sakura-blossom

福岡&遠隔で「ラク」を体感するヒーリングをやっています☆

収入源を手放すことへの恐れ

最近全然ブログ書くモードにならないのですが、たぶん、今はひとつの転機にいると思うので、少し強引に、更新しておこうかな、と思います。15分縛りで^^

 

うーん、、、、以前、「不安からする仕事と、喜びからする仕事」という記事で、「今日この体験を踏まえて、私も、仕事の仕方を変えます。欠乏感からの仕事をもうやめます。」と書きました。

 

仕事の仕方、、、うん、変えたつもりでした。

 

たしかに、生活費のために仕事をするのは、やめました。そこは夫にまかせよう!って。でも、自分の喜びのためにね!結局、その後も、かなりの量の技術翻訳をしていました。といっても、専業だった頃の半分くらいなんだけど、、、、、、

 

元気になってきて、やりたいことが出てきたら、つかうお金が増えてきて。だから、そのために、自分の喜びのために、お金がほしいの。自分のやりたいことのために(我慢して)働くのは当然でしょ?って思ってました。

 

技術翻訳は本当に苦痛で、、、、、、でも、少し、望みをかけていたんです。わたしが、もっともっと癒されていけば、いつか、技術翻訳を楽に、淡々と、先延ばしせずに、できる日がくるんじゃないかな、って。フィボナッチでいろんな面で変化が出てきて、近々、そこが大丈夫になるんじゃないかなって。だって、わたし、技術翻訳は苦痛だけど、得意なのですよ、、、その苦痛がなくなる日が来たらいいな、って。。。

 

というのは、綺麗事で、、、、やはり、わたしは、既知の確実な、、、収入源を、、、手放したくなかった><

 

のだと、今は思います。。。。。。(セッションは増えてはきているけれど、今のところ、翻訳の収入とは比べものになりませんし、セッションは「私の楽しみ」という側面が一番大きいので、売上高ありきで考えたくないのです)

 

生活のために仕事する辛さ、、、はよく知ってる。楽しみのために仕事するなら少しは楽になるのかと思ってたけど、わたしの場合、もっともっと辛くなりました(楽しみが増えてきたから、その落差で、より苦しく感じるっていうのもあるのかも・・・)。未婚フリーランス1人暮らし(しかも家賃が高い東京)だった頃の「路頭に迷うかもしれない」という恐怖は、強力なモチベーションになってくれていたのだなぁ、って。。。

 

毎度、地獄のような苦しみで納品しては、次こそ余裕をもってできるんじゃないかと望みをかけて、、、でも、先延ばしはひどくなるばかり。納品直前の苦痛も増すばかり。

 

そのために、他の予定をキャンセルしたり延期したり。

 

セッション予定だけは死守しましたし、翻訳作業とセッションの間は十分時間をあけるようにしていましたが、それでも、常に納期で追い詰められている状態が、ヒーリングという仕事にプラスに働くはずがなく。


もう、限界だなって思いました。いくら翻訳が今のところ一番確実に稼げるとしても、一旦手放そう、、、、、と決めたのが先週半ば。

 

(15分経った、、、)

 

技術翻訳の大規模案件を、今度こそ、やめようと思いました。負担にならない程度の小規模案件だけは続けるけど。

 

そしたら、その途端、大規模案件がまた舞い込むのですよ・・・・・・しかもね、行きたいなって思っているワークショップの受講料相当!!!相当、心が動きました。承諾のメールの返信を書きかけました。でも、、、、、、断りました。翌日に別の会社からもう1件大きいのが来たけれど、それも断りました。

 

最近、セッションでも、「新しいものが入ってくるには、今握りしめているものを手放す必要がありますよ」みたいなことばっかり言っていて、ようやく、自分へのメッセージだ、と気づいたから・・・。

 

今日は、とりあえず、ここまで。

 

Window to the sky

comments: comments(0)

8/20 長崎でツインフィボナッチをやります♪

2016/8/20(土)の夕方、長崎市内で、坂元ひとみさんとツインフィボナッチ(クライアントさんお一人に対して施術者二人で両側から音叉をあてていく特別なフィボナッチ音叉ヒーリング)を1枠設けます。

 

詳細のお問い合わせ&お申し込みについては、ひとみさんのブログをご覧ください。

 

 

mypicts

前回、長崎湧き水カフェ・風水庵でのツインフィボナッチ(記事はこちら)。

comments: comments(0)

ひとつのサイクルの終わり、新しいスタート

わたしがキネシオロジーをつかったセッションを始めてから、ちょうど3年が経とうとしています(・・・・・・まだ3年しか経っていないとは!!!もっと、ずっと昔に感じるのですが)。

 

ここ1週間くらいかな?3年前に、ただひたすら楽しくて楽しくてセッションしていた頃の自分が戻ってきているのを感じます。

 

「目に見えないもの」との関係が、ようやく、新しい段階に進みつつあります。

 

わたしは、たぶん10年くらい前から、目に見えないもののチカラを自分を癒すのに使っていて、純粋に、ただ純粋に楽しく信じて使っていて、その恩恵を感じていました(※見える人ではありません)。

 

でも、3年前、他人様に対して提供することを始め、その楽しさを人と共有して、広めることができる!という素晴らしさに目覚めてすぐ、目に見えないものとの関わり方を誤ってしまって、キネシを取るのも怖くなって、セッションができなくなり、ヒーラーという仕事を離れました。

 

見えないものとの関わり方を誤ってしまった、というのは、向こうが主体、私がサブ、という立ち位置に自分を置いてしまったことです。

 

これについては昨年、みちよさんのカウンセラー講座で、自分主体で生きる(=自分を大事にする、自分を愛する)ということをとことん教わって、だいぶ変わってきたのでした(それについては過去記事に書きました)。

 

その当時、カウンセリングをやりたいという気持ちがあったわけでは全然なくて、受講したのは流れのようなものだったのですね、当時周りにいた友人が皆みちよさんを絶賛してて、よく分からないけど何か気になる、っていう。

 

その講座は、過去記事に書いたように、私にとってはすごく辛いものだったのですが、わたしが自分を取り戻すのに不可欠だったな、と思います(さらに、思いがけない副産物として、今、フィボナッチをやる前のヒアリングに、みちよさんから教わったカウンセリング手法がかなり直接的に役立っていたりします)。

 

今年の3月、フィボナッチ音叉というツールを私が手にすることになったのは、もう本当に流れとしかいいようがないものでした。翻訳を担当させていただくことがなかったら、たぶん、行っていなかったでしょう(そのあたりの経緯はこちらの記事の前半に書きました)。ハワイで学んでいる間も、これを私が家族や友人以外の方々にしていくのかどうか、というのは謎のままでした。まだ、目に見えないものを扱うのが怖かったからです。

 

日本に帰ってきてから最近までは、とりあえず「やってみる」段階でした。とにかく、フィボナッチ音叉のエネルギーに触れ、セッションを重ねる毎日でした。

 

それでも、最近まで、自分が「ヒーラーである」という覚悟や意識はまだないままでした。

 

私にあったのは、ただ、素晴らしいツールを得てしまったから、必要な人に渡したい、私で止めておくのはもったいない、という気持ちで、仲介者的な、一歩引いた立ち位置で留まっていました。

 

最近、そのフェーズが終わったのを感じます。

 

フィボナッチプロセスを行うにしても、やはり、今の私が、最大限のチカラをセッションで引きだそうとすると、キネシオロジーの力を使うことになるのでした。

 

3年前とは違い、遠隔というか、自分の体を代替にして、距離が離れていても反応がとれるようになったので、遠隔セッション中でも、対面のセッション中でも、フィボナッチプロセスに入るタイミング、入れないなら、何が引っかかっているの?どう調整すればいいの?などなどをキネシオロジー的リーディングをつかって読みます。

 

これは、フィボナッチをモニターでやらせていただいた当初からそうだったのですが、最近、ようやく、そういう自分に「OK!」が出せるようになったなぁと感じるのです。

 

ちょっと前までは、そのことが、3年前からの目に見えないチカラへの拒否とあいまって、ちゃんと認められていなかったのです。

 

キネシオロジーをやめたとき、何人かの方が、再開するときは連絡ください、と言ってくださっていました。でも、わたしは罪悪感や恥ずかしさでいっぱいで、これまで、連絡を取ることができませんでした。キネシオロジーのセッションはもうやっていないし、、、というのもありました。

 

でも最近、ちょうど「キララワークス」と名前を付けた後だったのですが、その方々に連絡させていただこうかな?とふと思ったのです。迷って、結局連絡しないままだったのですが、なんと、そのドンピシャのタイミングで、当時来てくださったクライアントさんの一人が申し込んでくださって、最近、フィボナッチをさせていただくことができました。

 

そして、結局、わたしがやっているセッションは根本的には何も変わってない、音叉というパワフルでかつ自分に相性が合うツールを手に入れたことと、自分を見失わなくなった(笑)だけかも?と思ったら、もう本当に嬉しくて!やっと、戻ってきた!という喜びに溢れています。その今を書き留めておきたくて、書きました。

 

Magnolia and moon

comments: comments(0)

キララワークス始動&いろいろお知らせ&音叉ヒーリングに対する今の思い

名称をキララワークスにしました

私のヒーリング部門の活動に名前を付けました♪

キララワークスをよろしくお願いいたしますm(_ _ )m

 

メールアドレスを変更しました

新しいアドレスは mypicts です。

携帯電話でドメイン拒否などをされている方は @ericreation.com からのメールを受信できるよう設定お願いいたしますm(_ _ )m

 

3回セットの料金を設けました

「○回分まとめて振り込んでもよいですか?」と聞かれることが多いので、遠隔、対面ともに、3回セットでお申し込みいただくと少しお安く受けていただけるプランを作りました。詳しくは音叉ヒーリングのご案内をご覧ください。

 

対面セッションの料金は、来月以降値上げを考えています。また、決定したらお知らせしますね。

 

 

Fibonacci Tuning Forks - フィボナッチ音叉

 

 

一気に、「お店」風になったので戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

なぜ今こういう大きな変更をしたかというと、ただひたすらに「対面セッションをもっとやらせていただきたい!」からです。

 

クライアントさんにフィボナッチをお知りになったきっかけをお聞きすると、ほとんどの方がのりこさんのブログを挙げられます。のりこさんのブログでフィボナッチのことを知って、「フィボナッチ ヒーリング」とか「フィボナッチ 音叉」で検索して私のブログを見つけて、、、という流れです(のりこさんに感謝!)。

 

のりこさんのブログに辿り着いている、という時点ですでに、かなり厳選されてますし、さらに、私のちゃんとやってるかどうか分からないようなブログの申し込みフォームに記入してくださる、という時点で、ウチに申し込んでくださる皆さんは相当なチャレンジャーだ!!!ということに昨日、友人と話していてハッと気づきました^^;;;

 

そして、やはり、ヒーリング慣れされていらっしゃる方が多い印象です。

 

遠隔を申し込まれる方は特にそうですよね(遠隔はまったく初めてで、という方もたまにいらっしゃって、そういう方でも試してみたくなるフィボナッチ音叉すごい!と感動します)。わたし自身、いろいろセッションは受けてきたけれど、元々懐疑的なタイプなので、遠隔のヒーリングを申し込んだことは、、、なかったんじゃないかな???(覚えてないだけかも?)関東在住だったこともあると思いますが、ヒーリングは会いに行って受けるものだと思ってました。

 

今、たまたま福岡にいるからこそ、遠隔での音叉のパワフルさを実体験でき、遠隔ヒーリングに対する懐疑心が吹っ飛び、、、だからこそ今、遠隔で東京以外の方(や子育てなどで外に出づらい方)に提供させていただいている、という完璧な流れなわけですが^^;

 

わたし、音叉を毎日のように使っていくにつれ、音叉ヒーリングの素晴らしさを、ヒーリング慣れしている方だけにとどめておくのはモッタイナイ!という気持ちが強くなってきています。

 

こう、、、ヒーリングって何?くらいの、こういう世界にまったく興味も免疫もない(笑)方にも、もっと、音叉の良さを広めていけたらなぁ、と思いはじめています。そういう方には、やはり遠隔というより、対面になりますよね。

 

数多くのヒーリングの中でも(私が体験したものはそれほど多くはありませんが、まぁ、私なりにいろいろやってきた、、、その中で)フィボナッチ音叉をつかったヒーリングは、究極じゃないかな、と思うのです。

 

ただただひたすらに安らいで、あ、今ここにいていいんだーーーーという感覚。言葉はいらないんですよね。その安らいだ状態に至るのに、過去を掘り下げる必要もないし、痛みに耐える必要もないし、スピリチュアル的世界観を知る必要もないのです。わたしたち誰もが本当は知っているはず(でも忘れてしまった)究極の安心感をカラダで思い出せるヒーリング。

 

不眠気味の方でも、フィボナッチの後は「眠れた」という感想をいただくことが多いです(ちなみに私は過眠気味で、起きれなくてだらだら寝続けるタイプだったのですが、眠りが深くなったのか、朝起きやすくなりました)。

 

「ヒーリング」っていう言葉をつかうからややこしいけど、わたし、一般の人には「リラクゼーション」と言い換えてもいいんじゃないかと思うのです。根本的なところからゆるむ、リラクゼーションなんです。

 

というわけで、こう、いろいろ書いてみたものの、具体的にどう表現し、どう伝えていくかはまだ考え中なのですが、一般の方に対して、フィボナッチの気持ち良さを広めるには、、、、、

 

まず、手始めに、この、申し込みしてほしいんだか、1人で好き勝手ブログやってたいだけなのかよう分からんブログをどうにかせねば!もっと申し込みやすく、お店らしくしよう!と思いたったわけです。

 

それで、取り急ぎ、屋号を付け、メニューを分かりやすく掲示することにしました(PCで見ている方は、上部にメニューが出現しているはずです。いずれちゃんとカスタマイズします)。

 

キララワークスをこれからもよろしくお願いします!

 

☆福岡市西区姪の浜・音叉ヒーリングのご案内はこちら☆

☆ご予約・お問い合わせはこちらから☆

comments: comments(0)

アクセス

福岡の海辺の街、姪の浜のマンションの一室で対面セッションを行っております。

 

福岡空港から地下鉄空港線で1本(約25分)の姪浜駅から徒歩15分、姪浜駅から(本数は少ないですが)バスに乗れば徒歩3分です。詳しい場所は、ご予約をいただいた方にお伝えしております。

 

当サロンから徒歩10分ちょっとのところに、大規模アウトレットモールのマリノアシティ福岡があります。

 

mypicts

写真は公式サイトからお借りしました。

 

このマリノアシティ福岡と博多・天神方面を結ぶバスが、当サロンの近くの停留所にも停まります。詳しくはお問い合わせください。

 

姪浜駅〜キララワークス近辺、徒歩圏内のオススメスポットMAP

(マークをクリックすると、私の一言コメントが表示されます^^)

 

[福岡姪の浜のご案内]ページに、近所のお店を紹介しています。あなたのお勧めのお店も教えてくださいね^^

 

施術室

mypicts

対面セッションでは、音叉のバイブレーションを直に感じていただけます。

 

セッション内容など

音叉ヒーリングのご案内はこちら

 

ご予約・お問い合わせはこちら

 

comments: -