでもいいのですが)で行って、施術中は通信を切ってやっています。

遠隔のデメリットがあるとしたら、お互いの状態がリアルタイムに把握できないことかもしれません。別の友人に遠隔をさせてもらったとき、施術中に宅配便が来たり、セールスの電話が鳴ったりして何度も起きていたことを、私は知らずに施術していました^^;

***

一方で、対面セッションのメリットは、何と言っても、音叉の音と振動をリアルに感じられること!

また、直接、意見交換しながら施術できるのも大きいです。施術中に「喉が苦しくなってきました」と言われれば、喉に対する施術をフィボナッチプロセスの後に加えたりと、クライアントさんとの共同作業ができます(遠隔の場合でも、私はセルフの筋反射によってフィボナッチプロセスの後に行う調整を決めるので、無意識レベルでの共同作業なのですが、やはり、会話すること、意識することの力は強いです)。

フィボナッチプロセス音叉ヒーリングのセッションをご希望の方はこちら

※LINE通話での実験に付き合ってくれた友人のふみかさんもモニターを募集されています。ブログ:空と地球の間で
comments: comments(0)

先延ばし癖と自分を大きく見せる癖(遠隔フィボナッチの感想)

さっきの記事の続きというか、友人のふみかさんに「先延ばし癖」をテーマにした遠隔フィボナッチをやってもらって気づいたこと。

セッション後の友人からのシェアリングでは、チャクラ調整で第5チャクラがよく反応していたとのことでした。

第5チャクラ、とは意外だったのですが、そう言われてみると・・・・・・わたしは人生のあらゆることを先延ばしするのですが(汗)、特に問題視しているのは、人と関わるタスクについての先延ばし「だけ」だということに気づきました。人と関わるタスクを仮に「対外タスク」と呼びますね。

わたし個人で完結するタスク(仮に「対内タスク」と呼びます)、、、たとえば、洗ってない皿がたまってる、ゴミ出しできなかった、とかは、特に問題じゃないのです。必要ならそのときやればいい、と思ってる。やらない自分を許せてる。

でも、人に、やります!って約束したこと。そういう対外タスクを先延ばしする自分が、自分でとてもイヤで恥ずかしいのです。仕事を始められない、みたいな大きいこともそうですが、LINEやメールの返信、もしくは送るよといった写真を送ってない、みたいなひとつひとつは些細な?ことに、罪悪感を感じるのです。

やりたくないことだから先延ばししている場合もありますが、やりたいことでも、なぜか、ギリギリまで手を付けられません。

(あ、デッドラインがある場合はギリギリまでですが・・・デッドラインがない場合は、そのまま数か月とか経って、今さらできない、もう忘れてるし、とさらにハードルが上がっていたりします。。。。。。)

今回のフィボナッチのクラスで使ったテキストの翻訳をさせていただいたのですが、それもギリギリまで先延ばしして、のりこさんとロンさんをハラハラさせた、、、という経緯がありました・・・。

ロンさんとのりこさんと一緒にいるときにその話になって、「先延ばし癖をなおしたいんです!」という私に「どうして先延ばしをするんだと思う?」とロンさん。「完璧主義ですかね?」と私は言ったのですが、「ギリギリの状況に追いやって、それでも『できた!』『私はできる!』」と思いたいんだよ、みたいに言われました。

たしかに。。。

わたしは、達成感中毒なんです。

同時に、あらゆることを、「うまくやりたい」「良くやりたい」という気持ちがとても強いです。

力を入れて「より良く」やることには価値を感じているのだけど、力を抜いて「ただやる」ということの価値を認めづらい。

そしてそれは、「自分を良く見せたいぜ!」という第5チャクラと深く関わっているんだなぁと思います。

対外タスクについても、対内タスクについてもです。

力を抜いたわたし、作らないわたしは、価値がないように感じていたけど、そうじゃないんだよね。このあたりは、MICAさんからもたくさん教わった部分。かなり手放してきたと思うけど、残りカスみたいなのが出てくるよね。長年の癖だからね。

で、そこに納得すれば、もう、それは、単にハートの問題なのです。

ありのままを表現して、ハートに従って生きる、っていうシンプルなタスク(あえてこの言葉を使う)に集約されるのです。

プリミ恥部さんの言う「嘘をつかない」にも通じます。

***

こんな感じで、フィボナッチ音叉のヒーリングは、アタマでは分かっているんだけど、できない、みたいなことについて、すごく優しくパワフルにアプローチできる方法だと感じています。

優しいのは、内側から自然に目覚めを促すようなやり方だから。気づきを促し、腑に落とすのです。そして、気づくと勝手に行動が変わっている、というような感じです。強制する要素がありません。根本から変わるので、パワフルです。

実は、朝が苦手でずっと昼夜逆転が課題だったのに、このところ毎朝6時台に起きているのです。これまでは、午前中はうつ状態になりやすくて、仮に一旦起きても、辛くて寝てしまっていたのですが、その辛さがありません。

何がどうなってそう変わったのか、論理的には説明できないのですが、フィボナッチとの出会いとハワイ滞在による影響のひとつだと思います。どこかの時点で「腑に落ちた」んだと思います。この世界は怖いところではない、ということが。

フィボナッチ音叉ヒーリングのセッションをご希望の方はこちら

※遠隔をやってくれた友人のふみかさんもモニターを募集されています。ブログ:空と地球の間で
 
comments: comments(2)

家に帰ってきました。

何を書きたいのか分かりませんね。

とりあえず、わたしは今、久々にこのキーボードを触れる幸せにひたってる。本当に打ちやすくて、触り心地が良くて、私の書きたいことを書きたいように出せるツール。家に帰ってきて一番嬉しいのは、このPC環境で文章を書けることだわ(旦那さんとの再会はまぁ別格として)!!!

それが嬉しくて、とりあえず、何か書いておきたいんだけど、何を書いたらいいのやら、というブログ記事です。

ほんとは、ハワイに行く前と、行った後で、こんな風に変わった!という風に書いたら、楽しいよね。

そういう風に書こうと思えば、切り口はたくさんある。

でも、うーん、今、何が書きたいか分からないなぁ・・・・・・。
comments: comments(2)

Seeing is believing!!! 体現する人のそばにいられる恩寵

いま、一日目の講座が終わったあとの夜9時過ぎ

スイッチが押された、とおもった日でした。


ところで、今回iPhoneとタブレットしか持ってきてなくて。書きづらくて言葉足らずになるけれど、できるだけ、今の感じを一言でも残せたら、と思って書いてる。


ハートが開いてるって、こういうことを、言うんだなって。


ロンさんは体現者。


これまでにも、ちょくちょくかいてた、私の「世界は安全なところでない」という思い込み。

ロンさんの近くにいるだけで、少しずつとけていきそうです。


頭でわかる、というのとはまるで違っていて、だから、言葉にしちゃうと、あるあるフレーズになっちゃったりするんだけど。恐れではなく、愛を選択するのです、とかそういうの。知ってる、って言いたくなるやつ。


ここに来れて良かったです。願わくば、わたしもロンさんみたいな体現者になりたい。

ただいるだけで、周りの人のハートが勝手に開くような、行く場所行く場所の人々に調和とくつろぎをもたらす人。

今朝見た蝶。

A photo posted by えり (@eri750750) on


comments: comments(2)