sakura-blossom

福岡&遠隔でヒーリングもやっています

近況

最近は、淡々とスピリチュアル分野のテキストを訳しています。。。

もともと、10月から始めるつもりだったのですが、クライアントさんの都合と私の誤算が重なって、ありえないことに、11月はほぼMAXの分量の技術翻訳をやることになり(分かってます、自分の逃避が求めた結果だということを・・・って怪しい直訳調?)ようやく最近、緊急案件以外すべて断って、スピリチュアルな資料の翻訳に専念できるようになりました。

少し前まで、ブログを何度もアップしてたのは、そこからの逃避だったわけです・・・。納品前の夜中でも書いてた!

スピリチュアル系の翻訳を始めてみると、ブログを書こうという気が起こらなくなりました。他の方のブログもあまり読みません。思考や波動が散らかってしまう気がして、読む気にならないんですね。その代わり、資料となるWebページや書籍には大量に目を通していて、「読む」キャパを超えてしまっているのもあるのかもしれませんが・・・

(ということは、興味を持って追い求めているようで、圧倒的な興味の対象があれば、「やらなくてすむ」ような趣味だったんだと思います、ブログを読むことも書くことも。今書いてるけど。)

新たな知識はたくさん入ってくるけれど、それはあくまで訳文をアウトプットするためののもので、自分の中を流して通過させてしまうだけなので、自分でアウトプットできるものが何もないように感じます。アウトプットするような「中身」が溜まらないのです。。。

美しいテキストの翻訳は、これまでやっていた技術系の翻訳と全然違い、あっという間に時間が過ぎていきます。

楽しいのかは分かりません。自分の文学的・哲学的知識、センスの乏しさが嫌になるからです。

自分が今までいかに怠けていたかを痛感します。でも、技術文書やビジネス文書で発揮しても”意味がない”(そのあたりが私の合理性重視の悪い癖)クリエイティビティであったことも確かです。

日本語の奥行きに久しぶりにおののいていて、こうやっていい加減に文章を書くのも怖くなるほど、です。

そういうわけで、このままいくとブログを更新することはしばらくないですが、内にこもって、その中で空とつながって、精進していきます。

***

※書いてて思ったのですが、今訳しているテキストの波動(周波数)が非常に高いのだと思います。左脳的に理解される意味だけではなく、行間に漂う波動を損なわずに日本語に移す作業。拙い技術でそれをしているうちに、引き上げられているような感覚すらあります。
comments: comments(0)

誰にも共感されなかった部分の価値

昨日の続き。

思うんだけど、普通、何かをしたくてもできない”ブロック”があるんだったら、内面を掘る方向に行くと思う。

でも、美容系になると、ただ「やりましょう」になることが多い気がする。

はい、女性ですもの、メイクしましょう。爪を綺麗に整えましょう。新しい服を買いましょうって。

やってみさえすれば、女ならそれが「楽しい」と自動的に思えるかのように。

できない?あ、それは、やり方を知らないから面倒だと思ってるだけですよ。

あなたに合ったやり方を覚えて、あなたに合ったツールを揃えれば、ほら、あなたはこんなに綺麗!!!こんなに綺麗になれるんだから、これであなたも毎日メイクを進んでするように、、、、、、、なるか!って話ですよ。

(※スキル的に「できない」ことが「できる」ようにはなります。たとえば、私は元々、服屋が怖くて入れなかったけど、パーソナルカラーのコンサルを受けて、自分に似合う色というのが分かった後、自分の意志で服を選んで買う、っていうことができるようになり、服屋にいるのが決して心地いいわけではないけれど、ある程度の時間留まれるようになりました。でも、どうしても服が必要、となったときに、エイヤッ!と気合いを入れていく感じです。

メイクも、何人かの先生に習って、自分が気に入ったツールを揃えられたし、使い方も分かったので、必要なとき、最低限はできます。)

たぶん、美容を仕事にするような人は、基本的に美容が嫌いじゃないから、「絶対美しくなってなんかやらねーぜ!!!」という方向へのひねくれ(しかも自分でも意識していないレベルだから、口では「メイクできるようになりたいんです」とか言う)に対して、100%は共感できないんじゃないかしら。

それは、私が、たとえば英語が嫌いっていう人に対して、100%は共感できないのと同じだと思う。できるだけ共感はしようとするけれど、やっぱり、「そんな難しく考えずに、ただやりさえすればいいだけなのに」とどこかで思いながらの共感になってしまう。

そういう「分かってもらえていない感」って、無意識で感じ取るんだと思うの。

だからね、自分がものすごく不得意なところ、ブロックで苦しんだところっていうのは、逆に宝なんだと思う。

私の場合、対人恐怖、視線恐怖、不注意、世間への関心のなさ、生きることへの執着のなさ、そして女性性の否定、あたりが鉄板で、ものすごく苦しんで、誰にも全然共感してもらえなかった部分。

そのあたりに、これからできることが詰まってるんじゃないかと思ってる。
comments: comments(2)

美しくなりたいと思う「べき」

昨日の朝、

お金が好きという気持ちと美しくなりたいという気持ちを素直に認める

美はいつでも「本人調べ」の「当社比」で♡|人生に効く♡お片付け美容液(神戸)

という言葉を見かけて、これだー!って思ったのです。

私、「美しくなりたい」と思えないのが、コンプレックスでした(お金がほしいと思えないのとほぼ同じ感じでね)。

服も髪型もメイクも、心からは興味が持てなくて。

「女の子なら、誰だって美しくなりたいものですね?」みたいな言葉を見かけるとウエッて思ってた。女だからってみんなが美容に興味あると思うなよ!って。あんたの普通を押し付けんなよ!って。

にもかかわらず、服にも髪にもメイクにも結構投資してきた!

カラー診断、メイクレッスン、お買いもの同行いろいろ行った!

お洒落や美容に興味を持つ「べき」と思ったから!!!!!!

あと、大人の女性がメイクするのはマナーです、っていう考え方もあるよね・・・意味わかんないんだけど、そういう考えの人がいるって知っているから、人に会うときはなるべくメイクするようにしてた。

そうそう、私のメイクは100%人に見せるものだから、私は化粧水も美容液も持ってないのです。いろいろ試しはしたけど、全然意味を感じなくて。肌に何か付けるのがそもそも嫌いだし。多くのやつは、付けるとなぜか顔が真っ赤に腫れ上がるし。

***

で、福岡に来てから昨日まで、ただの一度も、メイクしなかったのです。したくないから。

わたし、「美しくなりたい」もないけど、よく聞く、「メイクで〜を隠したい」というのもないのです。シミとかニキビ跡とか???だっけ?私はそういうのが全然気にならない。。。。。。(そして、気にできない自分にコンプレックス・・・)

気にならないって事は、メイクしなくても、自分の顔は好き。

別に素顔を鏡を見てテンションが下がるってこともない。

だから、メイクをする内面からの動機がない。人に会う予定がないのにメイクするのは面倒。

でもね、昨日、上に引用した言葉(ぜひ記事全体を読んでほしい、、、あとこの「いちいけいこさん」一生お金に困らないシェア。も)を読んで、なんか、カチっとはまったのです。

あー、私は、女であることが嫌で、女が好んでするようなことをするのが嫌で、女である自分を大切にする行為をすること「そのもの」が嫌なんだ!と。

昨日気づいたわたしの思考ウエハース。
 
表面-----------
女たるもの、美しくなりたいと思うべき。女性性を否定しないべき。
お洒落に興味がない(→余裕がない、教養がない、文化がない、お金がないなどなど)人だ、という風に見られたくない。
お洒落に興味ある風に見せたいから、しょうがないから買いに行くよ。お金も払う。
ちゃんとメイクして女やってる私!がんばってるわたし!

本音-----------
美しくなりたいとか、正直思えない。
服とかどうでもいいし。
ラクが一番!!!!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
分厚い蓋
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(悲しみ。怒り。美しくなんか、女になんか、なってやるものか!!!!!!!という怨念めいたもの)

本当の本当の本当の本当の本音(闇の中)-----------
本当は、わたしも、美しくなりたい、、、、、、、
本当は、わたしも「女」として生きたい、、、、、、


昨日、ちょうど福岡の中心部である天神に行かなければならなかったので(東京なら、ちょっと大きめの駅前ならどこにでもあったような都市銀行が天神まで行かないとないのですよ!)、今日は久しぶりにメイクしようかな、って思った。

思ったけど、どうしようかな、とウダウダしていたら、友人から、「今日は美容と健康について何か始めると良いらしいですよ?」と以下の記事をシェアするLINEが。
11月30日に始めてほしいこと|keiko的、占星術な日々。

こ、これは、やらねば、ということか、、、と、面倒だという気持ちを乗り越えて、久しぶりにメイクをしました。たぶん、初めて、自分のためにメイクしました。

鏡を見たら泣けてきてね。なんだろうね。自分にごめんね、って思った。

それで、何かが変わった気がする。

その後、昨日は、いろんなことが進みました。なぜかUSBマウスが直ったり。

行きたかった神社に行けたり。
 

これまでもね。行動はしてきたの。頑張ってきたの。でも、それは、「メイクしたくない」「服興味ない」っていう自分を「だめじゃん!」って否定して、はいこれが正しい思考ですよ、これが正しい習慣ですよ、と強制するやり方だったの。

「行動しろ」ってよく言うけど、行動はしてきた。

でも、その前に、「本当は、美しくなりたいなんて思えない」なら、そこに向き合ってあげなくては、ならなかった、、、、、、、

キネシオロジーだと、(美しくなんかなってやるもんか!!!)というグレた私をすっ飛ばして、「本当は美しくなりたいし、メイクも大好きだし、お洒落大好き!」な私がリーディングされることがある・・・・というか、私がそうでした。美を磨け、私はそれが大好きなはず、のメッセージを何度もらったことか。だから、お金かけてきたのよ、、、、、、

行動してるうちに、(そうだわーこういうの好きだったわ!)ってなるかなーと思ったのよ。。。でもね、どうやら、私そこまで素直じゃないらしいわ。




内面から変える系の美容講座にも通ったけど、そこまではアクセスしてくれなかったなぁ、、、と思う。。。。。。

うーん、、、結局、自分が、自分の深淵をのぞきこむ勇気と、タイミングなんだろうな、、、、、、

いろいろ教えてもらったから、いざやろうと思ったら、一応できる。それは本当にありがたいこと。
 
comments: comments(0)

すべて欠乏感から発している

友人から教えてもらった以下の記事にとても納得。

お金に困っているひとはまず目ぇ覚ましなはれ|人生に効く♡お片付け美容液(神戸)

ほんと!自分の中に答えがあるということ。。。。。を、何度も何度もお金を払って外に聞きに行っている懲りないわたし♡(笑)

今日、あるセラピストさんのところに行くかどうか、自分でタロットで聞いたとき、同じようなメッセージを受け取ったのでした。そのセラピストさん、ピンとはこないんだけど(もうそこで答えは出ている!)、でも、ちょうど今興味がある内容にドンピシャなので、行ったら何か得られるかな、なんて・・・・・・あはは〜。

「あんたさー、やることやってないじゃん?まずやれよ、動けよ、と。自分で行動して、自分の経験を積み上げるんだよ、と。
自分の軸はどこにあるの?自分の中でしょう、人の中にはないよ、と。」

自分の中は見えづらいから、内側を見ていても、何も起きてない、何も進んでない、何も得てない、ように見える。動きがないと、だんだん焦ってくる。

現実的に何かモノを手に入れたり、何か新しい知識を仕入れたり、新しい場所にいったり、新しい出会いがあったり、何か動きがあると、ちょっと満足する。

エゴがほしいのは、達成感。

そのために手っ取り早い手段が、お金をつかうことなんですよ!!!

なんかねーお金をつかうだけで、その分何かを得た気になるっていう!

買っても読まない立派な本とかね。

それ、ただ持ってるお金を減らしただけだから。

「手に入れた感(達成感)」とお金を交換しただけだから。

一旦止まって、自分をよく見てみたらいいんだと思う。

焦り、不安感、欠乏感だって自分が発している大事なメッセージだし。進まなきゃいけない、何かを得なきゃいけない、成長しなきゃいけない、というのも思い込みだし。

自分の内側からの答えを待つということ。自分のテリトリーでやることをやるということ。

焦って動くな、まず自分っていうのが、今日カードからも、この記事からも受け取ったアドバイスでした。ちゃんちゃん。
 
comments: comments(6)

子宮の声とハートの声

この記事 に「※私ははるちゃんの言う「子宮」を、西洋系スピリチュアルでの「ハート」と同じようなものとして理解しています」ってわざわざ書いたんだけど、書きながら、もやもやっとしていました。私はそうざっくり理解してるけど、なんだか怪しいぜ、って。

そしたら、はるちゃんのブログ記事からのバトンパスで高木 君与さん(初めて知りました)のこんな連載が始まってた!

子宮と設定変更とご自愛と・・・・高木のチャクラ的考察。
わたしはチャクラの理解をマインドよりも肉体でしています。
   (まだまだ続きそう。とても楽しみ。)

やっぱりハートの声と子宮の声は違うんだ!

まあ、どっちも、私には感知できない「内側の何か」っていう点では、今の私には確かに「同じようなもの」なんだけど^^;;;外からの声を必死に聞いていたところから、ようやく内側にフォーカスしました、というところだもんね。

今まで、チャクラってイメージするのが難しく、それぞれの重要性や位置づけもいまいちピンと来ていなかったのですが、高木 君与さんの論理的で分かりやすい説明で、少しずつイメージがわいてきました。

そう理解してみると、意外に、子宮の声は聞こうとしているのかもしれないなぁ、と。家事、誰が何と言おうと、私がやりたくないからやらない!っていうのもそれだよね。

じゃあ、ハートの声って?
 
第4チャクラは この難関のなかで

唯一 女性性のチャクラですが

ここが難関な理由は

その想いは

魂の声に従っていますか?

エゴではありませんか?

と 問う場所だからです。


(中略)


わたし自身の体験になりますが

人生を変える、と決め

様々に行動を起こし

自分を見つめ

生き方を変えるための努力を

もう ずーーーーーっとしてきています。



徐々に変化しているし

実際に変化しています。

しかし、 それが

魂が望む生き方をしているかどうか?

なんて 実際はわからなくて

それが エゴからきてるのか

愛からきてるのか、は

正直 全然 分からない。

やってみて ようやくわかる。

あぁ、これで良かったのですね、と。



でも それが エゴからだったり

自尊心のなさだったり、

わたしにとっての最大の痛みである 居場所のなさや

支えてくれる人がいない、と言う恐怖心を

感じないようにするために動いていたりすると

いつも 体に出てきます。



過去の体験で言えば

何をやっても改善しない本当にひどい冷え@第1チャクラ

本当にひどい便秘@第2チャクラ

逆流性食道炎@第3チャクラ

喘息@第4チャクラ

甲状腺機能低下症@第5チャクラ

※ 喘息は 色んなチャクラが実際は絡み合っての症状です。

わたしはチャクラの理解をマインドよりも肉体でしています。|メディカルチャクラリスト Kimiのチャクラ解説書


ハートの声って、そういうのが!ハートの声!だったのか!!!!

今までかなり子宮の声と混同していたことが分かって、なんだか、感動。

そして、やってみて分かる、っていうのでいいんだ、っていうのも読めて良かった。

ハートにとって「正しい」選択をしようとするのは、頭でやることだもんね。

だから、「感じる」なのか。

道理で、今までハートの声が聞けてなかったはずだよー、と思うwwwwww
 
comments: comments(0)